沖縄で米軍ヘリ墜落です

 

沖縄で米軍ヘリ墜落です

 

 

テレビのニュースによると沖縄で米軍のCHー53大型ヘリが墜落炎上したようです

 

海上自衛隊のCH−53です

日本ではもう飛行していない古い型の機種の様です

 

 

 

 

 

 

 

 

10月12日付けの朝日新聞では事故の記事を1面と33面に大々的に報じています

この操縦士は被害を最小限にするべく最善の回避行動をとった結果です

死傷者が出ず地上での被害も最小限に止めた操縦士の判断は称賛に値するものだと想います

人間は必ず死を迎える時が来るのと同様に、航空機も何時かは”落ちる”ものだと考えるべきです

航空機を飛行させる操縦士やそれを支える整備士、その他航空機を安全に飛行させるために多くの人々が常日頃から最善の努力しているのです

そして操縦士は事故が発生した場合には「被害を最小限にするために最善の回避努力をする」のです

航空機は落ちるものです、それを政治利用して”政争の道具”にする輩が許せません

現在衆議院選挙の選挙活動が行われています

本物か?偽物か?を見極める目を養いたいものです

ちなみに、私は口ばかりの、大ぼら吹きの、偽物だという事は自覚しています

この世の中で一番怖いものは自覚症状が見えない事ではないでしょうか

常に不測の事態を想定して毎日を過ごしたいものです

そして何も不測の事態が起こらなければ感謝感謝です

この年になると不測の事態とは「不治の病とか死」ですね

 

 

 

 

 

合掌

 

 



UH−60Jです

 

UH−60Jです

 

 

航空自衛隊の三菱シコルスキーUH−60J救難ヘリです

 

#78−4505

 

 

空中給油受油ブロープを装備しています

 

 

 

 

全関節型のローターヘッドとテールローターです

ローターヘッドと胴体をつなぐこの様な細いマストでよく6t以上もある自重を支えているものだといつも思います

これらはエンジンと共にまさにヘリコプターの命です

 

 

 

 

 

 

私はこの機種は撮影するのが苦手です

なかなかうまく色が出せません

 

 

 

 

('_')

 

 

 



X−2です

 

X−2です

 

 

X−2は先進技術実証機という様で暑さには弱いようです

昨日は10月というのに気温が30度くらいまで上がったようですが飛行してくれたので感謝です

 

昨日はX−2の撮影は初めてという事で「フルオート」での撮影です

そして私の写真撮影の基本姿勢は1枚撮りが基本です

去る実は離陸と着陸で16枚撮影しました

 

着陸です

着陸は7枚撮影です

カメラのデーターによるとこの画像は「AM10:35:43」となっています

シャッタースピードは1/1250秒でF6,3での撮影です

 

#51−1001

 

 

 

 

 

 

 

離陸です

離陸は9枚撮影です

カメラのデーターによる「AM09:42:48」に撮影です

シャッタースピードは1/1000秒でF6,3となっています

 

 

 

 

 

 

 

 

飛行は通常1時間位の様ですが昨日は少し早く飛行を切り上げたようです

これも暑さの影響でしょうか?

何はともあれX−2の離着陸の画像が撮影出来て満足です

諄いようですが興味の無い方にはどうでも良い事なのです

こんな事で一喜一憂できる今の自分に感謝です

今日も名古屋空港でF−35が飛びそうな予感ですが土曜日の浜松基地の航空祭の予行まで静かに過ごそうと想っています

只、天気の方は長期予報によると明日からは傘マークが続づいています

 

 

 

 

 

('_')

 

 

 

 

 



名古屋空港 2017,10,10

 

名古屋空港

2017,10,10

 

 

岐阜基地の帰りに名古屋空港に寄ってみました、Fー35狙いなのでしょうか?多くの航空機ファンが詰めかけていました

 

三菱シコルスキーUH−60J

新造機のホバリングチェックです

 

 

陸上自衛隊のUH−1H/Jです

何故か5機が相次いで飛来です

 

#865

 

#868

 

#819

 

#916

 

#914

 

愛知県防災のヘリです

ベリータンクを装備しています

 

 

タンクを装備していない状態です

 

 

