F-4ファントム戦闘機です

 

F-4ファントム戦闘機です

 

 

後継機のF-35Aステルス戦闘機の配備により順次姿を消していく運命のF-4 ファントム戦闘機です

ベトナム戦争の時の主力戦闘機でアメリカではもうクラシック機の仲間です

 

20161002_2119090 400.jpg

 

 

2018_04100238 400.jpg

 

 

 

 

2018_01180126 400.jpg

 

 

20121104_41069 400.jpg

 

 

 

 

 

 

20130109_197516 400.jpg

 

 

20170214_2225580 400.jpg

 

 

20120920_2530842 400.jpg

 

 

20150527_1640725 400.jpg

 

 

20160425_1981324 400.jpg

 

 

20151014_1797610 400.jpg

 

 

20131124_845220 400.jpg

 

 

20151015_1798648 400.jpg

 

 

20151015_1798649 400.jpg

 

 

20151015_1798651 400.jpg

 

 

20140619_1191177 400.jpg

 

 

20160316_1945376 400.jpg

 

 

20140213_978586 400.jpg

 

 

20170127_1711705.jpg

 

 

20130109_197583 400.jpg

 

 

20130310_320862 400.jpg

 

 

20131127_849886 400.jpg

 

 

20131127_849884 400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

('_')

 

 

 



F-15戦闘機です

 

F-15戦闘機です

 

 

戦闘機を撮影するようになったのは2015年頃からです

戦闘機のスピードに追い付けないのが現状です

私はヘリコプターのスピードがお気に入りです

 

20110828_2017262 4002.jpg

 

 

2018_03150132 400.jpg

 

 

2018_03150045 400.jpg

 

 

20140313_1027718 400.jpg

 

 

20140313_1027719 400.jpg

 

 

20160425_1981325 400.jpg

 

 

20161025_2138329 400.jpg

 

 

20151014_1798259 400.jpg

 

 

20161025_2138330 400.jpg

 

 

20151014_1798258 400.jpg

 

 

20141022_1364930 400.jpg

 

 

20151014_1798264 400.jpg

 

 

20151014_1798260 400.jpg

 

 

2018_01180142 400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('_')

 

 



日本のステルス機です

 

日本のステルス機です

 

 

今日は図書館に行って「日本のステルス機」という本を借りてきてF-35について勉強してみょうと思います

 

dorama2_n07367911 400.jpg

 

発行所・イカロス出版(株)

2016年6月15日発行

定価:1111円+税

 

日本のステルス戦闘機と言えば昨年盛り上がった先進技術実証機X-2です

2017年10月10日 岐阜基地にて撮影

 

 

そして今年から実戦配備される空軍仕様のF-35Aです

国産3号機 89−8707

2018年3月15日 名古屋空港にて撮影

 

2018_03150188 400.jpg

 

ステルス戦闘機とは「レーダーに捕らえられているが電波の反射が小さすぎて飛行機として認識されにくい特性を持った戦闘機をいう様です

あくまでも認識されにくいというところの様です

これ以上は企業秘密の様です

 

まずはF-35の基礎知識です

F-4戦闘機の後継機で第五世代機

F-35Aの機体データー

全長:15,67m、全幅:10,67m、全高:4,39、最大離陸重量:約31kg、最大速度:マッハ1,6、初飛行は2006年

F-35は空軍戦闘機(F-16ファイテイングファルコン )、空軍近接航空支援機(A-10サンダーボルト)、海兵隊攻撃機(AV-6Bハリア―)、海軍・海兵隊戦闘機(F/A・18ホーネット)の4機種の後継を1機種3タイプでこなすようです

空軍仕様は「F-35A」、海兵隊仕様の垂直離着陸機は「Fー35B」そして海軍&海兵隊仕様は「F-35C」の3タイプを1機種でカバーするようです

自衛隊では42機の空軍仕様の「F-35A」の他にも海軍・海兵隊仕様の垂直離着陸機の「F-35B」の配備の計画もあるようです

ちなみに701号機〜704号機まではアメリカでのロッキードマーチン社の工場で最終組み立てが行われ705号機以降は三菱重工で最終組み立てが行われる様で当初は42機の調達がそれ以上になる可能性が高いようです

 

