古き良き時代のアメリカ車

 

 古き良き時代のアメリカ車


20090602_520806 400.jpg

1950年Chevy Styeline Special  (GM)

ロスアンゼルスに住む友人が古き良き時代のアメリカ車の写真を送ってくれた.

今日のテレビのニュースではGM(ゼネラル モータース)が倒産したニュースを伝えていた。
「キャデラック」GMの代表する車、フォードの「リンカーン コンチネンタル」とともにアメリカを代表する高級車だった。
アメリカンドリーム、アメリカが輝いていた時代の車だった。
2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件を境にアメリカが変化してきたような気がする。

GM キャデラック

20090602_520826 400.jpg

1949  Cadillac 62-Sedanet
 

20090602_520828 400.jpg
1953 Cadillac Eldarado


20090601_520544 400.jpg
1958 Cadillac Fleetwood Sixty Special


フォード リンカーン コンチネンタル

20090601_520545 400.jpg
1960 Lincoln Continental Mark V 4Door Landau


フォード 初代マスタング

フォードのマスタングは野生の馬を意味し野生の馬のマークがお気に入りで当時憧れの車だった事を思い出す。
戦闘機のP−51マスタング

も私のお気に入りの飛行機です

 20090601_520543 400.jpg

1964 Ford Mustang Coupe

クライスラー Dodge

 

20090602_520831 400.jpg
1960 Dodge Dart Pioneer


コンバーチブル

ロスアンゼルスのパームツリーと青空のもとコンバーチブルで走ると最高だろ〜な〜


20090601_520596 400.jpg

 

20090601_520596 200.jpg

 

20090601_520595 400.jpg
 

20090601_520595 200.jpg

日本の三大自動車メーカー 1、トヨタ自動車 2、ホンダ技研工業
3、日産自動車

アメリカの三大自動車メーカー 1、ジェネラルモーターズ 2、フォードモータース 3、クライスラー





 



スバル360です


スバル360です
 

 

 

旧中島飛行機(現富士重工業(株))が1958(昭和33)年に日本独自の自動車規格”軽自動車”(全長3m以下、全幅13m以下、搭載エンジンの排気量は360cc以下)の最初のヒット作

 


20090102_456903.jpg



昭和30年大人が4人乗って、凸凹の道でも時速60kmで走行でき、耐久性があり価格は40万以下の「軽自動車」というコンセプトで開発が始まったスバル360開発プロジェクト。

当時の軽自動車の定義はエンジンは360cc以下で車両寸法は長さが3m以下、幅は1,3m以下で高さは2m以下」と決められていた。

現在ではエンジンの排気量は660cc未満で寸法も長さが3,4mで幅が1,48mと当時に比べると長さで40cm幅で18cmと一回り大きくなっておりだいぶゆったりとした居住性が確保されて小型の普通車と遜色がなくなってきている。





スバル360はエンジンの排気量が360ccと小さいためにボデイ、エンジン、サスペンションの徹底的な軽量化を図り車体重量の軽量化が行われた。

昭和33年3月28日に日本橋白木屋デパートの店頭で一般公開された販売価格は42万5000円、当時の大学卒業の公務員の初任給が1万円程度という頃にしてはいかに販売価格が高かったか想像できる。

実際に発売されたのは5月からで第1番目の購入者は松下電器の松下幸之助だったようで初期の購入者の多くは有名人が購入したようだ、その後所得倍増論で高度経済成長を遂げサラリーマンでもマイカーが購入できる時代となった。

この独特のスタイルから今でも愛好者が多く「てんとう虫の会」など親睦団体が全国に存在しているようです

スバル360の素晴らしさは「見た目が小さくてかわいいところ」、「この小さなボデーに大人4人が乗れるとろ」「360ccという非力なエンジンながら現在の交通事情にも対応できる性能がある」などなどスタイルもさることながら性能の良さが40年以上たった今でも人々に愛される由縁だろ〜

現在の車で40年以上愛され続ける車ははたして何台あるだろう、「シンプル イズ ベスト」なんていう言葉がはやった時代もあったが、もう一度現在のさまざまな事を40年前のスバル360が誕生した時代頃に戻って再スタートした方がいいのかもしれない、今の時代あまりにも便利になりすぎ豊かになりすぎ、創意工夫することが少なくなってきているのではなどと考える。

スバル360をみてなぜか1960年代の古き良き時代を思い出した今日この頃です

あまり古き良き時代を懐かしのは脳によろしくないようだ古き良き時代を懐かしむのはこれくらいにしておこう、それにしても「スバル360」の復刻版を発売したらきっと売れる気がします



以前観音開きのトヨタクラウンの復刻版が発売されて凄く人気があった事を思い出した,まさに「温故知新」のこころです

 

 

 

('_')

 

 

 




 



未来の乗り物 <i-unit>


未来の乗り物 <i-unit>
 


立った状態での走行から高速走行まで用途におおじて色々な姿勢で走行できるようです

 

未来の車


そう遠くない未来の車、バイク代わりにあるいは自転車の様に自由に走り回っている時代が来るのかな?
10年先20年先の日本はどんな時代になっているのかな?
 

20080705_379809 300.jpg


動力は電気、環境にも配慮したまさに「未来の乗り物」。
豊田市のトヨタ本社横にある「トヨタ会館」にて撮影、「トヨタ会館」には中国や韓国そして欧米からの見学者が多数来場している、案内も中国語と英語と日本語の三カ国語で案内されている。
ほかにもF-1カーや水素ガスで走るハイブリットカー,レクサスなどトヨタの最新モデルが展示されているショウルームなどもあり「未来の車はどんな車」をテーマにした産業展示館です。

 

20080716_385078 400.jpg

 

20080716_385077 400.jpg


20080716_385076 400.jpg





 

 

 

 

 



レクサス <LS600hL>


レクサス 

LS600hL


車大好き人間にはたまらない車でしょう
4968cc
価格は消費税込みで1400万強
高いのか?安いのか?適正価格なのだろうか?
価値観です






レクサス<LS600hL>の運転席












(^−^)
 



calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」