<< セントレア 2018,11,27」 | main | ドクターイエローです >>

”大盤振る舞い”です

 

”大盤振る舞い”です

 

 

娘が私の病気を案じて西尾市一色町にある「三水亭」でウナギを御馳走して頂きました

まさに”大盤振る舞い”です

ちなみに”大盤振る舞い”とは「盛大にごちそうしたり、気前よく物を与えたりすること」をいうようです

 

三水亭です

 

三水亭のある場所は周囲に養鰻場のハウスが点在している海抜数メートルの場所にあり数百メートル先はもう三河湾です

この看板の後方に見えるのが養鰻場のハウスです

地域で生産された農産物や水産品を、その地域で消費する、まさに「地産地消」の典型的な見本の様な光景です

 

2018_11270160 400.jpg

 

三水亭の入り口です

三水亭には完全個室、完全予約制の”はなれ”もあるようです

私の様な貧乏人には若干敷居が高そうで梯子が脚立が必要な様な雰囲気の佇まいです

ちなみに「佇まい(たたずまい)」とは立っている様子、また、そのものからかもしだされている雰囲気」という意味の様です

難しい言葉を使うと何となく教養がありそうに見えますが、本当に教養のある方は分かり易い言葉を選んで、分かり易く説明される方ですね

最近はカタカナ用語や専門用語や隠語が氾濫していて昭和世代のアナログ人間のエセインテリには何が何だかさっぱり訳が分かりません

 

2018_11270111 400.jpg

 

パンフレットです

 

2018_11270124 400.jpg

 

 

娘が注文した「ひつまぶし」です

 

この地方のご当地グルメです

名古屋の老舗のうなぎ屋さんでは連日行列が出来るようです

 

2018_11270123 400123.jpg

 

一善目はウナギのうまさをそのままに

二膳目は薬味を添えて

 

2018_11270132 400.jpg

 

三膳目はお茶づけにしてどうぞ

娘のひつまぶしを分けてもらいお茶づけにして頂きました

食欲がなくても別腹で頂けました

 

2018_11270146 400.jpg

 

奥様が注文した「特丼」です

 

2018_11270123 4001.jpg

 

二層に重ねられたうなぎはふたつの食感をお楽しみいただけます

こだわりのタレがふっくらご飯にしみ込んだ深みのある味わいです

 

2018_11270140 400.jpg

 

私が注文した特上重です

 

”お父さん!この店で一番高いものを注文しりゃ〜”です

この気風の良さは奥様譲りの様です

私は貧乏性でケチなチキン野郎なので自分には分不相応な贅沢な様な気がしてしまいます

この様な人間に限って好きな事やギャンブルなどの道楽には湯水のごとくお金を使うのです

一時期、道楽をして大きな借金をした事が今となっては悔やまれます

過去を悔やんでも仕方がありません、明日の事は神のみぞ知るです

今を精一杯生きるのみです

”もし紙に見放されたら、自らの手で、うんをつかむ”しかありません

何か変換間違えをしている様な気がします

一昔前のトイレの壁に書かれていた落書きの名言です

「もし神に、見放されたら、自らの手で、運をつかむ」です

娘に話したら何の事か分からないという答えです

今の時代はウォッシュレットの時代で紙などは使わない様です

私は「ぽっとん便所世代」で新聞紙でお尻を拭いていた様に記憶しています

お食事の中の時にはふさわしくないお話でした

 

2018_11270123 40012.jpg

 

2018_11270137 400.jpg

 

今日は息子は仕事で不参加です

 

老人には少々量が多過ぎます

奥様はご飯を半分以上残してしまいました

私は手前の四切れとご飯を半分頂いて満腹で残りは娘に食べて頂きました

食欲旺盛な健康な時に食べておけばと悔やまれます

 

お金の事を言って野暮なお話ですが、これで税込3800円は今のご時世ではお値打ちだと想います

名古屋などではとても頂けないお値段の様な気がします

三水亭さんさりげなく宣伝してみましたよ〜

宣伝などしなくても口コミで来ていただけますよね

 

2018_11270119 400.jpg

 

 

デザートです

 

ソフトクリームです

味は三種類で娘は抹茶、奥様はバニラ、私はミックスを注文しました

ミックスが正解の様でした

 

2018_11270155 400.jpg

 

この年になると良いものを少し頂くのがよろしいようです

それにしても娘の心つかいには「感謝」そして「ありがとう」です

普段は質素倹約の娘もやる時はやるものです

まさに老いては子に、奥様、女医様、神主様に従えですね

良い冥土の土産話が出来ました

この辺で辞めておけよという声が聞こえてきます

 

 

 

 

感謝

 

 

 

昨日アップした記事ですがイントロ部分が娘よりダメ出しが出たので再校正してみました

校正も奥様から変換間違えではというダメ出しが出そうです

我が家の女性陣の構成はなかなか厳しくていけません

構成?、厚生?、攻勢?、後世?、公正?、向性?・・・・・・・

日本語は難しいですね

 

石燈籠と紅葉のツーショットを狙ったのですが企画倒れ賞です

 

2018_11270157 400.jpg

 

今日は娘が夕方の便で戦場に戻る様でセントレアまで送りがてら昼食はこの「大盤振る舞い」の返礼をしないといけないのかな〜

今日は息子が仕事が休みの日なので息子にお願いしようかな?

一寸先の事は分かりません

 

以上は昨日のブログに構成を変更して加筆してみました

 

 

 

感謝です

 

 

 

 

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」