<< 秋穫祭です | main | 新城ラリー前日です >>

”ここまでやるか〜”です

 

”ここまでやるか〜”です

 

 

MBB(メッサーシュミット・ベルコー・ブローム)ドイツ製 Bo105でのアクロバット飛行です

ヘリコプターでここまでやるか〜です

 

 

数十年前にはヘリコプターは宙返りは出来なというのが定説でした

現在では陸上自衛隊の国産ヘリのOH-1他数機種は宙返りが出来る性能があるようです

ただしこの様な事ができるパイロットは限られていますね

私も若かりし頃少し飛行機やヘリの操縦をかじった事がありますが、プラスのGはある程度までは耐えられましたが、マイナスのGは内臓が口から飛び出しそうでなかなか耐えられなかった記憶があります

おかげで歯はボロボロ、最近では内臓は膵臓半分そして胆管、大腸を相当量切除です

若かりし頃は”知らぬが仏”で相当無茶な事をしましたが流石にここまではする気にはなれません

まさにラジコンヘリの世界です

理屈ではラジコンヘリで出来る事は実機でもできる事は頭では理解できてもいざ実践となると厳しいものがあります

今想うと人間の潜在能力は計り知れないものがある様な気がします

ベトナム戦争でヘリボーン作戦を経験されたヘリのインストラクターにお前の操縦はどんなに優秀なパイロットでも真似が出来ないと言われたことを想い出します

早い話が下手糞、世間知らず、怖いもの知らずの馬鹿野郎という事の様です

それだけヘリのインストラクターを信頼していたから出来たのですね

日本では考えられない事です

人間の頭もパソコンも能力、性能の数%位しか使っていない人がほとんどの様です

同じ人間としてもったいない気がします

お金も頭も使い方次第ですね

まさに「考え方が変われば行動が変わる、行動が変われば成果が変わる、成果が変われば人生が変わる」ですね

現役の頃営業研修で散々洗脳教育をされました

私の様に、なかなか洗脳されない人間は競争社会では落ちこぼれ、敗者、貧乏人になってしまいます

同じ人間でも無駄な負け戦ばかりして生きてきた人と、負け戦はうまく人に押し付け、啐なく勝ち戦ばかりをしてきた人では長い年月で大きな開きが出来てしまいます

 

それにしても上には上があるものです

まさに”ここまでやるか〜”の世界です

知識、理論ばかりの頭でっかちの啐なく勝ち戦ばかり戦ってきた人種や、興味の無い、何事においても無関心な人種にとっては”バカか〜”の世界ですね

人生色々です

何が良かったかは最後まで分かりません

 

目指すは人生の勝利者です

 

41XYMaxKCCL__SX355_BO1,204,203,200_.jpg

 

人生の勝利者たれ

元横浜高校硬式野球部監督「渡辺元智」さんの書かれた本です

人生の勝利者とは?

51対49かな?

良い事半分、そうでない事半分、プラス、マイナスゼロそれより何か1つ良い事があれば人生の勝者です

その一つとは?

言葉や文章では表現できない事の様な気がします

言葉や文章で表現すると”な〜ンだそんな事か”という様な事の様な気がします

ここで辞めておきなさい、”それを言っちゃ〜お仕舞よ”と言う天からの声が聞こえてきます

私はどうしても最後の一言が余分の様です

バカだね〜

 

 

 

 

 

合掌

 

 

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」