アメリカの工場で最終組み立てが行われた701号機〜704号機はアメリカ国内で教官の養成などに使われた後三沢基地に実戦配備されるようです

実戦配備の計画は当初の予定よりだいぶ遅れている様です

 

国産初号機 79−8705

2017年9月26日 名古屋空港にて撮影

「79−8705」の数字の意味です

シリアルナンバーという様です

最初の数字は「導入年度」で2番目は「機種名」そして3番目の数字は「機種区分」で最後の3桁は導入された順番の様です

ちなみにこの数字を解明すると「2017年」に導入された「F-35A」で「戦闘機」で「5番目」に導入された機体という意味の様です

趣味でこの番号を撮影されている方がおられます

鉄道マニア同様に航空機ファンにも色々な楽しみ方をされている方がおられます

私の場合は航空機は元より鳥や凧、地に足がついていない人生を歩んでおられる方とのお付き合い、人の話を上の空で聞く人とのお付き合い、などなど空を飛でいるものは何でもありです

地に足をつけた地道な人生を歩むのが無難の様ですね

 

20171027_1863049.jpg

 

国産2号機 79−8706

2017年10月27日 名古屋空港にて撮影

 

20170925_1840256.jpg

 

昨年は先進技術実証機に遊んでいただきましたが1回しか会えませんでしたがF-35Aの方は昨年の9月以来3打数3安打の10割で相性がいいようです

どうでも良い事に一生懸命になる病気はまだ完治していないようです

今年はF-35に遊んでもらえそうな1年になりそうです

 

 

 

 

 

('_')

 

 

 



F-35A707です

 

F-35A707です

 

 

久しぶりに名古屋空港に行ってきました

F-35Aが撮影できました

 

小牧城とのツーショットです

 

ワン

 

2018_03150268 400.jpg

 

ツー

 

2018_03150269 400.jpg

 

スリー

狙い通りです

 

2018_03150270 400.jpg

 

 

2018_03150180 400.jpg

 

 

2018_03150203 400.jpg

 

#89−8707です

 

2018_03150214 400.jpg

 

離陸です

 

2018_03150188 400.jpg

 

 

2018_03150196 400.jpg

 

 

2018_03150204 400.jpg

 

着陸です

 

2018_03150271 400.jpg

 

背景ががやがやです

 

2018_03150275 400.jpg

 

 

2018_03150278 400.jpg

 

 

2018_03150322 400.jpg

 

都市伝説です

この位置に消防車が止まるとしばらくするとF-35Aが現れる

 

2018_03150297 400.jpg

 

701号機から704号機まではアメリカで組み立てられ現在はアメリカで自衛隊のパイロットの訓練機として使われている様です

705号機からは三菱重工で最終組み立てをするようで最終的には42機調達するようです

2018年度末までに4機で最初の飛行隊を編成するようです

3月末までに708号機の試験飛行が見れるかもしれません

これからしばらくは名古屋空港から目が離せません

 

 

 

 

('_')

 

 

 



明野基地です

 

 明野基地です

明野基地は陸上自衛隊で使用している機体のほとんどを見ることが出来ます

1、エンストロムTH-480B

2013年から練習機として就航の予定のようです
シンプルな構造で頑丈で安全性に優れた経済性にも優れた機体のようです
塗装の関係もあるかもしれませんが軍用機というより民間機の様に見えます


20150525_1638260 4001.jpg

2、川崎重工OH-6D

1969年に配備が始まりJ型からD型に切る変わったが40年以上就航しているようですそろそろ退役の時期のようです

 

20141013_1352241 400.jpg

3、川崎重工OH-1

純国産のヘリコプターでOH-6D、AH-1Sの後継機のようです
タンデムの操縦席は戦闘機のようです


20120516_2381115 400.jpg

4、富士重工UH-1H

多用途ヘリコプターでそろそろ退役が近いようです
後継機は三菱重工のUH-60JAのようです
独特のエンジン音がもうしばらくすると聞けなくなるのはさみしい限りです


20120516_2381121 400.jpg

5、富士重工AH-1S

そろそろ退役が近いのでしょうか
後継機はAH-64D、OH-1のようです

 

20141021_1364426 400.jpg

6、富士重工AH-64D

AH-1Sの後継機で富士重工でライセンス生産されているようです
ローターマストの頂部のレーダーが特徴的です
現在は西部方面航空隊の第3対戦車ヘリコプター隊に実戦配備されているようです


