<< 宇宙エレベーター | main | 翼よ、あれがパリの灯だ >>

雨にも負けず


雨にも負けず

皆に木偶の坊とよばれ 
褒められ「雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫な身体をもち 
慾はなく 決して瞋らず いつも静かに笑っている 
一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ 
あらゆることを自分を勘定に入れずに 
良く見聞きしそして忘れず 野原の松の林の蔭の 小さな萱葺小屋にいて 
東に病気の子供あれば 行って看病してやり 
西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負ひ 
南に死にそうな人あれば 行って恐がらなくてもいいといい 
北に喧嘩や訴訟があれば つまらないからやめろと言い 
日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き 
もせず 
苦にもされず 
そうゆうものに 私はなりたい。」


宮沢賢治の「雨にも負けず」という詩だ、このような詩が好きだという価値観を持った人に過去に何人か出会ってきたことがある.

厳しい競争社会では、このような生き方をしている人は「褒められもせず 苦にもされず」「木偶の坊とよばれ」割の合わない人生を送っている.

世の中の人がすべてこのような考えの人たちになったら世の中は成り立たない、しかしこのような価値観を持った生き方をする人たちの生き方をほんのちょっと「苦にし、褒めてあげる」そんな社会になるといいな〜


 あまくないかい・・・・







 



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」