名古屋空港 2016,12,03

 

名古屋空港

2016,12,03

 

 

今日はピッツS−2B(JA11KT)を撮影することが出来ました

 

 

 

毎日新聞

EC−135(JA30MP)”きぼう”

 

 

FDAの4号機と11号機です

ちょっと見ただけでは区別がつきません

大きな違いは主翼の先端のウイングレットが違います

 

ERJ−175STD7

JA11FJ

 

 

ERJ−170SU

JA04FJ

 

 

御嶽山が綺麗に見えました

FDAの11号機とのツーショットです

 

 

 

 

 

('_')

 

 



二兎を追うものは・・・・・です

 

二兎を追うものは・・・・・です

 

 

昨日の撮影テーマは戦車とUH−1ヘリからのリぺリング(懸垂降下)のツーショットでしたが大失敗でした

ここまではイメージ通り台本通りでしたがシャッター優先モードに切り替えるのを忘れていました

 

 

リぺリングです

モードとシャッタースピードを変えている間に降下してしまいました

イメージはヘリと地上の中間に降下する隊員が入るイメージでした

 

 

ヘリのテールローターが止まっています

これではヘリは落ちてしまいます

やはりヘリのローターは少しブレていなくてはいけません

 

 

やはりローターブレードはこれ位は最低でもブレていなくてはいけません

何事も3度は最低でも挑戦です

私の拘りです

隣で撮影しておられた若い方は今回が3度目の挑戦の様でした

”今年だめなら来年があるさ”と言っておられました

”そう言える人は羨ましい、私などは来年生きているかどうか分からないよ”と冗談を言ったつもりが”そうですね”と変に納得されてしまいました

この場面は嘘でも良いから”そんなことは無いですよ”というのが「世間一般の常識の範囲内」の会話の様な気がします

 

 

昨日は少し早めに家を出て光の加減や戦車の停止位置やヘリの機首の方向などを色々と情報収集して万全の態勢で臨んだのですが企画倒れに終わってしまいました

頭で考え台本通りに行動するのは私は苦手です

どさくさに紛れてアドリブで行動する方が私には向いています

 

 

姉弟子MCH−101のローターブレードのブレ具合が良かったですね〜

今度シャッターースピード教えてください

14番目の弟子からのお願いです

もっとも教えてもらっても機体の方もブレてしまいそうなシャッタースピードですよね

出来るものならやってみなさいの世界ですね

参りました

 

 

 

('_')

 

 



中部国際空港その2 外国機です

 

中部国際空港その2 

2016、11,24

 

外国機です

 

中部国際空港その2は外国籍の旅客機です

 

THAI(タイ)

B−777−300

(HS−TKC)

 

 

 

Vietnam Airlines(ベトナム)

エアバス320

VN−A398

 

 

SINGAPORE AIRLINES(シンガポール)

エアバスA330−300

(9V−STG)

 

 

FINNAIR(フィンランド)

エアバスA330−300

OH−LTO

 

 

中国東方航空(中国)

B−737−800

B−1515

 

 

hkexpress,com(香港)

エアバス320

B−LPB

 

 

air Hongkong(香港)

エアバスA300F−605R

B−LDE

 

 

大韓航空(韓国)

B-777-200

HL-7530

 

 

アシアナ航空(韓国)

エアバス320

登録記号不明

 

 

JEJU AIR(韓国)

エアバス320

HL8034

 

 

UNITED(米国)

B737−800

N73299

 

 

3時間の滞在でこれ程多くの航空会社の飛行機が撮影できて満足です

だだ一つ最近の旅客機は皆同じよな形をしているのが少々不満です

一昔前はボーイング747やDC−10、B−727など一目で機種が分かる個性的な旅客機が多かった様な気がします

 

 

('_')

 

 



中部国際空港(RJGG) 2016,11,24

 

中部国際空港(RJGG)

2016,11,24

 

 

今日は娘を送りがてら奥様と中部空港に行ってきました

午前中は曇り空でしたが午後からは青空が広がり秋晴れの良い天気になりました

 

ボーイング767−300

(JA604A)

 

スターワーズの塗装です

今日一番の収穫です

 

 

左右の色が違います

 

 

 

AIR DO

ボーイング737−700

(JA14AN)

今日が初めての出会いです

今日2番目の収穫です

 

 

 

全日空

ボンバルディアDHC−8ー402

(JSA847A)

 

 

 

IBEX

ボンバルディアCL−600−2C10

(JA10RJ)

 

 

日本航空

B−737−800

(JA320J)

 

 

