霊場巡り In 岡崎垢任

 

シリーズ 三河新四国、三河三十三観音

霊場巡り In 岡崎垢任

 

 

昨日は奥様と岡崎市内にある三河新四国第三十一番札所から第三十六番札所5寺と三河三十三観音霊場の第十番札所から第十二番札所の3寺を巡ってきました

奥様は私の我儘と暴走と罵声にギブアップでそんなに文句ばかり言うなら次から一人で回れと引導を渡されてしまいました

金庫番とブレーキ役がいないと猪の私は暴走してしまうのが心配です

ちなみに昨日の走行距離は77,2kmで歩数は4348歩で目標の5000歩まで後少しでした

只、第三十一番札所の「吉祥寺」と第三十五番札所の「法蔵寺」は山道を登ったので実質は7000〜8000歩位歩いた位の体力の消耗の様な気がします

 

 

三河新四国 第三十一番札所

万燈山 吉祥寺

 

 

山道を10分程かけて登りました

着いたらお寺の横に駐車場がありどっと疲れが出てしました

 

2019_04120004 400.jpg

 

 

三河三十三観音霊場第十一番札所

衣文観音 いっしん寺

 

2019_04120047 300.jpg

 

このお寺は「三河三十三観音霊場」の他にも「愛知梅花漢音第一札所」や「国際親善平和観音三十三観音霊場第一番札所」や「東海四十九薬師霊場第三十八番札所」でもある様です

 

光浄静か?清浄光か?

 

2019_04120009 300.jpg

 

早速インターネットで検索してみました

清浄光(せいじょうこう)が正解の様です

意味は「十二光の一つで無量寿経において説かれている、罪垢(ざいく)を洗い流す清らな阿弥陀仏の光明」という意味の様です

戦前は横書きは右から左に書いていたようです

縦書きの名残でしょうか?

この様か事を話題にするとは私も歳をとったものです

昭和は遠くなりにけりです

 

2019_04120009 400.jpg

 

白寿観音です

 

2019_04120010 400.jpg

 

白寿観音様の足元にひざまずく老夫婦です

長寿の祝いには60歳の還暦(かんれき)、70歳の古希(こき)、77歳の喜寿(きじゅ)が一般的に知られていますが80歳を傘寿(さんじゅ)、88歳の米寿(ねいじゅ)そして99歳の白寿(はくじゅ)という事は今まであまり知られていませんでした

最近では長寿社会になり70歳代はまだまだ現役で80歳を過ぎてやっと老人と言われる時代になって来た様な気がします

私は還暦と古希はクリヤーしましたが喜寿まで生きれるかが微妙なところです

せめて母親が亡くなった74歳までは生かさせて頂きたいような気がします

こんな事を言っている人間に限って結構長生きするかもしれません

すべては寿命で誰にも明日の事は解りません

 

2019_04120011 400.jpg

 

幸福の鐘です

いっしん寺は加賀前田家ゆかりの寺で衣文(そぶみ)観音とも呼ばれ親しまれている様でこの鐘の重さは4,2トンあり岡崎市で最大の鐘の様です

(案内板より)

 

2019_04120021 400.jpg

 

 

三河新四国 別格霊場 第三十五番札所

三河三十三観音霊場 第十二番札所

檀林 法蔵寺

 

2019_04120046 300.jpg  2019_04120047 3001.jpg

 

このお寺は元は「出生寺」と称したお寺で竹千代君(徳川家康の幼名)が手習いに通った由緒あるお寺の様です

(法蔵寺のパンフレットより)

 

2019_04120029 400.jpg

 

東照宮です

家康公が戦勝祈願した境内の神社を起源とし、旗本の寄進により修復された様です

(法蔵寺のパンフレットより)

 

2019_04120034 400.jpg

 

何故か新撰組の近藤勇の銅像です

新撰組と親交のあった京都の住職が法蔵寺に移った縁でこの地に埋葬された様です

(法蔵寺のパンフレットより)

 

2019_04120038 400.jpg

 

