<< シリーズ今日の1枚 74 老後です | main | ブログ再開です >>

”槍玉にあげる”です

 

”槍玉にあげる”です

 

 

N国党の槍玉に上がっているNHKの報道ヘリコプターでNHK の受信料で運航されており全国で10数機、ANH(オールニホンヘリコプター)という民間のヘリ運航会社で運航されています

 

ちなみに”槍玉にあげる”とは多くの中から選んで攻撃や非難すること様です

 

 

私は基本的にはテレビは見ない主義でテレビを見るとしても民放テレビかBSテレビで公共放送のBSテレビは受信契約をしていないので常に金を払え受信契約をしろと言う変な表示が左下に出ているので全く見る事はありません

 

ちなみに世界の公共放送の受信料の最高額はデンマークの43、464円で次いでドイツの26、880円イギリスの21、823円でアメリカやカナダなどは0円でアジアでは韓国が3000円、中国、シンガポール、ベトナム、インド、オーストラリアなどは0円の様です

 

ちなみに日本の受信料は年間15、120円の様で月に換算すると1、260円の様で韓国の様に年間3、000円月に換算すると250円位が現状のNHKの放送内容、経営レベルでは妥当な線ではないでしょうか?

 

時代は変化しています

私などは最近はテレビはほとんど観ず情報源はほとんどがインターネットです

 

ちなみにNHKの調査では未払い世帯は全国で900万世帯で支払い率は72,5%の様です

 

N国党の言うテレビ受信機を購入したら強制的な受信料の徴収に反対という主張はある部分では支持したい気がしますが難しいお話です

 

このお話は税金の使われ方同様に受信料がどの様な使われ方をしているか?報道内容が公共放送としての中立性、信頼性が保たれているか?が問題の様な気がします

 

はたしてこの様な高価で高性能の維持費のかかるヘリコプターを10数機も全国に配備する必要があるの?という世界です

色々な考え方がありますが税金を払うのは国民の義務です

 

受信料も放送法という法律で支払いの義務はあります

 

だがしかし法律はご都合主義で造られたもので絶対ではありません

 

法律は時代の変化と共に変えていく必要はある様な気がします

 

な〜て税金も受信料も払っていない生活保護よりも少ない年金で細々と生活しているボケ老人の戯言です

物言わば唇寒し夏の風です

 

秋の風ではないのという声が聞こえてきます

今日は立秋です

もう秋です

 

ちなみに物言えば唇寒し秋の風とは、人の悪口を言えば、なんとなく後味の悪い思いをするたとえで余計な事を言えば災いを招くようです

 

沈黙は金です

見ざる、言わざる、聞か猿、何もせずが長生きの秘訣の様です

多言は無用です

バカだね〜

 

 

 

 

 

感謝

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」