知也です


 知也です


何時ものお寺の張り紙です


”この世の中で

一番難しいことは

自分を知る事を学ぶこと

一番やさしいことは

他人のしたことを批判すること”


よく他人の事は冷静な判断が出来るのに自分の事になるとからっきしダメになってしまうという経験は過去に何度もあります
いい例の一つに将棋です
他人がやっている将棋を傍で見ていると先まで良く読めます
また高校野球の観戦もしかりです
以前高校野球の監督をされている方と球場でお話しする機会がありました
観客席で見ているとよく流れが見えるがベンチで見ているとなかなか流れが見えにくいようです
どこかで聞いたお話です
自分の目で自分の身体が見える範囲は限られています
特に自分の顔を自分の目で見た人はいない様です

論語に
知之為知之、不知為不知、是知也
というのがあります

これを知るをこれを知るとなし、
知らざるを知らざるとなす。
これ知るなり

自分の知っていることは何か、知らないことは何か。
その区別をはっきりさせることが、「知る」ということなのである

ちなみの私の名前は「知也」です

このネタ当ブログで何回も発信している私のお気に入りのネタです
私の父親はここまで考えて私の名前を付けたのでしょうか?
今度冥土に行って会って聞いてみるつもりです

一番知らないのは”自分自身”ですね


('_')







防災の日です


 防災の日です


8月30日〜9月5日は「防災週間」のようです
そして今日9月1日は「防災の日」です
1923年(大正12年)9月1日に発生した”関東大震災”にちなんで制定されたようです
今から89年前のお話です
ちなみに”阪神淡路大震災”は17年前の1995年1月18日(火)、そして”東日本大震災”は昨年の2011年3月11日(金)の出来事でした
「災害は忘れたころにやってくる」ですね

消防防災ヘリとドクターヘリです
民間ヘリコプター初のベル47型が1945年に初飛行して以来67年間でヘリコプターの性能は急速に進歩しました
当初は飛行するのが精一杯の状況でした
現在では性能が向上して信頼性が増しています
川崎BK117はベル47の血を受け継ぐ機体です

静岡県の防災ヘリです



神戸市消防局の消防ヘリです



ドクターヘリです



現在では災害が起きた場合には欠かせない存在で多くの人命を救助します
防災ヘリやドクターヘリが急速に全国に配備されるようになったのは阪神淡路大震災以後の事でまだ10数年しか経過していません
今回の東日本大震災では全国の消防防災ヘリが交代で救助活動をしたようです
災害はいつ起こるか分かりません
ひとたび災害が発生した時は頼りになる存在です





お盆特集です


お盆特集です



朝の散歩で立ち寄る何時ものお寺の張り紙です
このお寺は三河一向一揆の拠点のひとつの寺として有名な由緒あるお寺です



”地獄への道は
善意で舗装されている”
何となく分かるような分からないようなお言葉です



善意
辞書で調べてみると
良い心
他人の事を思う親切心
好意
とある
法律で善意とはある事情を知らないでする事
反対に悪意とはある事情を知ってする事
過去に「良かれと思ってした事」の多くは「良い結果を招かない」という事を多く経験しました
逆に恨まれる事すらありました
その原因の多くは「他人の事を思う親切心」に問題がある場合が多いようです
「善意」自分の尺度で考えてしまうのがいけないようです
自分が良いと思っても他人はどう思っているか分かりませんね
難しいお話です
善意の押し売りだけは避けたいですね


”人間は死を抱いて生まれ
死を抱えて成長する”



何となく分かる様なわからない様なお話です

ある人の言葉です

”死を覚悟したということは
生きる覚悟が出来たということです”

死を覚悟するなかなかできません
まだまだ未熟です
あるがままが良いですね


人生一生修行です

合掌


!(^^)!









何時ものお寺の掲示板です


 何時ものお寺の掲示板です


何時もの朝の散歩です
そして何時ものお寺の掲示板です

”見えないけれど
    つながっている”

最近会ったこともない人に会い、会った事があるような気がする人が何人もいます
50年間一度もあったこともない同級生に50年ぶりに会ってつい昨日会ったような気がする人がいます
人はどこかでつながっているのですね





”生かされている”

最近この意味が少しわかるようになってきました
気づくのが少し遅いようです
気づかないよりは少しは良いかもしれません
あとどのくらい生かさせていただけるのでしょうか?

