<< トンボです | main | 明野基地兇任 >>

明野基地靴任

 

明野基地靴任

 

6,富士重工 AH-64Dです

AH−1Sの後継機のはずの新戦闘ヘリコプター
お値段がバカ高いようです
米国ボーイング社製で富士重工がライセンス生産で全13機を調達するようです


20141021_1364491 400.jpg



20141021_1364489 400.jpg



20140927_1331727 400.jpg


ローターマストの頂部にはAN/APG−78ロングボウ・レーダーを搭載

 

20171107_1871420.jpg





 


 




愛称は”アパッチ”と呼ばれているようです

 

 

7,三菱重工 UH-60JAです


米国シコルスキーエアクラフト社製で日本では三菱重工がライセンス生産
UH-1J多用途ヘリコプターの後継機


20141021_1363407 400.jpg

航空自衛隊が救難ヘリコプターとして運用しているUH−60Jです
小牧基地航空祭で撮影です


 







今回の撮影テーマはバックです
意外とバックも見慣れていないせいか新鮮です




視点を変えてみると今までとは違った機体のように見えてきます
子供は親の背中を見て育ちます
ヘリおたくもヘリの背中を見て育ちます
意味が分かってしゃべっているのという奥様の声が聞こえてきます
ボケたふりをするのも大変です


8, 川崎重工 CH−47J/JAです


米国ボーイング社製で日本では川崎重工がライセンス生産
人員なら55名貨物なら9tを搭載して200kmの行動半径があるようです

 

20140313_1028135 400.jpg

JA型です
燃料タンクを増加させ洋上飛行が出来るように機首に気象レーダーなどが収められている様です





同じ機種でも塗装でだいぶイメージが変わります
上の写真は小牧基地の航空祭での撮影です

J型です
JA型とは機首の形などが少し違います




陸上自衛隊では30機以上保有しているようです
今回の東日本大震災では人員輸送や物資輸送で大活躍したようです




徹底的にバックに拘ってみました
このヘリコプターなかなか絵にならない機体です
ところが意外とバックは絵になります
新しい発見です
ちょっと視点を変えると面白いですね


 




何か人の顔か深海魚の顔に見えてきます

20120516_2381113 400.jpg

新しい発見です
 

 

 

('_')

 

 

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」