SKY

ボーイング737−800

(JA73NG)

 

 

Jetstar

エアバスA320

(JA18TJ)

 

 

今日は全日空の787のスターワーズ塗装の機体が見れたことと日本航空、SKY,Jetstar,AIRDO、IBEXなど中部空港に乗り入れている日本の航空会社に会えて満足です

 

JCAB(国土交通省 航空局)

セスナ525C

(JA010A)

 

 

その2

外国機編に続きます

 

 

('_')

 



拘りです

 

拘りです

 

 

私には拘りのアングルがあります

それは進行水平方向に約45度、下方向から約45度そして機首が少し上向き加減で連写はせず1枚撮りが基本です

 

この日はF−2B戦闘機が4回タッチ&ゴーしてくれました

カメラはデジタルカメラが出始めの頃の年代物のデジイチ「ニコンD100」で撮影です

 

1回目の着陸です

 

2回目の着陸です

 

3回目の着陸です

 

4回目の着陸です

 

F−4ファントム戦闘機です

 

 

P−1対潜哨戒機11号機です

 

 

C−2輸送機初号機です

 

 

なかなかイメージどうりに撮影できません

イメージどうりに撮影できないところが面白いのです

まだまだ未熟です

人生一生修行ですねM師匠

 

 

 

('_')

 

 

 



空の日 その2です

 

空の日 その2です

 

 

昨日行われた空の日の続きです

 

普段は絶対に見られない光景です

滑走路をクローズして滑走路を歩いています

 

 

スカイデッキです

いつもとは違った視点です

 

 

こちらも普段と違った視点です

 

 

 

ロビンソンR22です

ヘリコプターを身近にさせてくれた機種です

 

 

共立航空のセスナ206H(JA626J)です

一部の航空機マニアのお気に入りのデザインの様です

航空機もお化粧によってだいぶイメージが変わります

人間の世界と同様です

 

 

離陸前の準備です

この機体は昨年更新されたばかりの機体です

 

 

要救助者を吊り上げるデモです

 

 

愛知防災の”わかしゃち”です

来年からは新しい機体に更新されるようです

この日はデモフライトが予定されていましたが新城の方で緊急出動の要請がありデモフライトは行われなかったです

 

 

目新しい機体はありませんでしたが久しぶりにしばらく会っていなかった飛行機仲間に何人も会えてとても楽しい一日でした

 

 

 

('_')

 

 

 



名古屋空港 空の日です

 

名古屋空港 空の日です

2016,11,12

 

 

今日は秋晴れの小春日和の良い天気でした

名古屋空港では空の日のイベントが行われていました

 

 

普段は入る事ができない場所に入る事ができました

 

新日本ヘリのベル407です

 

 

ベル407のコックピットです

アナログ計器が並んでいます

 

 

中日新聞の社有機です

 

 

中日本航空のAS350です

 

 

航空自衛隊の消防車とトーイングカーです

C−130をトーイングしてきました

 

 

名古屋市消防の救助デモ

 

 

展示飛行

普段はなかなか見れない飛行でした

 

 

機首を下げての離陸です

これだけ機種を下げると操縦席からは地面が真下に見えるのではないでしょうか

 

 

横から見るとこんな感じです

 

 

 

 

MRJ4号機です

 

 

午前中1度飛行しました

 

 

 

('_')

 

 



アフターバーナーです

 

アフターバーナーです

 

 

アフターバーナーはジェットエンジンの排気口にもう一度燃料を噴射して高推力を得る推力増強装置の事をいう様です

 

 

「アフターバーナー」はジェネラルエレクトリック社(GE)の呼び名でプラット・アンド・ホイットニー社では「オーグメンター」、ロールスロイス社では「リヒート」と呼ばれているようです

 

 

F−15のエンジンはプラット・アンド・ホイットニー社製なので「オーグメンター」と呼ぶのでしょうか?

 

 

アフターバーナーを使用すると燃料消費量が増加する為あまり長い時間使用することが出来ないようです

確かにこの画像を見ているとその様な事が想像できます

 

 

米空軍

F−16戦闘機です

愛称は”ファイティングファルコン”です

エンジンはF−15と同じメーカーのものを使用しているようです

 

 

F−2戦闘機です

エンジンはゼネラル・エレクトリック(GE)製のF110−GE−129をIHI(石川島播磨工業)がライセンス生産したものを使用しているようでF−2は「アフターバーナー」と呼んでよさそうです

 

 

