青い車です

 

青い車です

 

 

今年の私の開運色は青です

私のお気に入りの色でもあります

 

トヨタ ボンネットバス FB80型

高校時代にこの様なバスで通学した様な記憶があります

 

 

 

 

ブガッティ タイプ52

 

ユーノスロードスター

 

フォルクスワーゲン タイプ1

 

フェアレディーZ

 

トヨタ ランドクルーザーF125L型

 

 

 

 

('_')

 

 

 



軽自動車です

 

軽自動車です

 

 

軽自動車と言えばなんといってもこの5台です

当時は軽自動車の排気量は360ccで高排気量の普通車は高値の花の時代でした

現在では軽自動車の排気量は660ccで普通車と遜色のない性能です

 

スバル360K111型

てんとう虫の通称で親しまれた大衆車の先駆け的存在の車の様です

1958年から1970年までに40万台近く生産されたようで半世紀以上も経った今でも現役で走っているようです

 

 

ホンダN360 

1967年から1972年まで”Nコロ”の愛称で親しまれた当時人気のベストセラー車種

 

 

スズキフロンテ360

1962年から1982年まで販売された車で車種のフロンテはフロンティア精神からつけられたようです

私が最初に購入した車です

 

 

ダイハツミゼットDKA型

1957年から1972年まで生産・販売されていたようです

ちなみにミゼットとは英語で「超小型のもの」という意味の様です

 

 

マツダ360クーペKRBB型

1960年生産・販売開始で販売価格は30万円だったようです

空冷V型2気筒エンジン搭載の戦後初のクーペ

 

 

これらの車が発売された頃は私は中学生で当時は車は高値の花でしたがこれ位の車なら頑張れば将来買えるかもしれないと想っていたころでした

この当時は車が現在の様にこれ程まで普及し性能が向上するとは想像も出来ない時代でした

そして現在は電気自動車とか水素を燃料とする車まで出てきました

車と言えばガソリンや軽油を燃料としたレシプロエンジンが相場でした

これから数十年後はどんな時代になっているか見届けたい気がしますが老兵は静かに去れですね

 

 

 

('_')

 

 

 



赤い車です

 

赤い車です

 

 

赤い車というとどうしても消防車をイメージしてしまいます

 

 

キャデラック

 

 

 

 

 

 

 

トヨタ スポーツ800

 

 

ホンダ S500

 

 

トヨタ博物館は車が好きな方なら何回も通いたくなりそうな場所です

私の自動車に対する基本的なスタンスは単なる移動手段の道具で動けばOKという感覚ですがクラッシックカーは別です

クラッシックカーを見ていると時間の経つのを忘れてしまいます

これからしばらくトヨタ博物館通いが始まりそうです

ちなみに65歳以上は通常の入場料の半額で見れるのがうれしいです

私は半額に弱いのです

 

 

 

 

('_')

 

 

 



白い車です

 

白い車です

 

 

白い車はモノクロが良いようです

 

SSジャガー100

 

ジャガー Eタイプ ”ロードスター”

 

シボレー コルペット

 

ロータス

 

マスタングのトレードマークです

 

初代マスタング1964年製です

 

 

トヨタ2000GT

 

トヨタ レクサスLTA

 

マツダ コスモスポーツL10N型

 

ニッサン フェアレディZ 432型

 

 

 

 

('_')

 

 

 



クラッシックカーです

 

クラッシックカーです

 

 

今日は終日雨という事で奥様とトヨタ博物館に行ってきました

私はあまり車には興味はありませんがクラッシックカーは別です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

('_')

 

 

 



国産車です


国産車です


ダットサン 11型フェートン(1932年)

トヨタ AA(1936年)

スバル360K111型(1958年)

マツダR360クーペ(1958年)

ダイハツミゼットDKA型(1959年)

トヨタクラウン(1955年)

ニッサンセドリック30型(1962年)

ニッサンオースチンA50型(1959年)

日野ルノーPA62型(1962年)


夢も希望も有ると錯覚できた古き良き日本国の車です
特にスバル360は庶民でも車が持てるようになった車です




('_')


 


白い車と黒い車です


白い車と黒い車です


私は白い車がお気に入りです

シボレー コルペット
(1963年・アメリカ)




SSジャガー100
(1937年・イギリス)




ニッサン フェアレディZ432型
(1970年・日本)
夢も希望もあると錯覚できた古き良き時代の憧れの車でした






マツダ コスモスポーツL10B型
(1969年・日本)
日本で初のロータリーエンジン車です
車と言えばレシプロエンジンと言われていた時代の画期的な車です
今でいうと水素燃料エンジン車の様な車でした