神奈川県警察のA109です

車輪を収納してのローパスです

 

 

車輪を出しています

同じ機体でも見る角度にもよりますがだいぶイメージが違います

 

 

ベル429です

”Dctor・Hell”のロゴが入りました

 

 

ロゴが入っていません

 

 

無塗装です

シンプル・イズ・ベストです

 

 

ちょっとした違いでだいぶ見た感じが違います

こんなところも楽しみの一つです

どうでも良い事でした

 

 

('_')

 

 

 

 



X−2(先進技術実証機)です

 

X−2(先進技術実証機)です

 

 

行動力基本動作十ヶ条です

「始めに結果の報告書を作成し、仕事の進行とともに空欄を埋めていけ、これを企画という」

 

 

今日こそはX−2の撮影に成功します

今日は2部構成の予感です

 

ケース1:悲願のX−2の画像を撮影する事に成功です

 

離陸の画像です

 

ここにX−2の離陸の画像の掲載予定スペースです

 

 

着陸の画像です

 

ここにX−2の着陸の画像掲載予定スペースです

 

 

ケース2:今日もダメでした

 

2016年2月11日に名古屋空港で初めて地上滑走してから実に1年8ヶ月経った現在も動いている姿すら見たことが無いのです

私は月に平均2〜3回のペースで名古屋空港や岐阜基地に行っているので少なくとも40〜50回はチャンスが有ったはずです

仕事を辞めた最近は週1〜2回のペースなので回数はもっと増えているはずです

これだけ嫌われるのも珍しい事です

まさに”縁”としか言いようがありません

まさに「片思い」、「実らぬ恋」なのです

ここまで来るとずっと会えない方が良いのかもしれません

別に会えたからどうという事は無いのですが何故か自分の目で見ないと気が済まないという性格はいけません

奥様の口癖”めんどくさい人間”です

ちなみにお金の事を言ってはなんですが1回行くのに往復6〜7時間の時間とガソリン代や高速料金、昼食代などで3000円程はかかるのです

こんな愚痴を言うなら行かなければいいのですが、分かっちゃいるけどやめられないのです

この世界の専門用語では職業病ならぬ、職業でないので単に”病気”と呼んでいます

この病気の治療法や治療薬はまだ開発されておらず相当の難病の様です

現在は死なないと治らない病気の様です

世間でよく言われている「馬鹿は死ななきゃ治らない」ですね

この様な情熱をもっとほかの方に使っていたら私の人生も違っていたかもしれません

 

空欄が埋まりました

念願のX−2を撮影することが出来ました

”想いは何時かはきっと敵うものです”

今日のこの言葉は非常に重みのあるお言葉に聞こえます

 

今日も楽しい一日を過ごさせて頂き感謝です

 

 

('_')

 

 

 

 



コスモスです

 

コスモスです

 

 

過去の私のブログ「くうふうき」に掲載したコスモスの花です

ニコンのコンデジの「CLPIXP600」での撮影です

このカメラは小型軽量で広角から超望遠まで撮影出来ブログの掲載するスナップ写真には”もってこい”のカメラでした

 

 

後方に見える街並みは安城市の市街地です

安城市は山は無く平地です

山国育ちには何か物足りなさを感じます

 

 

コスモスと蝶です

 

 

この様なショットを撮る為に何時間も待つのです

そんな時間があるのならもっと世の為人の為に労力を使えばいいと思うのです

こんな自分に最近はほとほと愛想を尽かしています

”そつ”のない人間にならないといけません

ちなみに”そつ”とは手抜かり,とか手落ち、とか無駄という意味の様です

 

 

”そつ”を漢字で書くと啐という字になるようです

啐啄同期(そったくどうき)という四文字熟語がある様です

「そつ」は雛が内側からたまごのからをつつくこと、「たく」は親鳥が外側からからをつつくことを言う様です

そのタイミングが合うと物事がうまくいくようです

最近X−2(先進技術実証機)になかなか会えないのはどうもこの啐啄同機が上手くいっていないのでしょうか?