20120516_2381137 400.jpg

7、三菱重工UH-60JA

UH-1Hの後継機のようです
三菱重工でライセンス生産されているようです両脇についている燃料タンクが特徴的です
陸上自衛隊では多用途ヘリとして運航していますが海、空自衛隊では救難ヘリとして就航しているようです


20120516_2381135 400.jpg

8、川崎重工CH-47J

輸送ヘリコプターです
人員なら55名、貨物なら9tを搭載できるようです
東日本大震災では人員輸送や物資輸送に大活躍したようです
災害時には頼りになる機体のようです


20120516_2381113 400.jpg

!(^^)!


1,エンストロム TH-480Bです

OH-6Dの後継機で2013年から練習機として就航予定で30機が導入されるようです

20141019_1361460 400.jpg

日本ではなじみの少ないヘリコプターです
シンプルな構造で頑丈で安全性に優れており経済性も良いのが採用の決めてのようです


20150525_1638259 400.jpg

軍用機とは思えない塗装です
この機体の採用が決まった時はちょっと意外な気がしました
総合評価落札方式で競合のMD500E、シュワイザー333Mを抑えての落札です
1機のお値段は2億900万円+消費税のようです


20120517_2381589 400.jpg

 


20150525_1638261 400.jpg
 

 

20150525_1638269 400.jpg


20120517_2382109 400.jpg



20120517_2382108 400.jpg

エンジン:ロールスロイスRR250ーC20W
420shp×1
最大速度:230km
4人乗り

ちなみにこのヘリと同クラスの4人乗りのレシプロエンジンのロビンソンR-44の馬力は225hp
軸馬力(shp)と馬力(hp)では単純に比較できないようですがこのヘリの方が約2倍近い馬力の差があることになります


2, 川崎重工 OH-6Dです


川崎重工がライセンス生産した機体で1969年より配備されJ型からD型に変わり193機配備されているようです
J型はすでにすべて退役しD型も順次OH-1に切り替わっていくことでしょう







OH-6Dは陸上自衛隊と海上自衛隊で観測・練習ヘリコプターとして使用
海上自衛隊はDA型を練習用に少数装備しているようです




まるで卵のように見えます
個性的な機体です




エンジンはアリソン250−C20B(375shp×1)
最高速度は280kmですがほかのヘリに比べると飛行速度はすごく早く感じます

 

20151124_1842087 400.jpg

 

 

('_')

 

 

 



明野基地兇任

 

明野基地兇任

 

 

 

3, 川崎重工 OH-1です

純国産のヘリコプターのようです
AS-1SとOH-6Dの後継機のようです
機体の形状はタンデム複座で戦闘機のようです

胴体の両側にはスタブウイングがあり対戦車ミサイル、ロケット弾、自衛用の空対空ミサイルも取り付けることが出来るようです

20120517_2381983 400.jpg

メインローターには複合材が使用されており20mm弾の被弾にも耐えれるようです

20120517_2381982 400.jpg

OH--1は現在北部、東北、東部、西部、中部の各対戦車ヘリコプター隊に実戦配備されているようです


20120516_2381115 400.jpg

 

 

20140929_1334310 400.jpg

 

 



 

 

 4,富士重工 UH-1Jです

米国ベルヘリコプター製で日本では富士重工がライセンス生産された多用途ヘリコプター
災害派遣などでは欠かせない機体で今回の東日本大震災などでは被災者の搬送や物資輸送に大活躍したようです

 

20120518_2383416 400.jpg

私はこのアングルがお気に入りです
ヘリコプターはこの角度が一番美しく見えると勝手に決めています

 

20120516_2381121 400.jpg

ベル社の特許のスタビライザーを装備した機体もだんだん少なくなってきます
また2枚翼の機体も少なくなって現在は4枚翼が主流です

 

20120517_2381524 400.jpg

バックに拘ってみました

20120519_2384789 400.jpg



20120517_2381522 400.jpg

 

 

20120517_2381523 400.jpg

 

20120517_2381525 400.jpg

 