レクサス LFA
(2009年・日本)
世界限定500台が販売された車の様です
希少価値の高い車の様です




そして黒い車クラウンです
20111225_2203733 400.jpg

20111225_2203829 400.jpg

近は色々な色の車が走っていますが一昔前の車と言えば白色か黒塗りの車でした
そして黒塗りの車と言えばお堅い方が白塗りの車と言えばどちらかというと柔らかい方が好んで乗っていました
最近はカメラも色々な色が販売されているようです
一昔前は車と言えば白か黒でカメラと言えば黒でした
そして写真と言えば白黒が主流でした
白黒がはっきりしていた古き良き時代が懐かしいです
日本人はアメリカ的な自由主義は似合わないですね





('_')


 


クラッシックカーです


クラッシックカーです


今日は長久手市にあるトヨタ博物館に行ってきました
入場料は通常は1000円ですが65歳以上のシルバーは半額の500円ですそしてJAFの会員証を提示するとさらに100円引きの半値八掛けの400円で入場してきました
私は車にはあまり興味はありませんがクラッシックカーは別です



ロールスロイス(イギリス)です

メルセデスベンツ(ドイツ)です


以下の車の名前は分かりません
ただ撮影しただけです
私はアメリカ車より欧州車の方がお気に入りです







トヨタ車の様です


車はやはり走行している姿が美しいです
今日は午前と午後の2回実際に走行してくれました


フォードモデルA(1929年・アメリカ)


オースチンセブン(1924年・イギリス)


ダットサン16型(1937年・日本)


車を垂直にそして立体的に撮影するのはなかなか難しいです
殆どの写真は歪んでしまいます
今日も多くの車ファンが車を撮影にきていました

今日も楽しい一時を過ごさせて頂きました



('_')

 


フォルクスワーゲン ビートル


フォルクスワーゲン ビートル
 

 


20100125_600392.jpg

ニュービートル


20100124_600091 400.jpg


ニュービートルは4代目ゴルフのプラットフォームをベースに、懐かしいフォルクス ワーゲン・タイプI(ビートル)をモチーフに、ボディを架装したクルマだ。
1999年に導入された日本でも人気を博している。
デビューした当初の搭載エンジンは2.Oリッター、1.8リッターターボ、1.6リッターの3種類。
走りのフィールや乗り味はゴルフに近いが、風景の見え方は大きく違う。
ボンネットは完全に視界から外れて車幅が把握しにくいし、円弧を描くように前方に下降するフロントピラーは右折時の進行方向に向けた視界を大きく遮る。
実用的なデザインではないが、逆に言えばここまで割り切ったから遠くから見てもニュービートルと分かる個性的なデザインに仕上がったといえる。
そのデザインを好きな人が選ぶクルマである。(コピペ)



20100124_600094 400.jpg

ニュービートルという車でボデーの基本部分は4代目ゴルフをベースにして外装をVW・タイプ1をモチーフに架装した車のようです

20100115_597381.jpg

どちらかというとトヨタの1947製のトヨペットSA型乗用車に似ています

フォルクスワーゲン・タイプ1



ドイツのフォルクスワーゲン社によって製造された小型乗用車でビートルの愛称で親しまれた車で1938年から2003年までほとんどモデルチェンジされず生産され約2152万台生産された伝説の大衆車です
この車については30数年前アメリカに滞在していた時の知り合いの人がポンコツのビートルに新品のポルシェのエンジンを載せて楽しんでいた人のことを思い出します
ビートルとポルシェエではエンジンの互換性があるようです
私は基本的には車についてはあまり興味がありません
車は走れば良いというのが基本的な考えです
しかしこのビートルに関しては数十年の間このデザインがほとんど変わらないで生産され続けたというところがお気に入りです
1度友人の左ハンドルのビートルを運転させてもらった事があるがあまり乗り心地の良い車とは感じなかった事を記憶しています

それにしても個性的な車です

 

 

 


 



好きだからクルマだけです

 

好きだから車だけです

 

 

20090604_521800.jpg

安城市の歴史博物館でブリキのおもちゃ展が催されていました
熱心なマニアがブリキの自動車をデッサンしていた。


20090604_521820 400.jpg

アトム ジェット1950年代のブリキ自動車
 

20090604_521795 400.jpg

 

20090604_521799 400.jpg

GMのキャデラックやフォードのリンカーンコンチネンタル、フォルクスワーゲン、クラウン、セドリックなど精巧にできたブリキの自動車、本物と見間違えるほどだ。


20090604_521797 400.jpg


古き良き時代のアメリカの車なぜか本物より本物ポイところが素晴らしい、もっとも本物を実際に見たわけではないから解らないけど・・・・・

関連記事
古き良き時代のアメリカ車


20090604_521796 400.jpg
 

 

20090604_521802 400.jpg
 

 

20090604_521803 400.jpg


20090605_522076 400.jpg

 

フォルクスワーゲン




ミゼット
 

20090604_521808 400.jpg

これは本物、このミゼットがなぜか一番ブリキのおもちゃに見えるのがおかしい。

 

 

合掌

 

 


 



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」