<< 懐古趣味です | main | 尚古荘の紅葉です >>

国産スポーツカーです

 

国産スポーツカーです

 

 

国産スポーツカー

 

マツダ コスモスポーツL10B型

1969年

 

なかなか斬新なデザインで現在でも十分通用しそうな外観の様な気がします

 

2018_12040159 400.jpg

 

我が国初のロータリーエンジン搭載車でエンジンの排気量は491cc×2でレシプロエンジンの2000ccクラスをもしのぐ128馬力の出力が出せたようです

最近では馬力の事をPSと表記するようです

最近はロータリーエンジン搭載車が無いのが寂しい限りです

 

2018_12040162 400.jpg

 

トヨタ2000GT MF10型

1968年

 

2018_12040163 400.jpg

 

1960年代はまだ排ガス規制などに縛られる事が無く魅力的なスポーツカーが多く誕生した時代の様です

この車は3つの世界記録と13の国際新記録を樹立した高性能車で世界でも高く評価された車の様です

エンジンは6気筒ツインカム レシプロエンジン

 

2018_12040240 400.jpg

 

トヨタスポーツ800UP15型

1965年

 

パブリカのコンポーネンツを用いてコストダウンを考えて造られたスポーツカーで当時の価格で約60万円だったようです

エンジンは790ccの空冷水平対向2気筒エンジンで最高速度は155km/h出せたようです

当時はまだ今程高速道路も整備されておらずまさに宝の持ち腐れの様な車の様な気がします

 

2018_12040155 400.jpg

 

レクサス LFA プロトタイプ

2009年 

 

2018_12040164 400.jpg

 

炭素繊維強化樹脂(カーボン)製モノコックシャシーにヤマハ発動機と共同開発したV型10気筒4.8リッターエンジンを搭載する。

 

最適な前後重量配分を得るために、エンジンのフロントミドシップ搭載、トランスアクスル方式の採用に加え、ラジエーターを後輪の後方左右に配置している。

 

2018_12040168 400.jpg

 

世界56カ国で500台が限定販売された。

 

2018_12040169 400.jpg

 

トヨタ7

 

2018_12040239 400.jpg

 

最近はレシプロエンジンに替わって電気自動車や燃料電池車など自然に優しいエコカーが普及し始めています

航空機の世界もレシプロエンジンに替わってジェットエンジンが主流です

車の世界もレシプロエンジンにとって代わって電気自動車や燃料電池車の時代が近い将来訪れることでしょう

ちなみにレシプロエンジンとはガソリンや軽油を燃料として圧縮して爆発させ、ピストンの往復運動を、連結棒とクランクによって回転運動に変える方式のエンジンの事を言う様です

 

10年後20年後の世界がどう変化しているかを見てみたい気がしますが人には寿命というものがあります

そして人間は何時かは絶対に死にます

この世の中で「絶対」という事は死以外にないと考える今日この頃です

 

わずかに他人より優れているというだけの知恵や知識が、この時勢に何になるか。

そういう頼りにならぬものにうぬぼてるだけで、それだけで歴然たる敗北者だ。

(坂本竜馬名言集より)

 

 

 

 

感謝

 

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」