<< 100回記念大会です | main | 職人です >>

知立まつりです


知立まつりです 
 


知立神社です

「知立神社」は安城市の隣の知立市にあります

知立市には知立警察署というのは存在しない珍しい市です

私が70年以上生きてきた常識の範囲内では警察署が無い市は知立市位かな?です

ちなみに警察業務は安城警察署の管轄の様です

どうでも良いお話でした

20100503_626655 400.jpg

「知立まつり」は知立神社の祭礼で1年おきに”本祭”と”間祭”が5月の2日と3日に行われ、今年は”本祭”の年で山車(だし)が市内を運行しました
祭りの歴史は江戸時代から続いており、山車の上で山車文楽やからくり人形芝居が上演されるようです

 


山車(だし)です

中新町

20100503_626575 400.jpg

西町

20100503_626647 400.jpg

梶棒(かじぼう)連です

梶棒は山車の方向を決める大事な役回り
梶棒連は
10人で組織され、8名が梶棒に付き、2名が梶見となり山車操作の合図をします.
 山車後方の梶棒を肩で担ぎ上げ、方向を変えたり、山車を回転させたりするのは見所の一つです
梶見の一声で一糸乱れず指示どうり動きます

 

20100503_626651 400.jpg


 

20100503_626656 400.jpg

山車蔵です

山車を保管する本町の山車蔵です
最近建設された様です
なかなか立派です
知立ではほとんどの町内が祭りの時だけ仮設の山車蔵を設けるようです


20100503_626658 400.jpg

ちなみに日本三大山車祭りは
京都市の祇園祭、
滋賀県長浜市の長浜曳山祭、
岐阜県高山市の高山祭の様です
この地方では半田市の山車が有名です
お祭りは”しきたり”が重んじられます
最近は段々と”しきたり”より”法律、規則”が優先する世の中になって来ました
そして踊る阿呆より見る阿呆が多くなりました
見る阿呆の最たる者が私です


(^−^)

踊るあほうになれない自分に少し寂しさを感じます

 


山車(だし)

知立市で5月2日と3日知立まつりが行われている、
一年ことに「本祭」と「間祭」が行われる、
今年は「本祭」の年のようでです、

 

20080503_348726 400.jpg


山車は「宝町」「山町」「中新町」「本町」「西町」の5町からそれぞれ一台ずつ5台の山車が旧東海道を連なって知立神社に向かって行進して行き、午後2時から知立神社で「本楽」が上演された。
この地方では半田市が5年に一度「はんだ山車祭り」が10月に行われる昨年第6回の「はんだ山車まつり」が行われ10地区31台の山車が市内を廻った、今度は平成24年に行われる。
年々若者の数が減り山車を動かす人手が減り苦労しているようです、
以前は祭りを通して人間関係を学び、地域のシキタリなどを学び人間を磨いてきたが、少子化と個人主義の教育の結果かしらないが、だんだんその傾向が希薄になってきたのは寂しいかぎりです。
祭りでは良く「踊る阿呆に見る阿呆どうせ阿呆なら踊らにゃソンソン」と言って見るより自分で踊ったほうが楽しいと言う傾向にあったが、
最近は高学歴化で若者はお利口さンになってしまい、踊る阿呆より見る阿呆が多くなってきた事が寂しいかぎりです。

 


手筒花火です


隣町の知立神社では毎年9月の第3日曜日に市内6町の若者による手筒花火が奉納されます

 

20100920_660993 400.jpg
 


20100919_660887 400.jpg

この地方では”手筒花火”と言うと東三河の豊川市が有名です
豊川の手筒花火は長さが1m位ありますが知立の花火は30cm位で10人ほどの若者が輪になって行われます
上半身裸で行う町内もありました
熱そうです


20100920_660984 400.jpg

 

 

20110919_2054572 400.jpg



20100919_660877 400.jpg

30数年この地に住んでいますが今年初めて見に行ってきました

20100919_660886 400.jpg


すごい迫力です

炎の高さは10m位でしょうか?
数十秒の命です


20100919_660891 400.jpg


フィナーレです

多くの見物客の見守る中2時間のショーのフィナーレです

20100920_660985 400.jpg

今年再度手筒花火の撮影に挑戦してみようと想っています

まずはこの時まで体調の回復が目標です

開催日は来月の第三日曜日です

 



合掌







 



コメント
 火の粉にも負けず伝統を守ってますね、終わってから痛みと共に達成感を感じるのでしょうね、ご当地にもまだまだ見残しているものが有りますね。
  • ジョッキー
  • 2010/09/20 7:59 PM
ジョッキーさん
手筒花火見てきました、迫力満点でしたよ
上半身裸の町もありました、確かに火の粉にも負けずに伝統を守っていますね
一昔前は15人が輪になって揚げていたようですが最近は10人が一組で揚げているようです
ここも人手不足、後継者不足なのでしょうか?
やけに高齢者が目立ちます(^−^)
  • 風天の四男坊
  • 2010/09/20 9:15 PM
うわーこれはすごいお祭りですね?
裸に火の粉は見ているだけで痛そうですけど・・・。
nakasama こんにちは
隣町のお祭りです毎年9月の第3日曜日に行われるようです
最近は若者がまつりに参加する人がだんだんと少なくなってきているようです
以前は上半身裸で15人で行われていたようですが現在は10人で行われていますまつりの様式も時代とともに変わって来ているようです
顔の表情をアップで撮影できると良かったのですがね・・・・・(^−^)
  • 風天の四男坊
  • 2010/09/21 10:35 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」