<< キイとアカです | main | 団塊の世代です >>

あやめか?しょうぶか?です

 

あやめか?しょうぶか?です

 

”あやめ”も”しょうぶ”も漢字で書くと「菖蒲」です

しかし別物の様です

あやめ、しょうぶ、花しょうぶ、かきつばた、は非常によく似ていますが別物の様です

 

"花しょうぶ"か"あやめ"か?

勝負なんちゃって

 

2019_04280001 400.jpg

 

キショウブです

 

2019_04280025 400.jpg

 

カワセミです

カワセミもオスとメスを区別するのは難しいです

 

2019_04280021 400.jpg

 

このカワセミは多分雌ではないかと思います

鳥の先輩によると嘴の下が赤いのは雌の様です

 

2019_04280012 4002.jpg

 

知らない事にあまり深入りをしない方が無難の様です

 

論語に私の名前の「知也」の由来になった言葉があります

 

知之為知之、不知為不知、是知也

 

これを知るとなし、知らずを知らずとなす、是知るなり

 

この意味は「知っていることは知っているとし、知らない事は知らないとする、これがすなわち知っているという事」という意味の様です

ソクラテスの言葉にも「自分は知らないという事を知っている」という言葉がある様です

 

人は知っている事はほんのわずかで知らない事ばかりです

 

日本には「知らぬが仏」とい言葉があります

私の様に何も知らない方が幸せかもしれません

深く物事を突き詰めたらとてもこの様なブログは書けませんね

私は自分がバカな人間だという事を知っています

 

それにしても知也(ともや)という名前は私には重すぎました

せめて「和也」位で納めてほしかった様な気がします

あと2日で令和の時代です

 

「和して同ぜず」の大人の時代になってほしいものです

 

昨日は娘にお父さんのお話は同じことを何回もして諄くていけないとたしなめられました

確かに諄いです

娘には老人の諄いお話を聞き流す度量を身に着けてほしいものです

一昔前は人の話は半分聞いて半分は聞き流す「話半分」というのが世渡りのコツの様でした

最近は人のお話は「半値八掛け二割引き」で聴くのがよろしいようです

ちなみに私のブログのお話などは「千三つ」位で聴いた方が無難の様です

 

ちなみに「千三つ」とは千の内本当の事は三つくらいしか言わないという意味で”うそつき”の事を言う様です

嘘は良くない事ですが”嘘も方便”という言葉もありる通り、良い結果を得る手段として時には必要な事もある様な気がします

 

嘘や生意気な事ばかり書いてごめんなさい

 

20180707_2033901.jpg

 

最近このオチが受けてますが少々諄い様な気もしてきました

 

 

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」