外に出ると七人の敵に出会うと言われ、ムカつく事やイラつく事が多いですが、それと同時に新しい発見や感動に出会えて楽しく幸せを感じます

適度なストレスと適度な喜びや感動が長生きの秘訣の様です

ハイリスク、ハイリターンからローリスク、ローリターに何事においても頭を切り替える必要がある様な気がします

この世の中、何事においても副作用が伴う様です

出来る事なら何も見ずに、何も聞かずに、何も言わず、何もしない事が一番の長生きの秘訣の様なのですが頭では理解できてもなかなか実践できません

”知らぬが仏”何も知らない方が幸せです

まだまだ「空(くう)」の境地に到達できず未熟です

人生一生修行です

 

観音様のご真言です

ヲン マカ キャロニキャ ソワカ

 

今日も外は良い天気ですが昨日は調子に乗って暴走しすぎて疲れたので今日は終日休養日にしようかと思いますがどうなる事やらです

 

 

 

感謝

 

 

 



霊場巡り In 岡崎犬任

 

シリーズ 三河新四国、三河三十三観音

霊場巡り In  岡崎犬任

 

 

昨日は家でじっとしていようと思いましたがあまりの天気の良さに墓参りを兼ねて出かけてしまいました

昨日は岡崎市内の三河三十三観音の七番から9番そして番外の2寺と三河新四国の1寺の5寺を巡ってきました

走行距離は48,8kmでした

昨日は意外と効率よく巡る事が出来ました

只岡崎城周辺の道路は花見客で渋滞がひどかったです

今日も家康行列で岡崎城周辺の道路は交通規制される様です

まさに春本番で行楽シーズンのスタートを感じます

遊びのプロにとっては土日祝日は休養日です

 

番外

極楽寺です

 

2019_04060022 400.jpg

 

番外とは「予定された番数 (ばんかず) ・番組・順番などにないこと、 正規の委員や議員などではなくて、その席に列する者とか普通のものとかけ離れて違っていること」を言う様です

私は何故か番外という言葉に親しみというか、共感というか、そういうものを感じます

私の人生を振り返ってみるとほとんどが番外の様な状況の人生だった様な気がします

色々な面で「普通」とはかけ離れた生き様だったのでしょうか?

 

2019_04060010 400.jpg

 

合掌です

 

2019_04060011 400.jpg

 

番外

三河善光寺 無量寺です

信州育ちの私にとって「善光寺」という言葉は非常に親しみを感じます

 

南無阿弥陀仏です

 

2019_04060006 400.jpg

 

三河三十三観音霊場巡りの方は18寺(内番外4寺)で達成率は42%で、三河新四国の方は八十八札所の内50札所(内別格1)で御朱印を頂き達成率は55,6%です

まだまだ満願、結願までの道のりは道半ばです

奥様に言わせると”そういうものではない”様な気がする、というご意見もあります

確かに”そういうものではない”様な気もします

そうゆうところが普通ではなく疎外感を感じる原因の一つかもしれません

何はともあれ外に出て刺激を受け「適度なストレス」を感じることが長生きの秘訣の様な気がします

 

今日も良い天気ですが毎日がサンデーの遊びのプロはサンデーは休養日です

 

生かさせて頂けているだけで丸儲けで感謝感謝です

 

 

 

感謝

 

 

 

 



霊場巡り In 豊田靴任

 

シリーズ三河新四国、三河三十三観音

霊場巡り In 豊田靴任

 

 

昨日は豊田市内にある第5番札所から第14番札所まで10の札所を巡りました

八十八札所の内四十九札所を巡り半分強巡った事になります

ちなみに昨日の走行距離は91,2kmでした

このペースで行くと満願するには1000km以上の走行距離になりそうです

これから「霊場めぐり In 岡崎機↓供↓掘∪照機き供↓掘∨川、蒲郡機き供廚搬海ます

今の体力では一日3〜4寺巡るのが限界の様な気がします

まだまだ満願の道のりは遠い様な気がします

”慌てず、焦らず、ゆっくりと”です

 

2019_04040074 400.jpg

 

第七番札所

真言宗醍醐派 準別格本山 金谷庚申

三光寺

 

2019_04040017 400.jpg

 

 

2019_04040023 400.jpg

 

第八番札所

三光寺山内 護摩堂

 

2019_04040013 400.jpg

 