今日は天気が良さそうですが祝日なので多分飛ばないでしょう

明日の天気予報は晴れマークです

明日は飛ぶかもしれません

ハンと出るか?蝶と出るか?明日の朝決断です

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は良い天気になりそうです

今日一日をどの様して過ごそうかと考えている一時が至福の時間です

健康で元気に過ごさせて頂いている事に感謝です

今日も楽しい一日になりそうな予感です

 

 

 

 

 

('_')

 

 

 



ファントムです

 

ファントムです

 

 

三菱マクダネル・ダグラス F−4EJ(ファントム供

ベトナム戦争の時の米海軍、空軍の主力戦闘攻撃機として活躍した様です

日本でも昭和44年から航空自衛隊で採用され140機が三菱重工でライセンス生産されたようです

 

 

F−4ファントムの後継機はF−35Aの様です

何となく私にとっては撮影が難しいところや、決してスマートとは言えないところなどは何となくF−4ファントムに似ている様な気がします

 

 

離陸です

岐阜基地は名古屋空港同様に撮影ポイントが沢山あります

どの撮影ポイントで撮影するかで大きな違いが出ます

撮影スポットを探すの楽しい飛行場です

 

 

車輪が収納された姿が美しいと想います

 

 

着陸です

着陸の撮影スポットは樹木が成長して年々狭められて来ています

 

 

なかなか気に入った写真が撮影できません

 

 

戦闘機は翼の下に増槽タンクやミサイルなどを装備していないと何か物足りない気がします

 

 

F−4ファントムもF−35の導入により絶滅危惧機の仲間入りです

何とか絶滅する前にお気に入りの構図の1枚を撮影したいものです

 

何はともあれ、この様な戦闘機とかミサイルなどは”見て楽しむもの”で決して”本来の目的の為に使うもの”では絶対に無いと想います

ある方に言わせると税金の無駄使いだという方もお見えになります

現在の世界の出来事を見ているあながちそうとも言えない様な気がします

まさに理想と現実、鉾と楯、戦争と平和です

ちなみに”ファントム”とは「幻(まぼろし)とか幻影、幽霊、お化け」、などという意味の様です

此の世の多くの出来事は「幻」です

 

 

 

('_')

 

 

 



チッカー&イーグルですです

 

チエッカーです

 

 

チェッカ―は浜松基地のT−4のコールサインの様です

浜松基地には第一航空団 第31,32教育飛行隊が所属しているようです

 

 

尾翼のチェッカーマークの下に赤(第32教育飛行隊)と青(第31教育飛行隊)のラインがあります

この機体は赤いラインが見えるので第32教育飛行隊の所属機の様です

 

 

浜松基地では基本操縦後期課程の訓練が行われておりこの過程を終了する操縦士の資格が取得できるようです

そして戦闘機パイロットを目指す課程に進むようです

 

 

今度の日曜日にには浜松基地の航空祭が予定されているようで14日(土)には予行が行われる様で奥様と見に行く予定ですが天気の方が週間予報では雨の様です

何とか予報が外れてほしいものです

 

イーグルです

 

 

イーグルはF−15の愛称です

愛称で呼ばれるようになると名機の仲間入りです

 

 

増槽タンクが3本見えます

10月4日のF−35のチェイスをしてきたようです

 

 

戦闘機は腹に色々なものを下げていた方が絵になる様な気がします

 

 

F−15戦闘機は第四世代のジェット戦闘機の様です

 

F−35ステルス戦闘機です

ちなみにF−35は第5世代のジェット戦闘機の様で現在は第6世代のジェット戦闘機を開発中の様です

はたしてどこまで進化していくのでしょうか

 

 

昨日は奥様と「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」という催しを見に行ってきましたが興味が無いと絵の素晴らしさが理解できません

 

 

この様な航空機の写真も興味の無い人にとってはどうでも良いものだという事が昨日再認識してきました

自己満足の世界です

此の世の多くの出来事はこの様なものではないでしょうか

落胆も感動もない空(くう)の世界が一番です

まだまだその境地になれません

人生一生修行です

 

 

 

('_')

 

 

 

 



川崎BK117&この想いです

 

川崎BK117です

 

 

川崎重工とドイツのMBB(メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム)が共同開発したヘリコプターで新型ヘリの開発は50対50の対等な関係で開発されたようです

