<< ミニSL&パノラマカーです | main | 機械遺産です >>

梅小路蒸気機関車館(京都鉄道博物館)

 

梅小路蒸気機関車館

京都鉄道博物館)

 

 

 

梅小路蒸気機関車館は、1972年昭和47年)年に、日本の鉄道開業100周年を記念し、貴重な交通文化財である蒸気機関車を、末永く後世に伝えるために、博物館として誕生した。

(梅小路蒸気機関車館パンフレットより転記)

2016年より「京都鉄道博物館」に名称が変わったようです

20081005_419851 400.jpg

梅小路蒸気機関車館の正面玄関は旧二条駅舎で日本最古の木造駅舎のようで、京都市の指定有形文化財に指定されているようです
この駅舎は玄関と資料展示館を兼ねており、C-11の実物のカットモデルや投炭練習機などが展示されています
かねてから一度行ってみたいと思っていましたが、今回願いが実現しました、

今回のスチーム号は「D-51」でしたが期間ごとに「C-62」や「C-11」など動態保存されている蒸気機関車が実際に走行するようです。
朝早く家を出て名古屋から名神高速バスで片道3時間弱のバスの旅でしたがあっという間の半日でした、機会があったら再び訪ねたい梅小路蒸気機関車館です。


 

入館記念券です

 

20081005_419852.jpg

 


20081006_420511 400.jpg
(平成20年10月4日 梅小路蒸気機関車館にて撮影)

20081005_419868 400.jpg
(平成20年10月4日 梅小路蒸気機関車館にて撮影)

 

 

扇形車庫(重要文化財)と転車台です

扇形車庫とは、その姿が扇が開いたような蒸気機関車の車庫をいう、明治の時代の車庫はレンガ造りの長方形の小規模なものが一般的でしたが、大正・昭和の蒸気機関車黄金時代になって、より多くの車両を収容できる扇形車庫と転車台が一体となって建設されるようになりました。

(蒸気機関車館パンフレットより転記)

20081005_419846 400.jpg


 

20081005_420005 400.jpg

 

 

20081005_419848 400.jpg

 

20081005_419849 400.jpg

C-55です

1935年(昭和10年)に誕生した中型旅客用テンダー機で63両製造されたようです。
1978年(昭和58年)ころまで走っていたようです。
D-51、C-62とともに屋外展示されていた、動態保存されている機体のうちの一台です


20081005_419840 400.jpg
(平成20年10月4日 梅小路蒸気機関車館にて撮影)





20081005_419839 400.jpg
(平成20年10月4日 梅小路蒸気機関車館にて撮影)


C-62 シロク二です

昭和23年生まれ
今年60歳の還暦になります
仲間は49両、東海道本線で特急列車をけん引していたことを記憶しています
プロ野球の国鉄スワローズのマーク「つばめ」マークが印象的です
当時の国鉄スワローズは金田正一投手以外では勝てなかった事を覚えています
現在でいうと「横浜」「楽天」のような球団だった(「横浜」そして「楽天」ファンの皆様冗談です)


20081005_419826 400.jpg

(平成20年10月4日 梅小路蒸気機関車館にて撮影)





20081005_419817 400.jpg
(平成20年10月4日 梅小路蒸気機関車館にて撮影)

 D-51 デゴイチです 

京都の梅小路蒸気機関車館でD-51が実際に走っていた、片道500m往復で1kmの走行だが、なかなかの迫力だ。
昭和11年から20年にかけて1115両製造されたようだ、蒸気機関車と言えばD-51(デゴイチ)蒸気機関車の代名詞のような機関車で今でも公園などに展示され保存されている。


20081004_419692 400.jpg
(平成20年10月4日 梅小路蒸気機関車館にて撮影)



20081004_419694 400.jpg
(平成20年10月4日 梅小路蒸気機関車館にて撮影)



20081004_419689 400.jpg
(平成20年10月4日 梅小路蒸気機関車館にて撮影)



20081004_419691 400.jpg
(平成20年10月4日 梅小路蒸気機関車館にて撮影)

 


番外編です

 

蒸気機関車は記念切手にも良く取り上げられます
 

20100315_614324 400.jpg

 

 

20100315_614279 400.jpg

 

 

20100315_614281 400.jpg

ケ90
特殊狭軌専用タンク式蒸気機関車
20160902_1637335.jpg
以上の記事は2008年に「風天の四男坊」に掲載した記事を再編集して掲載です

現在は退院したばかりで外出する時は奥様の付き添いが無いと少々不安です

早く一人で自主自立して行動できるようにリハビリと身辺整理に励んでいます

まさに生きているだけで丸儲けの感謝感謝の毎日です

 

('_')

 

 

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」