<< 路面電車です | main | 五竜岳です >>

第45回、 第47回衆議院選挙です

 

第45回、第47回衆議選挙です

 


第45回 衆議院選挙
2009年8月26日の記事です

 

 

政治ネタはブログには馴染まない事を承知で掲載です

 


20090826_551355 400.jpg

安城市のスーパーの前に「麻生総理」が「大村秀章議員」の応援演説に駆け付けた。

いつものように、「日本を守れるのは自民党」
どうやって日本を守るの?
自慢話ばかりでむなしいです。
多くの人が集まりましたが、反応は冷ややかです。

こんな日本に誰がしたのこころだ〜

20090826_551354 400.jpg

 


麻生さん笑ってる場合じゃないよ

麻生総理と大村議員の表情を見ていると温度差を感じます


20090826_551353 400.jpg

 


おいらは必死なんだよ〜


たのむよ〜まったく

”笑ってる場合じゃないだろう”という表情に見えます

 

20090826_551362.jpg

大村議員のこの顔を見ると自民党愛知県連会長としての今回の選挙の厳しさがうかがわれる

20090826_551352 400.jpg

 


テレビカメラ
 

20090826_551358.jpg

私はどちらかというと選挙より「テレビカメラ」の方が興味があります。
ニュースで流されるのはほんの一瞬です。
そのために数時間、準備と待機です。
テレビカメラは所定の場所でしか撮影できないようです
今日のテレビのニュースの映像が各社ほぼ同じなのはこのような事情からです。

 

20090826_551361 400.jpg

 

 

20090826_551359.jpg
 

 

第45回 衆議院選挙

2009年8月30日

政権交代です

選挙結果です
民主308 対 自民119


20090826_551362.jpg
(愛知県連会長 大村秀章議員)


愛知小選挙区「15対0」のコールド負けです。


「大村秀章議員」は比例でかろうじて当選
愛知県でただ一人の自民党衆議院議員です。
予想はしてたけどこれ程の大敗になるとは・・・・・

 


民主党政権の誕生です

 

はたしてどんな政治が行われるのか?



あまり多くは期待できないと思います。
只々今より悪くはならない事を願うのみです。


新しい歴史の始まりです。


チェンジ?

今年の漢字一文字は「惨」で決まりです。
今日はNHKの出口調査に協力しました、10人に一人位の割合で調査していました。
調査の内容は投票した議員の名前、比例の政党名、投票した理由など10項目くらいでした。

 

第46回衆議院選挙

2012年12月16日

 

自由民主党294議席を獲得して政権奪回です

民主党は308議席から57議席に議席を減らし大敗です

まさに天国から地獄です

 

 

第47回衆議院選挙

2014年12月14日


盛事は説かず、遂事は諫めず、既往は咎めず

この言葉の意味は
”すんだことははとやかく言わない、やってしまったことは批判しない、過去の過ちは非難しない”
という意味のようです

今回の衆議院選挙の結果を見てこんな風に自分に言い聞かせています




「すんだ事をとやかく言いたくありません」がそれにしても今回の52,66%という戦後最低の投票率の低さは驚きます
特に若者の投票率の低さは問題です
「やってしまった事は批判しません」がせっかくの選挙権を放棄するという事はもったいないことです
「過去の過ちは非難しません」がバブル経済の再現は問題です
安倍政権に望む事は数の力でこれからの日本の行く末を誤らない様にして欲しいものです
集団的自衛権
原発再稼働
沖縄の基地問題
消費税、政治資金などお金のお話
地方分権
少子高齢化
などなどお金だけでは解決できない重要な問題が山積みです
格差社会を進行させるのではなく、一昔前のようなほとんどの人が中流と錯角できる世の中の再現を民意は求めているような気がします
中央集権から地方自治、大企業優先から中小企業優先の政策の発想の転換を期待したいです
北風と太陽の発想です
人は
夢と希望があれば自然と財布の紐も緩みます
好きな事に対してはどんな努力も惜しみません
この世のできごとの多くは錯角です
錯角と言うとわかりにくいです
表現は露骨で適切ではないかもしれませんが早い話が騙し合いです
安倍さんもっと国民をうまく騙してください
あなたの本心は見え見えですよ〜

ま〜そんなところが分かり易くて良いのかもしれませんね

 

ここからは加筆です

この時は日本国民の多くの人は民主党に期待しましたが完全に裏切られて政治不信に陥って現在に至っています
民主党に過大に期待した自分が馬鹿でした
ちなみに私はこの選挙では自民党にも民主党にも投票はしませんでした
私の人生は万年野党で野党の中でもそのまた野党です
政(まつりごと)は何時の世でも大変です
ちなみに「政」とは”国家・社会を正しくおさめる事”という意味の事の様です
最近の「政」を冷静に観察していると一部の政治家や高級官僚の方々は”頭では理解されているようですが本当の事は何も分かっていない”典型的な世間知らず”の方々が多い様です
かくいう私も”典型的な世間知らず”の人間です
もう少し世渡りが上手だったらと最近やっと気づき始めました
ちょっと気づくのが遅かったようです
ま〜いいか
合掌


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」