<< 「なりゆきアフロ」です | main | あやめか?しょうぶか?です >>

キイとアカです

 

キイとアカです

 

 

昨日は午前中はいつもの公園でアカハラに遊んでもらいました

 

キイです

 

まずは私の今年の開運色の黄色です

私は基本的には黄色はあまり好みの色ではありません

ちなみに黄色の心理効果は集中力を発揮させる、判断力がUPする、記憶力を高める、注意をうながす、気分が明るくなるという様な効果がある様です

最近は集中力とか判断力、記憶力などの衰えを感じます

 

2019_04260005 400.jpg

 

そして雑草です

雑草のごとく強く生きなくてはいけません

 

2019_04260007 400.jpg

 

アカです

 

赤色の心理効果は活力を感じ気持ちを前向きにさせる、アドレナリンを分泌し興奮を促す、熱や暖かさを感じる、食欲を増進させる、時間経過を早く感じさせる、目を引き関心を集める

 

今日の一枚はこれです

枝止まりは珍しくないですが、木止まりは珍しいのではないでしょうか?

過去にあまりこの様な画像を見た事がありません

 

2019_04260023 400.jpg

 

シャッタースピードが1/250秒で撮影です

これ位シャッタースピードが上がると手持ちの撮影でもブレることなく撮影できます

 

2019_04260015 400.jpg

 

松の木の根元とのツーショットです

 

2019_04260013 400.jpg

 

平成の時代も今日を含めて3日です

世間で今「平成」最後とか「令和」の始まりと言って大騒ぎしています

また「大晦日」とか「元旦」などと大騒ぎします

単なる名称が変わる、あるいは日付けが変わるだけで本質は何も変わらないのですが、何となく何かが変わった様に錯覚したい様です

そして「昭和の時代」はとか「平成の時代」はとか「団塊の世代」はとか、「男だからとか女だから」とか「ゴールデンウイーク」はとか言う括りがお好きな様です

この様な思考をステレオタイプという様です

かく言う私は典型的なステレオタイプの人間です

現役の頃の営業トークで一番効果的な殺し文句は「皆様にご好評です」とか「皆様がそうされています」という「皆様」というのがキーワードでした

「皆で渡れば怖くない」の発想ですね

 

「令和」の時代は”和して同ぜず”の時代になる様な予感です

 

ちなみに「和して同ぜず」とは、”人と協調はするが、道理に外れたようなことや、主体性を失うようなことはしない”という意味の様です

分かり易く言うと大人の対応とか欧米人の対応とでもいうのでしょうか

半世紀前のアメリカ人の一部の方は日本人は中学生レベルと陰口を言っていた様な記憶があります

最近の評価は大学生レベル位まで向上しているのでしょうか?

一部のアメリカ人は今でも日本を上から目線で見ている事でしょう

 

分かった様な事をいうんじゃね〜

 

20180707_2033915.jpg

 

偉そうな事を書いてごめんなさい

 

20180707_2033901.jpg

 

最近このオチが好評の様です

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」