このお話と同じ事が積載形トラッククレーでもあります

積載形トラッククレーは通称ユニック車と呼ばれていますがユニックは会社名で古河ユニック社のユニックが通称になった様です

ちなみにタダノのでは「カーゴクレーン」と呼び新明和工業では「CBクレーン」と呼ばれているようです

他にもアクアラングは商品名で一般的にはスキューバの事とか四輪駆動車をジープと言ったり小型飛行機をセスナと呼んだりするのと同様ですね

商品名や会社名が通称、代名詞として使われるという事は素晴らしい事です

話がまた変な方向に向いています

何が言いたかったかというと

推力増強装置は「アフターバーナー」が何となく一番ふさわし呼び方の様な気がします

という事です

どうでも良いお話でした

 

 

 

 

('_')

 

 

 

 



ミッシングマンフォーメーション(慰霊飛行)です

 

ミッシングマンフォーメーション(慰霊飛行)です

 

 

F−2,F15,T−4の3機によるミッシングマンフォーメーション(慰霊飛行)です

 

T-4が急上昇する瞬間です

 

 

Tー4が僚機のF−2、F−15に見守られて天国に旅立っていく様を表現した慰霊飛行です

 

 

ちなみに「ミッシングマン」とは殉職者の事を指しているようです

ミッシングマンフォーメーションはおおよそ3〜4機で編隊を組み編隊の中の一機が離脱して急上昇し「殉職者が天に昇る」様を表現しているようです

なかなかこの様な変態飛行の瞬間を撮影できるのは異例の様です

「編隊」を「変態」に「慰霊」を「異例」に置き換えたブログ特有のジョークでここは笑って頂く場面です

以前当ブログをご覧いただいているお方に”お前のブログは変換間違いが多くていかん”というお叱りを真顔で頂いたことがあります

その方も冗談で言われたようです

上には上がおられるものです

最近は私の周囲でも天に召される方が多くなってきました

明日は我が身です

 

この画像はまさに天に昇って行くように見えるのは多分私だけです

 

 

操縦士には相当のGがかかっている事が想像できます

ちなみにエレベーターでかかるGは0,05〜0,1G位でジェットコースターでは1〜3G位の様です

プラスのGは比較的我慢できますがマイナスGは内臓が口から飛び出すようで少ないGでも辛いです

エレベータでも降下して止まる瞬間のマイナスGがいけません

何事もマイナスはよろしくありません

 

最近は当ブログも飛行機の話題が多くコメントも平凡になってきて面白くないとのご意見を頂く事が多くなってきました

だんだん冗談も言う元気がなくなってきました

世間ではこの様な現象を人間が丸くなってきた、とか老人力がついてきたという様です

最近では炊事洗濯などが上手にできる様になってきたことを女子力がついてきたという様です

老人力がつき女子力がついてきて、だんだんと一人前の老人に成長しつつあり天に昇る準備が着々と進行しています

 

 

 

 

 

('_')

 

 

 



失敗は成功の素です

 

失敗は成功の素です

 

 

昨日は岐阜基地の帰りに名古屋空港に寄ってみました

名古屋空港に到着と同時にピッツS−2Bが離陸していきました

離陸して数十分後帰って来ました

 

ピッツS−2B

JA11KT

(ジュリエット アルファー ワン ワン キロ タンゴ)

定置場所は名古屋空港の様です

 

 

最近名古屋空港の一部の飛行機撮影マニアの間でシャッタースピードを遅くして背景を流して撮影するのが密かに流行っているようです

私も密かに挑戦してみました

シャッタースピードは1/100秒です

 

 

背景は確かに流れている様に見えますが機体も見事にぶれています

大失敗です

「失敗は成功の素」という言葉があります

次回チャンスがあったら必ず成功するぞ~

 

 

以上の画像は年代物のデジイチで撮影です

 

この画像は離陸時にコンデジで撮影です

デジイチ換算で1400mm位で撮影です

このカメラで撮影すると殆ど失敗はなくそこそこの画像は期待できます

 

 

昨日は気のおけない飛行機撮影仲間と楽しい一時を過ごさせて頂きました

最近のカメラは性能が向上してなかなかこの様な下手な画像を撮影することは難しくとても新鮮に感じます

この様な画像をブログに平気で掲載する人間は偉大なるアマチュワです

失敗作もブログのネタにしてしまうのは流石にあそび心を持った遊び人のプロ、自己満足のプロです

何事もプロの域に達することは大変です

色々言われているうちが花です

 

M師匠負け惜しみですよ〜

昨日はありがとうございました

また次の機会にお会いできたら遊んでください

 

 

 

 

 

('_')

 

 

 

 



calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」