<< チェロキーです | main | ピンクの花です >>

ヘリカタログ カマンK-1200です

 

ヘリカタログ

 カマンK-1200です

一度実物が見たいと思っていました
ついに吉野まで行って見てきました



メインローターが交差反転式という珍しい機体です

 




エンジンです
アライドシグナルT53−17Aというようです
出力は1800shpのようです


この機体とエンジンで3t近く吊り上げることが出来るようです



操縦席の計器と操縦桿です
アナログ計器が良いですね
この機体は一人乗りです



スロットルとローターブレーキです    

     

機体外部のも計器がついています
これは下部を目視するためだそうです
そして右は外部電源取り入れソケットのようです

 

荷物室と前部の様子です

 

アカギヘリコプターの整備士さんここまでしていただきありがとうございました
6時間かけて行った甲斐がありました

!(^^)!

 

ヘリコプターカタログ 25

カマン K-1200



JA6236

交差反転式メインローターを装備する珍しい機体です
二重反転式メインローター機同様にテールローターを省略できその分メインローターのパワーロスが軽減できより多くの荷重を運ぶことが出来るようです



 


 




このようにテールローターがありません
愛称はK-MAXというのでしょうか




エンジンはアライドシグナルT53-17A(1800shp×1)で”shp”とは軸馬力のことを言うようです
タービンエンジンなど原動機の軸部に現れ実際に利用できる出力のことを言うようです
同クラスの大きさのヘリコプターのエンジンの軸馬力が300shp〜600shpに比べるといかに強力なエンジンを搭載しているか理解できます




操縦桿と計器です
操縦桿には無線機のスイッチや外部フックの切り離しのためのスイッチやトリムタブを操作する装置がついています
ヘリコプターの操縦は両手、両足と親指、人差し指、小指などを使って操縦し
ます



重量物を吊り下げて運搬するように設計されているようです
吊り下げ用のフックです
このフックの最大荷重は6000LBS(2722kg)と書かれています




ちなみにこのヘリコプターの運搬性能は低高度では2720kg、高度2400mでは2270kgを吊り下げて運搬できるようです
まさに空飛ぶクレーンというところでしょうか
今度は飛行している”カマン Kー1200”を撮影したいと思っています

以上の画像はアカギヘリコプター吉野基地にて撮影です
撮影にご協力していただいた整備士様にこの場をお借りしてお礼申し上げます
ありがとうございました

宣伝です
ヘリコプターのご用命は”アカギヘリコプター”まで
ヘリコプターでどんな利用法があるかといいますと
遊覧飛行とか我が町の航空写真撮影などが思いつきます
我々の様な老人世代では空からの「散骨」という方法がありますがこれは航空法等の問題もありますので・・・

お問い合わせは下記まで
http://www.akagi-heli.co.jp/



、 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」