<< 追悼困任 | main | 登録有形文化財兇任 >>

追悼擦任

 

追悼擦任

 

 

固定翼編です

 

水上機です

陸上ではなかなか見ることが出来ない貴重な画像です

 

d0268793_035118 400.jpg

 

ダイヤモンド エアクラフト DA42

JA666C

レシプロエンジン搭載の双発機で機体はカーボン合成繊維で作られており軽量で燃費が良い機種の様です

 

d0268793_03834100 400.jpg

 

パイパーPA46−350P

JA34NA

レシプロエンジン搭載の軽飛行機です

 

d0268793_0305394 400.jpg

 

 

世界一周飛行です

 

Nナンバー、C-Fナンバーの機体は世界一周レースで名古屋空港に飛来した飛行機の様です

 

ソカタTBM−850

N894EA

パイパーPA46と外観上はあまり変わりませんがこちらはターボプロップ機でジェット機です

飛行している姿ははじめて見る機種です

 

d0268793_0261618 400.jpg

 

陸上自衛隊の連絡機LR-1です

三菱MU-2の自衛隊仕様です

三重県の明野基地で何度か見たことがありますが飛行している姿は撮影出来なかったのが残念です

航空機の撮影は御朱印の様なもので自分で撮影したものは身近に感じ航空雑誌や他人が撮影した画像とは一味違うのが拘りでした

師匠がお亡くなりになり師匠が撮影したものは弟子が引き継ぐのが世の習いです

師匠のものは弟子のものですね

 

d0268793_0432878 400.jpg

 

三菱MU-2(N50ET)です

民間型のMU-2は見たことがありません

 

d0268793_015470 400.jpg

 

ピタラスPC-12

N825MK

 

d0268793_0265660 400.jpg

 

ロックウェル690B

N690BH

 

d0268793_0223959 400.jpg

 

ビーチクラフトC90A

JA8846

この機体は登録抹消されて存在していません

「とうちゃぽん師匠」のお気に入りの撮影ポイントから邪魔な存在の場所に駐機されていた事を想い出します

10年近く名古屋空港に通いましたが何故か私はこの機体が飛行している姿を一度も見る事はありませんでした

私にとっては貴重な画像です

 

d0268793_14233032 400.jpg

 

セスナ510(C-FMNL)
C-Fはカナダの登録記号でこの機体はカナダ機体の様です

 

d0268793_9115340 400.jpg

 

セスナ680(N510WD)

Nで始まる登録記号はアメリカ機です

 

d0268793_2254115 400.jpg

 

 

JAナンバーです

 

国土が狭い日本では飛行機よりもヘリコプターの方が馴染むようです

 

セスナ560(JA002A)

JAで始ま登録記号は日本です

朝日新聞社の社有機の様です

 

d0268793_053165 400.jpg

 

セスナ525(JA525A)

 

d0268793_1744042 400.jpg

 

 

番外編です

 

ソーラーインパルスです

主翼に太陽光発電用のパネルを敷き詰め電気で飛行する電動機です

小型機などで実用化される日が来るかもしれません

夢のあるお話です

この様な挑戦で航空機のすそ野を広げ航空機が自動車並み、鉄道並み、に普及することが日本の航空機産業の発展につながる様な気がします

まだまだ日本の航空界は一部の限られた人達のエンスー(熱狂者、熱中する人、ファン)の特別な世界の様な気がします

 

d0268793_112673.jpg

 

日本では小型飛行機と言えばセスナでした

これらの写真は興味の無い方にはどうでも良い写真ですが私にとってはまさに宝物です

今回でひとまず「とうちゃぽん師匠」の追悼記事は終了させて頂きます

「とうちゃぽん師匠」の事は過去の経歴や個人的な事は何も知りませんが、亡くなられる寸前まで好きな航空機の撮影に没頭され最高の人生ではなかったかと思います

この生き様はきっと息子さんに何らかの形で引き継がれて行く事でしょう

息子さんが”とうちゃん”の背中を”ぽん”とたたく姿が目に浮かびます

子煩悩な「とうちゃぽん師匠」と「とうちゃんを慕う息子さん」の子供の頃の微笑ましい光景が目に浮かびます

 

職業には貴賤は無いが生き方には貴賤がある

ある職人さんのお言葉です

生まれる時は順番ですが旅立つときは順不同人生の大先輩のお言葉です

長く生きる事も大切で価値のある事ですが、もっと大切な事は”どう生きたか”ではないか?

「とうちゃぽん師匠」はこの様な事が言いたかったのかもしれません

素晴しい人生の落とし前をつけられたと想います

終わり良ければすべて良しです

 

「とうちゃぽん師匠」のご冥福を心よりお祈り申し上げます

 

 

 

 

合掌

 

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」