この仏様は合掌地蔵という様です

肩に一しゃく、頭に一しゃく お水をかけてから

オン カカカビ サンマエイ ソワカ

とお唱してお願い事をしてください

(案内板より)

私は基本的には神様、仏様、キリスト様にはお願い事はしない主義ですが、最近少し心境が変わってきたような気がします

このお地蔵様のお顔はとても穏やかなお顔をされている様に見えます

 

2019_04040056 400.jpg

 

愚痴聴き地蔵さんです

言っても何ともならないが言わずにはおれない「ぐち」、聞き手がへたに相槌でも打てば共犯にされてしまいそうな「ぐち」、そんな愚痴を黙って聞いて腹に収めて忘れて下さるのが「愚痴聴き地蔵さん」のご利益です

(案内板より)

愚痴とは「言っても仕方がない事を言って嘆く事」という意味の様で、また「心情が愚かで一切の道理にくらい事」を愚痴という様です、

一種の「心の迷い」ですね

最近は愚痴が多くていけません、また愚痴を聞いて頂ける人も少なくなってきました

この年になると”愚痴を言う立場”から、愚痴を”聞く立場”にならなくてはいけないのですがまだまだ修行が足りません

私は当ブログで愚痴を書いて発散しています

 

2019_04040040 400.jpg

 

第十三番札所

三河越戸 観音院

 

2019_04040050 400.jpg

 

写真の原点はモノクロの様な気がします

昭和生まれのアナログ人間にはデジタルやカラーは馴染めません

「昭和」はアナログ、モノクロの時代、「平成」はデジタル、カラーの時代そして「令和」は心の時代を目指してほしいものです

 

2019_04040041 400.jpg

 

童観音です

身体健康にご利益がある様です

身体健康が一番です

健康な時は当たり前と思っていたことが実はとても大切な事で有り難い事なのです

”気づくのが遅いよ”という声が聞こえてきますが気がつかないよりは”ま〜いいか”です

 

2019_04040052 400.jpg

 

第5番札所 興禅寺の掲示板に掲示されていたお言葉です

 

2019_04040001 300.jpg

 

 

過去を悔いて愚痴っても仕方がありません、未来の事は誰にも分かりません、まさに「今を生きる」です

ものは考え様です

今、幸せだと感じられる心を求めたいですね

まだまだ未熟です

人生一生修行です

 

オン カカカビ サンマエイ ソワカ

 

合掌

 

今日は何をして一日を過ごそうかな?

こんな事を考えている時が至福の時です

現役の頃は自分の身を守る事で精一杯で周りが見え難かった様な気がします

最近は世間一般の常識とか社会にとって都合の良い価値観という洗脳教育から解放されて、今まで見えなかったものが見えてきた様な気がします

 

「自由に生きるという事は自ら価値観を創造しそれを守り育てるもの、他人の造った価値観に振り回されるのはナンセンス」

若かりし頃アメリカで生活していた頃、一緒に飛行機の練習をしていた時のガールフレンドの言葉です

最近何となく分かる様な気がしてきました

彼女は私より5〜6歳位歳下だったのですが自立した大人の女性だったのだな〜

 

何を過去を懐かしんでいるのだという声が聞こえてきます

そういうのを愚痴というのだよと言われそうです

昔は良かったな〜

それを言っちゃお仕舞よですね

 

バカだね〜

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 



エセ結願(けちがん)です

 

シリーズ 三河新四国、三河三十三観音 碧南市

エセ結願(けちがん)です

 

 

昨日は碧南市にある三河新四国霊場と三河三十三観音霊場巡りを奥様と回ってきました

三河新四国霊場は73番札所から88番札所まで15の札所を、三河三十三観音霊場巡りの方は番外の1寺を回りました

結願寺の88番札所は最後に残しておこうと思いましたが86番札所からすぐ近くだったのでお参りして御朱印も頂いてきました

一番札所と八十八札所をお参りしたのであとは空欄を埋めていくだけです

すでに40札所を回りあと48札所を回れば結願です

まさに行動力基本動作10ヶ条ではないですが「初めに結願し進行とともに空欄を埋めていけ」ですね

この日の走行距離は56,7kmでした

 

結願寺 

八十八番札所 法城寺です

 

