<< あいち航空ミュージアム兇任 | main | あいち航空ミュージアム犬任 >>

あいち航空ミュージアム靴任

 

あいち航空ミュージアム靴任

 

 

”あいち航空ミュージアム”の入り口に飾られていた祝い花です

この地方の一部の地域では祝い花は家に持ち帰る事ができる風習があるようです

店の開店祝いの飾り花は早いときなどは1時間位で無くなってしまう時もある様です

名古屋などでは祝い花は早く無くなった方が縁起が良いとされている様です

この風習にも暗黙のルールがある様なのですが最近はルールを拡大解釈して持っていく人達がいるようです

風俗、習慣も時と共にだんだんと都合よく解釈して当初の趣旨とはかけ離れて変化するのは世の常です

 

 

MH−2000ヘリコプターのエンジン部分です

私はメカに弱い為、無性にこの様なものに憧れます

 

 

ローターヘッドです

この様なものを考えた人は素晴らしいと想います

人の頭もお金と同様にどこにどう使うかで長い間にはだいぶ変わってきます

どうでも良い事に頭とお金を使うかどうかの差の様です

 

 

それにしてもこの様なものを造る人の技術力には頭が下がり尊敬してしまいます

同じ人間でも色々です

私の様な”ま〜いいか”という様ないい加減な考えの人間にはとてもできない匠の技です

この様のものを考える人も素晴らしいですがそれを造る人も素晴らしいものです

そしてそれを飛ばす人も素晴しと想いかす

もの造りの世界は嘘が通用しない厳しい世界でしたが最近はデーターの改ざんなどが報じら何かにつけタガが緩んできている様に感じます

”あんたは昭和か”と言われそうです

日本の古き良き伝統の職人気質の復活が望まれます

 

 

テールローターです

メインローターのトルクを打ち消すためと、方向蛇の役割をはたしているようです

ヘリを落とすには刃物は要りませんここを壊せばすぐに落ちてきます

この操作は両足で操作するようです

 

 

この二つの計器はエンジンとメインローターに関係する計器の様です

 

ENGINE TORQUEと書かれてあります

多分RとLの針を同調させて緑色の範囲内で運用するのでしょう

この計器は私は初めて見る計器です

 

 

ROTOR

ローターの回転計の様です

こちらも3本の針を同調させて緑の範囲に収めるのでしょう

最近はコンピューター制御で同調させピッチレバーを操作するだけで済む様ですが、ベル47の場合は手動でオートバイのアクセルの様なスロットルレバーとコレクティブルピッチレバーを微妙に操作して操縦していた様に記憶しています

ヘリコプターは両手、両足、両手の指を微妙に操作してバランスを保って飛行するとても繊細な乗り物だった様に記憶しています

最近はコンピューター制御でだいぶ性能が向上し操縦士の負担も軽減されてきている様です

その反面ヒューマンエラーによる事故が多発してきている様です

 

 

この施設も数年先には閑古鳥が鳴きそうな予感がします

最大のネックは入館料です

この程度の公共施設では無料もしくは最大でもワンコインというところが妥当な線ではないでしょうか

もしくは年間パスポートの導入とか屋上の展望デッキのみの利用を可能にするなどの検討を希望する次第です

この施設も一度見れば”ま〜いいか”です

御上も机の上でものを考えずに現場の声を聴いて、頭とお金の使い方を考えてほしいものです

小さな子供にまでそっぽを向かれる様ではいかがなものでしょうか

行政もまさに作用反作用の法則の様に常にトルクがを打ち消す努力が必要な気がします

良い事をすれば必ず悪い事も起きるのはヘリに限らず世の常ですね

どうでも良い事でした

不満があれば行かなければ済む事ですね

何もしない事が一番です

なかなか空の境地にはなれません

まだまだ未熟です

人生一生修行です

 

 

 

 

('_')

 

 

 



コメント
昨日は勝手に移動しまして、失礼いたしました。

このミュージアムですが、本日は昼過ぎまで30分〜1時間も入場待ちが起きていました。
開館したばかりなので当然かと思いますが、入場券を手売りにしている所為ではないかと小生は思っています。
どのみち年内いっぱいかと思いますが、計画年間入場者35万人なんてとてもとても難しかと思います。
開館イベントも終わる明日からは閑古鳥が鳴いていいる気がしますね。
このミュージアムを企画した県職員(出入業者?)さんが子供を連れて毎月でも来館されるか伺いたいものです。
  • とうちゃぽん
  • 2017/12/04 12:48 AM
とうちゃぽん師匠

昨日は行列ができる程の盛況でしたか?
年間35万人の来場予定ですか?地元の航空機愛好にそっおぽを向かれてはとても無理な数字の様な気がします
一般のお客さんよりもボランティアの方の方が多いなんて事になりそうですね
それにしても温厚なとうちゃぽん師匠がここまで怒るという事は相当頭にきていますね('_')
まさに企画倒れ賞で失敗ですね
早急に屋上展望デッキの開放をお願いしたい気がします
また名古屋空港でお会いした折はよろしくお願い申し上げます
  • ヒポポタマス
  • 2017/12/04 4:57 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」