5,富士重工 AH-1Sです

愛称は”コブラ”です
今から半世紀ほど前の1965年に初飛行した世界初の攻撃ヘリコプターのようです
機首にターレット式20mm三身機銃砲を装備です



20120517_2381491 400.jpg

両側のスタブウイングには対戦車ミサイル(TOW)8発、70mmロケット弾ポット2個を装備です

20120518_2383214 400.jpg

米国ベルヘリコプター製で富士重工で92機ライセンス生産されたようです
私のお気に入りのアングルそして拘りのアングルです


20120516_2381136 400.jpg

エンジンはアライドシグナルT53−L703(1800shp×1)のようです
このエンジンの名どこかで聞いたことのあるエンジン名です
そうです”カマン K-1200”のエンジンと同じです


20120516_2381136 400.jpg



 


20120517_2381489 400.jpg

拘りの画像
鳥とのツーショットです


20120517_2381488 400.jpg


日本にもこんなヘリコプターがあるのかとお思いの方がおられると思います
あるのです
知らないうちに日本国は世界でも有数の軍事大国なのです
気が付いたら・・・・・・・
”なんという事に”というよう事にならないことを願っています
専守防衛ですね

 

 

('_')

 

 



明野基地靴任

 

明野基地靴任

 

6,富士重工 AH-64Dです

AH−1Sの後継機のはずの新戦闘ヘリコプター
お値段がバカ高いようです
米国ボーイング社製で富士重工がライセンス生産で全13機を調達するようです


20141021_1364491 400.jpg



20141021_1364489 400.jpg



20140927_1331727 400.jpg


ローターマストの頂部にはAN/APG−78ロングボウ・レーダーを搭載

 

20171107_1871420.jpg





 


 




愛称は”アパッチ”と呼ばれているようです

 

 

7,三菱重工 UH-60JAです


米国シコルスキーエアクラフト社製で日本では三菱重工がライセンス生産
UH-1J多用途ヘリコプターの後継機


20141021_1363407 400.jpg

航空自衛隊が救難ヘリコプターとして運用しているUH−60Jです
小牧基地航空祭で撮影です


 







今回の撮影テーマはバックです
意外とバックも見慣れていないせいか新鮮です




視点を変えてみると今までとは違った機体のように見えてきます
子供は親の背中を見て育ちます
ヘリおたくもヘリの背中を見て育ちます
意味が分かってしゃべっているのという奥様の声が聞こえてきます
ボケたふりをするのも大変です


8, 川崎重工 CH−47J/JAです


米国ボーイング社製で日本では川崎重工がライセンス生産
人員なら55名貨物なら9tを搭載して200kmの行動半径があるようです

 

20140313_1028135 400.jpg

JA型です
燃料タンクを増加させ洋上飛行が出来るように機首に気象レーダーなどが収められている様です





同じ機種でも塗装でだいぶイメージが変わります
上の写真は小牧基地の航空祭での撮影です

J型です
JA型とは機首の形などが少し違います




陸上自衛隊では30機以上保有しているようです
今回の東日本大震災では人員輸送や物資輸送で大活躍したようです




徹底的にバックに拘ってみました
このヘリコプターなかなか絵にならない機体です
ところが意外とバックは絵になります
新しい発見です
ちょっと視点を変えると面白いですね


 




何か人の顔か深海魚の顔に見えてきます

20120516_2381113 400.jpg

新しい発見です
 

 

 

('_')

 

 

 

 



陸上自衛隊です

 

陸上自衛隊です

 

 

自衛隊のあり方が議論されています

理想を言えば現在の憲法を守る事がベストですが現実はそうもいかない様な世界情勢です

理想と現実です

 

74式戦車です

 

20161126_2165307 400.jpg

 

自衛隊員もうつむき加減です

何を考えているのでしょうか?