”尊い命”

落語か何かで寿命をろうそくの長さに例えた話を聞いたことがあります
自分の寿命があとどのくらいか分かったら気が小さい私は生きていられませんね
余命何か月などという言葉は聞きたくありません
嘘でも良いから「只今天国も地獄も満杯ですもう少し娑婆で修行してください」と言ってほしいですね
知らぬが仏です
知らなくていいことは知らない方が幸せかもしれませんね

義母の35日の法要での住職のお言葉です

祖父母がいなければ両親は存在しない
両親が存在しなければ現在の自分は存在しない
現在の自分がいなければ子供は存在しない
どこか一つがかけても現在の自分は存在しない
そのくらい一人の命は”尊い命”なのです

合掌

朝靄の中に蓮という様なこんな構図をイメージしているのですがなかなかこんな光景に出会えません
学生時代に登山をした折霧の中に高山植物の一輪の花がという光景を今でも鮮明に覚えています

編集ソフトのジェイトリムで少し加工してみました






!(^^)!





空気 流れです


空気、流です


暑中お見舞い申し上げます


戸隠の奥社への参道です
空気がとても美味しいかったです





参道で福島の59歳の男性とご一緒しました
福島は空気が重いそうです
いたたまれないそうです
あまり多くのことを語られません
語っても分かってもらえないと思っておられるのでしょう
私もお聞きしても理解はできないでしょう
家族を失い、居場所を失い、職を失い、・・・・・
そして放浪の旅です
この話をある人にお話ししました
”この人は弱い、現実から逃げている”と言われました
私の話の説明が悪かったかもしれません
言葉や文章では表現できない空気なのです
その日は何とも空しいそしてあと味の悪い1日になりました





過日中学校の同級会に行ってきました
中学時代に野球部でバッテリーを組んでいた仲間がぽつりと最近”空気・・・・”という言葉を発しました
三泊四日の信州の旅をして何度も”空気”という言葉を聞きました
空気を読む、空気を察する、空気が美味しい、空気が重い・・・・

先日高校野球を観戦してきました
”流れ”という言葉が頻繁に飛び交っていました
流れに乗る、流れが変わる、流れに逆らう、流れを切る・・・・・

言葉や文章では表現できないもどかしさです

言葉や文章で表現すると”空しい答え”が返ってくるのですね

”空気”、”流”、共に共通体験するとよくわかるお話です
同級生、友人、被災者、仲間、同僚・・・・
いかに多くの人と共通体験をするか?
ですね


!(^^)!




何時ものお寺の掲示板です


何時ものお寺の掲示板です


生きるとは
互いに
だいじに
しあうこと


この気持ちがあれば”いじめ”も少なくなるかもしれませんね
”だいじにしあう”簡単な事のようですがなかなかできませんね
”だいじにする”まずこの言葉の意味を理解しないといけません
もって生まれた魂は「三つ子の魂100まで」といわれるように変えるのは難しいかもしれませんが考え方は一瞬で変えられますよね
意識するだけでだいぶ違います
後は日々の修行ですね
人生一生修行です





今日の蓮です
今年はこの地方の蓮の生育が良くないようです
蓮もだいじに育てないといけませんね








最近は蓮とお寺の掲示板シリーズばかりですね

合掌

!(^^)!




蓮です


 蓮です

朝の散歩で立ち寄るお寺の蓮です
この蓮が私はお気に入りです





このお寺の門に掲げられていました



”わけ合う”という文化がいつの時代からか”うばい合う”文化になってしまいました
競争社会の弊害ですね
これからますます”うばい合い”がひどくなることでしょう
”わけ合う”という意味が分からないとつらい部分がありますね
ほかのお寺の掲示板にも”わけあう”という言葉が使われていました
”わけあう”いい言葉の響きです

合掌



蓮です


蓮です


月日の経つのは早いです
もう蓮の季節です



最近”いじめのニュースが報道されています
心が痛みます
”いじめ”
”いじめ”とはどういうものか知らない人に”いじめ”を説いても無駄ですね
”いじめ”を認識して”いじめ”ているのはまだ救いがあります
ほとんどの場合”いじめ”ている側に”いじめ”の認識がないのですね
”いじめ”はなかった
”いじめ”られたことのない人に”いじめ”は理解できませんね
また”いじめ”られ続けている人にもです
殆どの人が毎日”いじめ”られているのに気づきませんね
特に多くの教師の方々・・・・
知らぬが仏ですね




心使い


 心使い

中学の同級会の幹事さんからの手紙に張られていた切手です
中学のころ切手の収集がブームでした
このような大型の切手は中学生ではなかなか手に入らなかった記憶があります



最近は電話やメールなどの普及で手紙を書く機会が少なくなりました
ちょっとした心使いがとてもうれしく感じます
”切手”出す人の気持ちが伝わる文化です
ありがとうございました


!(^^)!


東洲斎写楽画
1984年4月20日発行

江戸兵衛        重の井









しあわせ


 しあわせ


朝の散歩で何時ものお寺の掲示板のお言葉です
最近考えます幸せとは・・・・
人それぞれですね



こんな景色がお気に入りです
私はこんなところで生活するのが”しあわせ”かな?
農作業をしていたおばあさんに良いところですねと声をかけたら
冬は寒いよとのことでした




!(^^)!

合掌







calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」