2019_04020009 300.jpg

 

今回は仏像の撮影に拘ってみました

奥様に写真撮影ばかりしていないでちゃんとお参りしたらとなじられますが、私は基本的には御朱印を集める事と写真撮影をしてブログのネタを探すのが目的で仏様からご利益を頂こうなどとは思っていません

 

2019_04010005 400.jpg

 

 

2019_04010003 400.jpg

 

 

2019_04010050 400.jpg

 

 

2019_04010039 400.jpg

 

合掌です

この様な穏やかな顔になるのが理想ですが、だんだん頑固爺の顔になってくるのが寂しいかぎりです

顔は心の鏡である,いくら素晴らしい、美しい事を言っても顔の表情や立ち居振る舞いに出てしまうと言われてきました

だがしかし顔と実際とは違うという人も多く見てきました

人間とは分からない面白い動物です

 

2019_04010042 400.jpg

 

最近中高年の引き篭もりが話題になっている様です

内閣府の調査によると60万人以上いる様です

もっとも政府による調査などはあまりあてにはならず、その実態は相当の数になるのではないでしょうか?

引き篭もりとは6か月以上必要最低限の用事以外はほとんど外出しない人の事を言う様です

ちなみに引き篭もりになるきっかけは退職や人間関係、病気などの様です

私も最近は病院や買い物以外は外出をするのが億劫になって来て、引き篭もり状態になるのではと危惧しています

 

外に出れば何か新しい出会いや発見がある様な気がします

霊場巡りも良し、御朱印を集めるも良し、写真撮影をするのも良し、ブログのネタ探しでも良し、とにかく外に出て社会と関わる事が長生きの秘訣の様な気がします

この年になると外に出るとイラつき、ムカつくことが多々ある様気がしますが,それも長生きの為の刺激かもしれません

人間は一人では生きていけない弱いものの様な気がします

特に男性はいけまん

ちなみに中高年の引きこもりの四分の三は男性の様です

男性は偉そうな事を言っても生きていくという事に関しては女性には敵わない様な気がします

 

引き篭もり解消にはまずは白旗を上げる事です

そしてバカになる事、ボケる事です

私の場合はバカな人生を歩んできたので、これ以上バカになり様がありません

そしてボケる勇気もありません

バカは最後までバカを通すしかありません

バカだな〜

 

合掌

 

2019_04010043 400.jpg

 

今日は高校野球は準決勝です

 

第一試合は「習志野」(千葉 市立)対「明豊」(大分 私立)

第二試合は「東邦」(愛知 私立)対「明石商」(兵庫 市立)

です

どちらの試合も公立対私立との対戦です

当てにならない戦力分析によると習志野は「85」で明豊は「90」東邦は「90」で明石商も「90」の様です

第一試合はあてにならない戦力分析によると若干「明豊」が有利かな?

第二試合はどちらも戦力的には互角で東邦は平成最後の優勝というプレッシャーがあり、明石商は無欲と地元の判官贔屓の応援の後押しで面白い試合になりそうな予感です

今日も一日高校野球三昧です

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 



充実した一日です

 

シリーズ 三河新四国、三河三十三霊場 岡崎市

充実した一日です

 

 

昨日は奥様と充実した一日を過ごしました

 

まずは奥山田の枝垂れ桜です

テレビのニュースで紹介されたせいでしょうか多くの見物客でにぎわっていました

桜の方はまだ少し早く5分咲と言ったところでしょうか

枝垂れ桜は上の方から咲き始めるようで下の方はまだ蕾の状態でした

今週末が見頃の様です

 

2019_03260063 400.jpg

 

 

三河新四国霊場巡りです

 

昨日は岡崎市内にある三河新四国霊場第二十一番札所から第二十八番札所まで八番札所を巡ってきました

昨日の走行距離は意外と少なく63,9kmでした

この位が疲れも少なく今の私にはちょうど良いようです

 

第二十一番、二十二番札所

別格霊場 大樹寺

 

2019_03260095 300.jpg

 

大樹寺は徳川将軍家菩提寺の様です

 

徳川家康公像です

 

2019_03260026 400.jpg

 

 

国指定重要文化財

大樹寺多宝塔です

 

