<< 切手です | main | トヨタの企業記念館です >>

1970年代の名古屋空港です


1970年代の名古屋空港です 


全日空ボーイング737

20080102_270595 400.jpg


全日空 フォッカー F-27

フレンドシップ

 

20080102_270594 400.jpg

全日空は当時フォッカーF−27 を20数機在籍しておりそのほとんどがインドネシアやオランダに売却されたようで日本国内で展示されているところはないようです。

ちなみにターボプロップ双発(固定翼)はJA8601からJA8638まで25機登録されていた機体は1974年までに全て日本から抹消されている。

 

ジャンボ機です

 

20090731_542299 400.jpg

 

ソ連の旅客機です

貴重な画像だと自画自賛です

 

20090612_524761400.jpg

全日空 ビーチクラフト 

20080102_270597 400.jpg

ビーチクラフト ボナンザ
 

20080102_270599 400.jpg

セスナ152です

日本で小型飛行機と言うと「セスナ」が代名詞になっている今でも小型飛行機のことを「セスナ」と言う人がほとんどだそれくらい日本人に親しまれている飛行機がセスナです、

この「セスナ152」は2人乗りの飛行機でまずは日本で飛行機の練習を始める人はこの機体ではじめるのがほとんどでした


20071230_267571 400.jpg
(1970年代の名古屋空港で撮影)

パイパーチェロキーです

パイパーチェロキーはセスナと並ぶ練習機で、4人乗りの飛行機で「セスナ機」と大きく違うのは「セスナ機」はほとんどの機種が高翼ですがチェロキーは低翼が主流でした、
高翼と低翼とどちらがいいのか解らないが、高翼のほうが下方視界がいいのは確かで、なぜ日本で小型機と言うとに「セスナ機」と言われるくらいに「セスナ機」ばかりなのか不思議です。


20071230_267570 400.jpg
(1970年代の名古屋空港で撮影)

チェロキーのコックピット

アナログ計器が並んでおり安心する今のようなデジタル計器は苦手です、時計は針が無いと安心できないし、飛行機はプロペラが回っていないと安心できない、そんなアナログ世代です。

20071230_267577 400.jpg

 

ベル47G-2 です

 

20080102_270590 400.jpg

 

ベル47G-3KH-4です

 

20080102_270593 400.jpg

 

シコルスキーS-58です

 

20080102_270622 400.jpg

 

SA315B ラマ

20110823_2008086 400.jpg

 

いまから半世紀近く前の名古屋空港です

小型機はレシプロエンジンが主流でアメリカ製の航空機がほとんどでした

特にセスナは小型機の代名詞でした

 

 


 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」