今迄は戦争には行かなくてもよかったのにな〜

これからはそうも言っていられなくなりそうだし

そろそろ転職でも考えようかな

 

DSCN8403 400.jpg

 

 

 

DSCN8297 400.jpg

 

 

DSCN8419 400.jpg

 

 

20161126_2165308 400.jpg

 

 

DSCN8313 500 400.jpg

 

 

DSCN8391 400.jpg

 

 

DSCN8363 400.jpg

 

 

DSCN8259 400.jpg

 

真近で自動小銃を見ました

まじか〜

 

DSCN8386 400.jpg

 

 

DSCN8223 400.jpg

 

陸上自衛隊の航空機です

 

富士重工AH-64D戦闘ヘリコプター

機首部分にはMTADS・NPNVS(近代化型目標補足標準サイト/パイロット暗視センサー)を装備

 

20141021_1364491 400.jpg

 

AN/APG-78ロングボー・レーダー

 

20171107_1871420.jpg

 

富士重工AH1S対戦車ヘリコプター

富士重工でライセンス生産

 

20141021_1364426 400.jpg

 

富士重工UH-1J多用途ヘリコプター

後継機はベル412EPiの発展型の様です

 

20141021_1363402 400.jpg

 

三菱重工UH-60JA多用途ヘリコプター

 

20141021_1363407 400.jpg

 

川崎重工CH-47J

人員なら55名、貨物なら9トンを搭載して約200kmの行動半径を持つ大型輸送ヘリ

 

20141020_1361701 400.jpg

 

川崎OH-1観測ヘリコプター

OH-6の後継機

 

20110828_2017177 400.jpg

 

 

20141020_1361860 400.jpg

 

川崎重工OH-6DA

観測・練習ヘリコプター

 

20141013_1352241 400.jpg

 

エンストロムTH-480B

練習ヘリコプター

航空学校明野本校と宇都宮校に30機配備されている様です

 

20141019_1361460 400.jpg

 

エアバス・ヘリコプターズEC-225LP

特別輸送ヘリコプター

 


 

専守防衛、戦争放棄を堅持です

若者よ目覚めよ

 

”老兵は静かに去れ”です



(^O^)
  

 

 

 



自衛隊機です

 

自衛隊固定翼機

ロッキード・マーチン Pー3C オライオン

海上自衛隊対潜哨戒機
 


ノースロップ・グラマン Eー2C ホークアイ

航空自衛隊早期警戒機
三沢基地に13機配備されているようです







川崎 T−4 

航空自衛隊練習機 
ブルーインパルスも使用している




ブルーインパルス塗装
同じ機体でも塗装によってだいぶイメージが変わります




レイゼオン・ビーチ T−400 ジェイホーク


航空自衛隊の練習機
元は三菱重工が開発したMU−300
製造・販売権をレイゼオン・ビーチ社に売却





レイゼオン・ビーチ U−125A

MU−2救難捜索機の後継機



F15,F2 T7による異機種編隊飛行

 

自衛隊回転翼機

ヘルコプターと言えば自衛隊です
今回の東日本大震災では人命救助や救援物資の輸送、情報収集などj大活躍です
自衛隊のヘリコプターの任務は観測・練習、救難、輸送で海上自衛隊では哨戒、掃海,陸上自衛隊では対戦車、戦闘などです
そのほかに特殊な任務として南極観測支援や政府専用機の運航などもあるようです


航空自衛隊

三菱重工(ライセンス生産) UH−60J 救難ヘリコプター 




川崎重工(ライセンス生産) CH−47J/JA 輸送ヘリコプター



海上自衛隊

三菱重工(ライセンス生産)SH−60K/USH−60K 哨戒ヘリコプター




川崎重工(ライセンス生産) OH−6D/DA 観測・練習ヘリコプター
三菱重工(ライセンス生産) SHー60J 哨戒・救難ヘリコプター
川崎重工(ライセンス生産) MCHー101/CH−101 掃海・輸送ヘリコプター
CH−101は南極観測支援用
シコルスキー(輸入) MH−53E 掃海ヘリコプター


陸上自衛隊


陸上自衛隊の観測ヘリコプターです
OH−1は純国産です

川崎重工(純国産) OH−1 観測ヘリコプター



富士重工(ライセンス生産) AH−64D 戦闘ヘリコプター

 

20141021_1364491 400.jpg

 

エンストロムTH-480B

観測・練習ヘリコプター

 

20141019_1361460 400.jpg


富士重工(ライセンス生産) AH−1S 対戦車ヘリコプター
川崎重工(ライセンス生産) CH−47JA 輸送ヘリコプター
三菱重工 UHー60JA 多用途ヘリコプター


富士重工(ライセンス生産) UH−1H/J

 多用途ヘリコプター

 


ユーロコプター(輸入) EC−225LP 特別輸送ヘリコプター

現在日本で民間、自衛隊合わせて1500機位が登録されているようです

 