多宝塔とは仏塔の一形式で、平面が下重方形、上重円筒形、上下の連続部が饅頭形の二重の塔の事の様です

大樹寺の多宝塔は室町時代のもの様です

以上は案内板から引用です

下重方形とか上重円筒形とか饅頭形などと言われてもさっぱりわかりません

私は正方形とか長方形、三角形位しか理解できません

別に知らなくても命には別条ない様な気がします

 

2019_03260091 400.jpg

 

大樹寺の山門から岡崎城が見えるようです

お話には聞いていましたが実際に見たのは初めてです

私は何事においても自分の目で見ないと気が済まない性格です

これもあまり命には係わりのないお話でどうでも良い事です

 

2019_03260035 400.jpg

 

CBCテレビが取材に来ていました

女性スタッフからこんなメモを頂き住所と氏名を聞かれましたが丁重にお断りしました

自然とカメラに映っている可能性があります

カットされる可能性があります

ひょっとするとテレビに私の禿げ頭とアフロヘア―の副島淳さんが一緒に映るかもです

それがどうしたのの世界でどうでも良いお話でした

 

2019_03260098 400.jpg

 

 

第二十五番札所

持法院

 

2019_03260096 300.jpg

 

何処にも説明の看板が見当たりません

身代わり不動明王さんでしょうか?

 

2019_03260017 400.jpg

 

七福神です

 

2019_03260018 400.jpg

 

 

センバツです

 

昨日の第三試合「東邦」対「富岡西」戦です

 

2019_03260088 400.jpg

 

帰宅時間が予定より1時間程遅れてしまい帰宅した時は4回の裏「東邦」の攻撃で点差は1対0で「東邦」がリードしていました

6回の表に「東邦」の守りのミスから同点になり、なおも二死満塁のチャンスでしたがあと1本が出ませんでした

あの場面で逆転していたら「富岡西」に流れが傾いて勝敗の行方は分からなかった様な気がします

それにしても良い試合でした

私の予想では東邦のワンサイドゲームを予想していました

「東邦」にはぜひ平成最後の年も優勝を目指してほしいものです

次の対戦相手は優勝候補の一角、広島の「広陵」の様で、大会8日目の第一試合で順調に進めば30日の土曜日になりそうです

別にどうでも良いお話でした

 

昨日は朝AM9時に家を出て枝垂桜を見て、三河新四国のお寺を4寺回り8個の御朱印を頂き、PM3時に家に戻り、高校野球を観戦して充実した一日でした

それがどうしたの?の世界です

 

それをいっちゃ〜お仕舞よですね

 

 

梅の花です

 

2019_03260042 400.jpg

 

咲いた花見て

   喜ぶならば 

   咲かせた根元の

        恩を知れ

 

第二十三番札所 荒井山 九品寺の木の根元におかれた石碑です

 

2019_03260046 400.jpg

 

奥様のリクエストで撮影です

奥様は私に何が言いたいのでしょうか?

好き勝手に生き、言いたい放題、やりたい放題な事をして生きてこられたのはいったい誰のおかげだ、とでも言いたいのでしょうか?

そのお気持ちそっくりそのままお返しします

 

寅さんならきっと”夫婦とはお互いの心を写す鏡”の様なものではないだろうか?

分かるかヒロシ、さくら

なんて言いそうです

それとも「それを言っちゃ〜お仕舞よ!」とでも言うかも?

おいちゃんならきっと”バカだな〜”ですね

 

生きていると思えば腹が立つ、生かさせて頂いていると思えば感謝です

頭では理解できてもなかなかその境地にはなれません

まだまだ未熟で修行が必要な様です

 

人生一生修行です

 

今日は昨日名古屋空港に到着したFDAの13号機を撮影しに名古屋空港に行ってこようと想っています

別に今日でもなくても何時でも撮影できるのですが何故か少しでも早く初撮りしたいというバカの血が騒ぐのです

最近は趣味の病気の方は寛解状態で少し落ち着いているのですが、本物の癌の病気の方があまり経過の方がよろしくないようです

動けるうちに動いておこうという気持ちが今の私の原動力、ルーテイーンです

今の私はまずは体力を強化する為、快食、快便、快眠そして快動で食欲増進を図り、余計な事を考えず快眠をすることが仕事です

私はマグロとととと同様で常に動いていないと死んでしまうのです

おとととまた奥様に間違いを指摘されそうです

ちなみに「快動」という言葉はあまり耳にした事がない言葉ですが、最近使われ出した言葉で「大好きなことや興味を持ったことを何度も繰り返して行う」事を言う言葉で幼児教育の現場で使われ初めている言葉の様です

