<< On topです | main | 迎春2019年元旦です >>

歓喜の歌です

 

歓喜の歌です

 

 

今日は2018年の大晦日です

大晦日と言えば何故かこの曲ベートーベンの交響曲第9番の第四楽の「歓喜の歌」です

 

 

地上にただ一人だけでも心を分かち合う魂があると言える者も歓呼せよ

 

星の彼方に必ず神は住みたもう

 

「心を分かち合う」なかなか素晴らしいフレーズです

 

私は神の存在に関しては否定的ですが最近は神様、仏様、キリスト様、奥様、女医様の様な目に見えない力がどこかで働いている様な気がすることがあります

 

地上にただ一人でも「心を分かち合える方」がおられる方は幸せです

 

私の様に自分自身にすら心を分かち合えない人間は神におすがりするしかないのでしょうか?

 

2018年のオチは「航空機は落ちない事が一番」です

空を飛ぶものは何時かは必ず落ちるものでその原因のほとんどは不明です

航空機はオチは無い方が良いようです

 

そして2018年のオチは・・・・・・

 

オチが見つからない時は”なんでやねん”です

 

なんでやねん

 

それでは皆様いいお年をお迎えください

 

「いい年こいて」バカな事ばかり言って”なんでやねん”(私の独り言です)

ちなみに「いい年こいて」とは「年不相応に言動が稚拙(ちせつ、幼稚で未熟)だったり服装が若作りだったりして不格好である様子をいう様です

 

来年も「いい年こいて」しょうもないブログを発信しようと想います

本年はお付き合いして頂きありがとうございました

来年も生きている限り発信しようと考えています

来年もよろしくお願い申し上げます

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」