<< 航空安全の日です | main | 天文現象です >>

みじめな老後です


 

 みじめな老後です

2010年1月13日の記事です

 

 


20100113_596971 400.jpg

このヘリコプター陸上自衛隊のH-13Hと呼ばれており愛称は「ひばり」と言います
自衛隊では指揮、連絡、広報、救難などで活躍した機体です
この展示機はある町の郷土資料館の現役の展示品です


20100113_596970 400.jpg

 




ドアは破られ計器などはありませんたぶん泥棒に盗まれたのでしょう

エンジンは錆だらけです
案内板には自衛隊から無償貸与されたと書かれています
この埃の積もり方からすると相当の期間ほったらかしにされているのでしょう
せめて埃と草位は取ったほうがなどとおもってしまいます

 

 

20100113_596973 400.jpg

 

エンジンも錆びています

詫び寂びの世界とはちょっと違う様な気がします

せめて油でも吹き付けておけばと想います

 

20100113_596972 400.jpg


現役のころはこんなに輝いていました
ベル47を愛する者としては寂しい限りです

 

20080102_270590 400.jpg

 


 ベル47の老後兇任
2011年2月14日の記事です

久し振りにベル47に会いに行って来ました
何故か綺麗になっていました
草も刈られ、埃も拭きとられていました
ある友人が言っていました
年をとったら身だしなみに気をつけないといけないよと
やはり老人は身だしなみは小奇麗にしないといけませんね〜
ベル47は1947年生まれの当年64歳です
現在日本で2機しか現役登録されていません


20110210_889117 400.jpg

何故か若々しくなったような気がします
ちょっと嬉しくなりました
ちょっとした事に感動するお年頃になりました


20110210_889120 400.jpg


まだ野ざらしのほうが元気がいい

富士重工KM-2
海上自衛隊の初等練習機です


20100113_596985 400.jpg

 

20100113_596989 400.jpg

 

 

20100113_596988 400.jpg


野ざらしのKM-2のほうが雨風にさらされても元気に見えます
無視されるより雨風にかまってもらっているほうが元気なのでしょうか?
どうでもいい話です
こんな見方をするのは老人のヒガミでしょうか?

 


KM-2練習機”こまどり”

海上自衛隊の初等練習機でT-34メンターをベースに富士重工で62機製造された機体のようです
初飛行は1956年で1998年3月で全機退役して現在は富士Tー5練習機が使用されているようです
KM-2のエンジンはレシプロエンジンで後継機の富士T-5練習機のエンジンはターボプロップエンジンのようです


KM-2練習機 #201−6247
20150606_1653273.jpg

この機体は幸田町の歴史資料館の敷地に屋外展示されています
ここには他にも航空自衛隊のF-86F戦闘機や陸上自衛隊のベル47機が展示されています


F-86F戦闘機 #743

20150606_1653349.jpg

公園や資料館、博物館などで蒸気機関車や飛行機やヘリコプターなどを展示しているのを良く見かけます

展示した当初は管理も行き届いて綺麗ですが年月が経つとスクラップ同然の状態になってしまっている展示物を良く見かけます

世間でよくある出来事です

 

2018_08020007 400.jpg

 

この様に綺麗に管理されている展示物もあります

ちょっとした事が気になるお年頃になりました

”他人の振り見て我が振り直せ”ですね

ちなみに”人の振り見て我が振り直せ”とは、「他人の行動を見て、良いところは見習い悪いところは改めよ」ということの様です

他人の事は良ところも悪いところもよく見えますが、いざ自分の事となるとなるとからっきし見えないというのが世の常です

一番知っている様で知らないのは自分自身ですね

自分は何でも知っている、自分が一番正しいと錯覚して生きる事が一番です

何も知らない方が幸せです

知らぬが仏ですね

まだまだ未熟です

人生一生修行です

今日からお盆です奥様の先祖のお墓に墓参りに行こうと想っています

「千の風になって」の歌詞の一説ではないですがお墓には誰もいない事は分かっています

本当は自分の心の中にいるのです

お墓を見て我が身を振り返るです

誰もが頭では理解している事ですがいざ実践となるとなかなか難しい事の様です

墓を守るとは?

そんな事を真剣に考えるお年頃になりました

バカは死ぬまでバカを通すのが筋ですがお盆位は正気に戻るのが人の道の様な気もします

 

 

 

 

 

 

合掌

 

 

 




 



コメント
ほんと かわいそうですね。なんか昔よくあった納屋にほかってある脱穀機みたい
 展示機といえば整備員時代どうしても部品がすぐ欲しくてゲートの近くに展示してあるF86から共食いしたことあります。見つかるとやばいんでのんびり休憩してるフリしてやってたの思い出しました。確かに野ざらしのほうが綺麗ですね
  • jaiv
  • 2010/01/14 9:20 AM
km-2 見たらまた飛行機で飛びたくなりました。ULP覗きに行こうかなあ。風天さん一緒に行きましょう。今三重県は近いです。
  • jaiv
  • 2010/01/14 9:26 AM
ジャイブさん久しぶりです
それにしてもひどいよね〜
自衛隊からの借り物のようですよ
もう少ししっかりと管理しないとまずいですよね
F−86も展示してありますよ〜
話は変わりますがマイクロさんがウルトラクルーザー1号機の嫁入り先を探しているようですよ
ジャイブさんどうですか?
  • 風天の四男坊
  • 2010/01/14 1:24 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」