1982年から生産開始以降能力を上げる為絶え間なく改良をくあえながら現在も生産を続づけているようです‿

 

川崎BK117の原型試作機の画像掲載予定スペースです

 

TRDI

川崎BK117A−4

 

TRDI

川崎BK117B−1

1988年に誕生最初の量産型からこのモデルまでに444機生産されたベストセラー機の様です

 

 

川崎BK117B−2

初代滋賀県防災ヘリ(JA6763)

 

 

川崎BK117C−1

1995年にB−1のエンジンを強化したC−1が誕生

 

 

川崎BK117C−2

C−1に比べてキャビン容積を30%大きくしデザインも丸みのあるものに変更しEC135の機体に似てきました

 

 

川崎BK117D−2

テールローターをEC135と同じ「フェネストロン(ダクテッド・ファン方式)」に変更したため外観がEC135と非常によく似てきました

フェネストロンはフランスのアエロスパシアル(後のユーロコプター、エアバス・ヘリコプター、現在のレオナルド・ヘリコプター)の特許の様です

それにしても欧州のヘリコプター会社の名前もBK117の型式同様に良く変わるものです

 

 

EC−135です

確かによく似ています

 

 

川崎BK117の原型試作機はかがみがはら航空宇宙科学は博物館が所蔵している様なのでぜひ一般公開をしてほしいものです

 

この想いです

 

 

昨日X−2(先進技術実証機)が29回目の試験飛行をしたようです

 

(飛行機マニアの方が私の愚痴を聞いてあまりにも可愛そうだからと言って頂いた写真です)

 

愚痴です

何故曇り空なのに飛行するの?

雨の日はだめ、風の強い日はだめ、気温が高い日はだめ、エンジンの調子が悪いとだめ、曇りの日はだめではないの?

何で4日でなくて5日なの?

4(し)は死に通じるからやめたの?

それにしても縁が無いという事は恐ろしいものです

連勝するのも大変ですが連敗するのも大変です

1年以上、数十回通ってまだ一度も飛行している姿を見ていないのです

天才将棋棋士は29連勝したようです

私は40連敗以上していて現在も記録更新中です

何がいけないのでしょうか?

別に金や地位や名誉がほしい訳ではないのです

ただ純粋にX−2の写真が撮りたいだけなのです

まさに策士策に溺れている状態です

会いたいという気持ちが強すぎるのかもしれません

私の本心はきっと会いたくないと想っているのです

どうでも良い事なのです

愚痴です

口が愚痴を言いたがっているのです

ブログのネタをほしがっているのです

もうX−2の事は忘れましよう縁が無いのです

 

この想いです

 

 

('_')

 

 

 



腹黒です

 

腹黒です

 

 

私は現役の頃からハラグロと言われてきました

本当は違うのです

ハラグロを願望していたのです

もう少し「腹黒い」性格だったらと悔やんでいます

こういうことを言う人とか「希望」などという美しい言葉を平気で言える方は”ハラグロ”の方が多い様です

 

離陸です

マニアの間では”上り(あがり)”と言っているようです

腹が美しいです

この様なハラでないといけません

 

 

29日の午前中に撮影です

腹を美しく撮影しようと一緒に撮影されている方とお話しながらの撮影です

 

 

自然相手のもの、動くものを相手の撮影はなかなか難しいものです

 

 

着陸です

マニアの間では”降り(おり)”という様です

午後から撮影です

ミサイルが4本装備されています

 

 

この2枚の画像の違いが分かる方は相当腹が黒い、観察力のある方です

腹が黒い事とはあまり関係がありませんね

午前中に撮影です

ミサイルが翼端の2本のみです

 

 

午後から撮影です

午前の光線とは光の強さが違います

露出補正が難しいです

 

 

昨日はいかに腹を黒くならない様に撮影するかをテーマに撮影してみました

色々な事を考えながら撮影すると面白いです

楽しみは自ら作り出すものですね

お付き合いいただいた多くの見ず知らずの皆様、”一期一会”の楽しい一日を過ごさせて頂き感謝です

またお会いできる機会がありましたらよろしくお願い申し上げます

 

 

 

('_')

 

 

 



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」