<< デンパーク です | main | ドルニエ228 >>

ヤマアラシノのジレンマ


ヤマアラシのジレンマ





最近は職場でも近所付き合いでも人間関係で悩んでいる人を多く見かけます

私もどちらかと言うと人間関係が下手な一人で人間関係でよく悩みます

ある講習会で紹介された話ですが、ショーペンハウエルというドイツの哲学者が例え話として「ヤマアラシのジレンマ」という話があるようです

<2匹のヤマアラシが互いに身を寄せ合って温まろうとするがトゲが刺さるので近づけない「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求のジレンマを表している>

解決方法は「適度な距離」を保つことではと結んでいる

「適度な距離」これがなかなか難しい

価値観の多様化、個人主義そして高学歴化の時代これからますます難しくなってくる気がします

「価値感は自ら創り、それを自ら守り育てる、他人が創った価値観に振り回されるのはナンセンス、自分の価値感を認めてほしければ相手の価値観も認める、それが自立であり自由では・・・・・・」

30数年前のロスで生活していた時のアメリカ人の友人の言葉を思い出します

当時私はこの考えを受け入れることができませんでしたが最近その意味が少し理解出来るようになってきました

相手の価値感を理解し認めるということは自分自身が自立していないと出来ない事かもしれません

日本人には馴染まない考え方かもしれませんね




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」