 

航空自衛隊 輸送機

ロッキードC−130H(ハーキュリーズ)


川崎C−1輸送機の約3倍のペイロード(約22t)があり航続距離も約7800kmも飛行出来ます
海外派遣や今回の東日本大震災で大活躍しているようです
名古屋空港周辺でエアーバンドを聴いているとコールサインは「キャメル」と呼ばれています




飛行機も塗装によってだいぶイメージが変わります




地上ではバックも出来るのです
写真では分りませんが実はこの写真はバックしているのです
プロペラのピッチ角が通常とは違うのです
プロペラ機のC−130ならではの芸当です




川崎C−1

純国産の中型輸送機
航続距離は約1300kmでペイロードは約8t
コールサインは「入間基地が「コスモ」美保基地が「コメット」で輸送航空隊共通のコールサインは「コンボイ」です
コールサインを聴いているだけで航空機の所属と機種が特定できるのがエアーバンドを聴く楽しみの一つです


 




次期輸送機 C−X


この試作機XC−2はC−1の後継機
防衛省技術研究本部と川崎重工業によって開発がすすめられている
ターボファンエンジン双発の大型戦術輸送機で2010年に初飛行したようで最大積載量は約30tでC130より多く積載出来るようです
C−1の4倍近い積載量です
この画像は2009年の小牧航空祭の時撮影したものです


 

C-2輸送機です

 

20161117_2158154 400.jpg

 

 

20170222_2230834 123.jpg

 

自衛隊戦闘機

マクドネル・ダグラス F−4 ファントム


ベトナム戦争では戦闘や対地攻撃に活躍した戦闘機
1機のお値段は20〜25億円
そろそろ博物館でしか見れなくなります


 

 

20131127_849886 400.jpg

 

 

20131127_849885 400.jpg

 

 

20131127_849884 400.jpg


三菱F−2

F16をベースに日米共同開発された機体
1機120億円?
2000年より実戦舞台に配備された
ブルーインパルスのT−4の後継機にという計画は時期尚早という事で実現していません


 




ボーイング(M・G)Fー15イーグル
 

現在の自衛隊の主力戦闘機

Fー151機は100億円を軽く超えるお値段の様です
高いか安いか?







こんなものが必要か?
という議論もありますね



 

 



戦闘機のパイロット気分です

 

戦闘機のパイロット気分です


浜松の航空自衛隊広報館に行ってしばし戦闘機パイロットの気分を味わってきました
中央に操縦桿、左にスロットルこれが戦闘機の基本の様です


F−86F



初代ブルーインパルスのF−86Fです
1960年〜1981年までの22年間で545回の公式展示飛行
東京オリンピックの開会式の五輪の輪は今でも鮮明に覚えています
また1970年の大阪万博の開会式でのEXPO70も印象的でした
まさに高度成長期の古き良き時代の日本の花でした




F−104



最後の有人戦闘機と言われた時もあった様です
三菱重工がライセンス生産しておりF−104の形が鉛筆の形に似ているところから空自の現場では「三菱鉛筆」とよばれていた様です
よくこんな小さな翼で飛べるものです







F−1支援戦闘機



T−2高等練習機を元に三菱重工が戦後初の独自開発した超高速飛行が可能な戦闘機で77機生産されたようです
Tが2006年には全て退役したようです




スロットルと操縦桿です
操縦桿とスロットルを握って計器盤を眺めている自分の顔を想像すると・・・・・
どんな顔をしているのでしょうか?
自分の顔を自分の目で見た人はいません

・・・・・・・です


 

操縦桿には色々なスイッチが付いています
トリムタブ、無線、武器の発射の為のスイッチなどなど親指、人差し指、小指と沢山の指での操作です


F4ファントム

そろそろF−4ファントムが退役の時期です
F−4ファントムの操縦席に座るのが夢です
F−4ファントムにまつわる想い出は沢山あるのです




1974年に導入されて今年で37年です
後継機の候補は「ユーロファイター タイフーン」、「F/A−18E/F」、「F−35」の三機種の様ですが選定は難航しているようです
浜松航空館にFー4ファントムが展示されるのは数年先かな?
F−86F〜F4ファントムそして???です



(^−^)

 

 



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」