<< 阿弥陀籤 | main | 親爺バンド >>

モノクロームです


モノクロームです


モノクロームのスナップ写真です

近所の公園で写してみました

何故か新鮮に見えます






最近若い女性の間でモノクロ画像が静かなブームの様です





アサヒペンタックス






学生時代工事現場のアルバイトをして購入した中古の1眼レフカメラです

当時は相当高価な買い物でした

このカメラにはTTL露出計は付いていません

露出とシャッタースピードは撮影の都度設定しなければなりません

36枚撮りのフイルムでまともな写真は数枚です

歩留まりの悪いカメラでした

露出計のついたペンタックスSPはとても学生の身分では購入できる代物ものではなかった様に記憶しています

残念な事に当時撮影した写真は数年間の自分探しの放浪の旅の間に紛失してしまいました

以下の写真は数少ない当時撮影した写真です





この写真は40年程前に東京ヘリポートで写した写真です

200mmの望遠レンズを使用したと記憶しています

当時はシャッターを押すのに相当の決心が必要でした

フイルム代、現像代そしてプリント代と1枚の写真には相当のコストが掛かりました

この写真は私のお気に入りの1枚の写真です

東京ヘリポートで40年程前に撮影した警視庁のベル204Bと言う機体です

私はベルヘリコプターの主翼の付け根に直角についているスタビライザーバーがお気に入りです

オタクなのですね〜(^−^)





ベル47G−2です

1947年生まれの63歳で世界初の量産型民間ヘリコプターです

現在国内ではベル47G−2Aが2機現役登録されています

青春時代の思い出の写真です

この頃はまだヘリコプターというものがが今ほど認知されていない時代でした

当時はヘリコプターと言えばベルとシコルスキーが主流でした

現在はアメリカ製よりもEC製のヘリコプターが多いようです

すぐヘリの話になってしまいます

今回はモノクロ写真の話です

モノクロ写真がもっとも効果的な写真はこの様な写真ではないでしょうか


五竜岳


八方尾根から立山連邦五竜岳を望む写真です

父のお気に入りの写真で実家の居間に大きく引き伸ばして飾っていたのを思い出します

父の口癖は”自然は素晴らしいが反面怖いものだ”でした

父と私は折り合いが悪くあまり話をする事もありませんでした

この年になって何となく父がこの写真を居間に飾っていた意味か解る様な気がして来ました

父はこの写真を居間に飾ることで私に”何か”を伝えたかったのでしょう








ラフティングです


40数年前の写真です

長良川をゴムボートで下りました

当時はラフティングなどと言うスマートな言葉はありませんでした

ブレた画像が迫力のある写真にしています

モノクロのなせる技です

この写真はある地方新聞の地方版に小さく載った写真です







ケイビングです


洞窟に潜る事をケイビングと言うようです当時はこんなスマートな言葉はありませんでした








地下数十メートルの暗黒街の写真です

まさに黒の世界です







カラー写真とは一味違うモノクロの世界です

最近はカメラ機材の進歩で簡単にしかも実物より美しく撮影できるようになりました

モノクロの時代は”何か”不便でも解りやすい単純な時代だった様な気がします

カラーの時代になって”何か”便利になった反面、解り難い複雑な時代になった様な気がします

モノクロの時代に一時期”シンプル イズ ベスト”と言う言葉が流行りました

今年の流行語大賞の特別賞は早稲田の斉藤投手の”何かを持っている”が選ばれました

中日の落合監督は”何かが足りなかった”とコメントしました

今の時代”何か”がキーワードです

便利で豊かさと引き換えに”何か”大切な物を失った様な気がします

白黒からカラー

アナログからデジタル

川下りからラフティング

洞窟潜りからケイビング

くみ取り式トイレから水洗式トイレ

大きな変化の時代を生きました

そしてモノクロ写真は現像からプリントまでカラー写真の様に人の手を借りずに出来ました

そこが何とも言えない良さでした

オタクなのですね〜(^−^)

毎年12月に日本漢字能力検定協会から発表される「今年の漢字」に”何”はどうでしょうか?(^−^)


”モノクローム”


この言葉の中に”何か”の中の一つが隠されているかもしれません

”何か”の意味が解った時私は長い旅に出るのでしょうか?

これからしばらくは”何か”を追い求めて生きて行きます

馬鹿は死ななければ解りません

”何か”を”空”とか”自然”なと置き換えると何か答えが出そうかな・・・・・・・・・・

まだ修行が足りません

これから先も”何か”を求める放浪の旅が続きそうです

これからの時代”物質的な豊かさ”から”心の豊かさ”の時代に変化する予感です

今から数十年前の貧しくとも何となく夢と希望のあった時代がよかったな〜

カラーからモノクロームです




(^−^)





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」