<< 紅葉狩りです | main | 今年のベスト10候補です >>

岐阜基地航空祭2017です

 

岐阜基地航空祭2017です

 

 

今日は今日は岐阜基地航空祭2017が開催されるようです

天気の方は終日晴れの予報です

 

今年の航空祭の目玉は民間機による民間人が操縦する曲技飛行の様です

私は2011年に福井空港で見た記憶があります

この機体はドイツ製のエクストラEA300という機体で耐空類別では曲技A類の曲技飛行専門の飛行機の様です

エンジンは出力300馬力のレシプロエンジンで最大速度は220kt(約400km/h)で荷重制限は±10Gで曲技飛行することが出来る機体の様です

このクラスの機体の最大速度が約200km/hに比べると相当早く飛行出来る機体の様です

曲技飛行機専門の飛行機は他にも複葉機のピッツS−2Bという機種もあるようです

小型機の曲技飛行は戦闘機やブルーインパルスの様な機動飛行や曲技飛行とは違った迫力があって面白いです

 

 

そしてブルーインパルスです

最近では今年の10月14日に雨の中浜松基地で予行を見に行ってきました

この画像は2014年の浜松エアーフェスタの予行です

ブルーインパルスも米国空軍のサンダーバーズのF−16戦闘機や海軍のブルーエンジェルスのF/A−18ホーネット戦闘機の様にF−2戦闘機での曲技飛行が見たい気がしますが実現は無理の様です

これからもT−4でいくとなればイギリス空軍のレッドアローズの様に9機位の大編隊で行わないと、今のままだと何となく物足りなさを感じてきました

 

 

今日も全国から多くの航空機ファンが岐阜基地を訪れる事でしょう

私は今回はお休みです

最近はだんだんと”ま〜いいか”が多くなってきました

だんだんと病気が快方に向かっているのでしょう

もう少しすると人生の大先輩の様に抜け殻になってしまいそうです

世間では人間が丸くなってきた、とか悟りが開けてきたなどと言われます

健康寿命を延ばす秘訣は”憎まれっ子世にはばかる”の例えの様に嫌われ者にならないといけないようです

そしてその人が亡くなって初めてその方の偉大さが徐々に分かってくる様な人間を目指したいものです

最近やっと両親や兄や姉、叔父、叔母の偉大さが理解できる様になってきました

まさに大器晩成の極みで、上ばかりを見て生きてきた偉大なる末っ子のフーテンの四男坊です

心の底から”懺悔”と”感謝”、”すみません”と”ありがとう”が言えるようになれば人間は完成の様です

言う事は簡単な事ですが実践となると難しい事です

私はまだまだ未熟で出来ません

人生一生修行です

 

 

 

 

('_')

 

 

 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」