<< 冗談半分です | main | 三種の神器です >>

戦後です

 

戦後です

 

 

戦後の日本の自動車産業の進歩は目を見張るばかりです

 

「トヨペット クラウン デラックス」

 

1957年豪州一周モービルガス・ラリーに初参戦して見事に完走してトヨタの技術を世界的に証明した車の様です

 

20111225_2203829 400.jpg

(トヨタ博物館にて撮影)

 


TOYOTA Racinng TF107

トヨタV8/2398cc(CRVX-07)エンジン搭載
総重量600kg
ドライバーを含んだ重量です



 

 

TOYOTA TF109

この車は2009年F1世界選手権の最終戦アブダビにおいて小林可夢偉選手が6位入賞した時の車のようです
このレースを最後にトヨタは2000年にFIに参戦して以来1度も優勝することなくF1より撤退しました


20100310_612984 400.jpg

(トヨタ会館にて撮影)


 

LEXUS LF-A No50

 

2010年ニュルブルクニク24時間耐久レースに参戦してクラス優勝した車両の様です

エンジンはV型10気筒で排気量は4805ccの様です

トヨタ会館に展示されています

 

2018_09140111 400.jpg

 

 

LEXUS LF-A No14

 

2009年ニュルブルクニク24時間に参戦した車両の様です

エンジンはV型10気筒で排気量は4805ccの様です

トヨタ鞍ヶ池記念館に展示されています

 

2018_09140038 400.jpg

 

 

ハイラックスです

 

エンジンは2400cc 直列4気筒で使用燃料は軽油の様で燃費の方は11,8km/Lの様でお値段は約330万円の様です

 

2018_09140103 400.jpg

 

トヨタ自動車は2018年8月9日、5大陸走破プロジェクトの第5弾を実施することを発表した。

同プロジェクトはトヨタ自動車や関連会社の従業員が実際に運転し、現地で日常的に使われている道を走ることで人材を育成するもので、2014年にオーストラリア、2015〜2016年に米州、2017年に欧州を走った。

 2018年は8月末から11月初旬にかけて、東アフリカと南部アフリカで1万5000kmを走る。

一般生活道路に加えて、未舗装路や高地山岳道路、サファリ、砂漠などで、「ランドクルーザー」「ハイラックス」「フォーチュナー」など四輪駆動車を走らせる。

今回は、スズキや日野自動車、トヨタ車体の従業員も参加した混成チームとなる。

(五大陸走破プロジェクト記事より引用)

 

 

14代目の現在のクラウンです

 

クラウンのイメージがだいぶ変わりました

 

2018_09140096 400.jpg

 

初代クラウンを現代に例えるとこんな感じだった様に想います

トヨタの最高級乗用車センチュリーでお値段の方は2000万円近くする様です

 

2018_09140109 400.jpg

 

私が小学生の頃は自動車は憧れの的でした

これから自動車はどの様に進化していくのでしょうか?

 

 

 

 

 


合掌

 

 

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」