<< 追悼犬任 | main | 登録有形文化財です >>

追悼垢任

 

追悼垢任

 

 

「とうちゃぽん師匠」と私「ヒポポタマス」との合作です

「とうちゃぽん師匠」と私とでは10年一昔という言葉がありますが10年以上の開きがあります

「とうちゃぽん師匠」の時代ではベル47はもうほとんど飛行していなかったのではないでしょうか

「とうちゃぽん師匠」はベル47世代とロビンソン世代の境目の世代を生きられた方の様です

 

ベル47G-2 です

初飛行は1945年でまさに商業用ヘリコプターの原点です

 

20180220_1939755.jpg

 

ヒューズ269Bです

初飛行は1956年の様です

ベル47の初飛行から11年後の開きがあります

1968年に読売新聞社が新規登録した機体の様です

ベル47の陰に隠れた名機で自衛隊でも一時期初等練習機として使用されていた時期が有ったようで自衛隊でもベル派とヒューズ269派が有ったようです

まさに現在の陸上自衛隊のエンストローム480の様な存在だったようです

 

20180209_1932237.jpg

 

ロビンソンR22です

初飛行は1975年でベル47の初飛行から20年後の事です

ロビンソンR22の出現でヘリコプターも軽飛行機並みの身近な存在になってきたようです

 

d0268793_852353.jpg

 

ヒューズ500です

現在で例えるとロビンソンR66の様な存在の機種です

 

20180414_1975101.jpg

 

横浜市消防局

AS365C1(JA9544)

 

d0268793_23585220.jpg

 

初代名古屋市消防局

SA316 B(JA9093)「なごや」

 

d0268793_2346224.jpg

 

かがみはら航空宇宙博物館に展示されていたSA316Bです

現在は展示されていません

 

20180509_1992728.jpg

 

べル204Bです

ベル47、ヒューズ500と共に一時代を築いた機種です

 

20180509_1992729.jpg

 

海上保安庁

ベル212(JA9562)

旧塗装で非常に貴重な画像です

 

d0268793_0202058 400.jpg

 

AS332L1(JA9965)

1989年に新規登録され29年経過した機体ですがまだ現役で飛行しています

 

d0268793_11305955.jpg

 

AS332L1(JA9660)

こちらも1987年に新規登録され30年以上経過していますがまだ現役で飛行しています

 

d0268793_11401678.jpg

 

東京消防庁のAS332です

 

20180509_1992726.jpg

 

全日空のシコルスキーS61です

 

20180414_1975104.jpg

 

私は飛行機やヘリコプターの写真をダンボールひと箱分程ありましたが度重なる引っ越しで殆ど失ってしまった事が悔やまれます

「とうちゃぽん師匠」も沢山の過去に撮りためた画像をお持ちの様ですが、世に出ることなく埋もれてしまうのが残念でなりません

生前何度もデジタル化してブログにアップする事を進言しましたが実現することなくお亡くなりになられたのが残念でなりません

「とうちゃぽん師匠」の事は名古屋空港でお逢いした姿しか知りませんが好きな事を最後までされ人生を終わられたという事はまさに究極の自己満足な人生を送られた方ではないかと思います

この様な表現は適切ではないかもしれませんが「世間一般の価値観からすればまさに人生の落ちこぼれ」かもしれませんがこの様な生き方は多くの方々の心の中に生き続け、心の糧になる事でしょう

「とうちゃぽん」の由来は”とうちゃんぽん”と子供さんがつけてくれたあだ名だそうで、この由来を説明して頂いた時の笑顔が印象的でした

「とうちゃぽん師匠」の想いはきっと息子さんに何らかの形で引き継がれる事でしょう

「とうちゃぽん師匠」の様にいつまでも心の中で生き続けて頂ける人間を目指したいものです

心よりご冥福をお祈り申し上げます

 

同じお話を何回もしている様な気がしています

奥様にもたびたび指摘されます

同じお話を何回もするという事は老化現象の始まりボケの始まりという方がおられます

それは事実です

その他にも事実を述べているという事です

現役の頃県条例違反で警察で取り調べを受けた経験があります

同じ事を手を変え品を変え何度も何度も繰り返し聞かれた想い出があります

ウソを言うと、どこかで辻褄が合わなくなってくるようです

多言は無用の様で沈黙は金です

私の様に何も考えずに想いついた事が何でも言える人間は世間ではバカという様です

バカは最後までバカを貫くのが仁義です

なかなかお話の落とし前が付けられません

まだ人生の落とし前も付けられません

 

 

 

合掌

 

 

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」