まさに私は幼児レベルの人間です

奥様によくあんたは発達障害だと言われる意味が理解できてきました

幼児と老人はまさに紙一重です

 

今日の走行距離は120〜130kmを想定しています

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 



西福寺・華蔵寺です

 

シリーズ 三河新四国、三河三十三観音 西尾市

西福寺・華蔵寺です

 

 

三河三十三観音霊場 二十五番札所

北星山 西福寺

西尾市吉良町吉田

 

2019_03140002 400.jpg

 

 

2019_03120058 400.jpg

 

 

2019_03120055 400.jpg

 

仁王様です

阿吽の呼吸です

気息の出入りの事を阿吽という様です

相撲の立会は、吐く息・吸う息・止まる息と言って、息を吐いたあと、七、八分ほど吸込んで止、その一瞬に立つとされている様で立ち合いで呼吸を合わせる事を「阿吽の呼吸」という様です

現在大相撲の春場所が行われている様ですが貴乃花騒動などで何となく大相撲も興味が失せてしまいました

大相撲は特別な世界、闇の世界、世間一般の常識から外れたところが魅力だった様な気がします

 

「阿」とは口を開いて息を出す事を言う様です

 

2019_03120061 400.jpg

 

「吽」とは息を吸って口を閉じる事を言う様です

 

2019_03120064 400.jpg

 

 

三河三十三観音霊場 第二十八番

片岡山 華蔵寺

西尾市吉良町

 

華蔵寺は吉良家の菩提寺のあるお寺です

 

2019_03140004 400.jpg

 

吉良の影堂です

 

2019_03120012 400.jpg

 

この地方では吉良上野助は名君として尊敬されている様です

 

2019_03120014 400.jpg

 

今年の2月3日には吉良さん三百周年記念法要が行われました

 

2019_03120013 400.jpg

 

何という花でしょうか?

スミレと同じ場所に咲いていました

奥様曰く「ムラサキナズナ」ではないかな?とのことです

花の名前とか鳥の名前は画像ではなかなか判別するのが難しいようです

 

2019_03120011 400.jpg

 

スミレです

 

2019_03120007 400.jpg

 

今日は講釈を少な目にしてみました

「沈黙は金,雄弁は銀」で「多言は身を害す」という諺・格言がある様です

沈黙するのがよろしいようです

 

 

 

感謝

 

 

 



”なごや七福神”です

 

”なごや七福神”です

 

 

なごや七福神めぐりは”7ヶ度参り”と言って7回巡って初めて大願成就する様です

何事においても大願成就することは大変な事です

これは数年前に頂い寛印です

 

寛印(かんいん)帳です

御朱印帳と言わないのはなぜでしょうか?

今度お寺で聴いてみることにします

ま〜この様な事はどうでもいい事ですね

 

645Z0703_c1.jpg

 

 

恵比寿

笠寺観音 笙覆寺

名古屋市南区笠寺町

 

2019_03130008 400.jpg

 

商売繁盛

釣り上げし魚を宝と抱きしめて 笑う恵比寿の神の御威徳

笠寺観音の前は名古屋空港や奥様の実家に行く道すがらなので何十回、何百回と通っていますが気にも留めていませんでした

もっとも私はあまり商売には興味がないので仕方がありません

まずは笠寺観音様の御朱印を7つ頂く事を目標にします

まずは一つ一つです

 

 

大黒天 

宝珠院

名古屋市中川区中郷

 

2019_03130009 400.jpg

 

開運招福

打つ槌に宝の雨をふらしつつ 無福の民を救う御神

 

 

毘沙門天

袋町聖天 福生院

名古屋市中区錦

 

2019_03130011 400.jpg

 

七福即生

魔を降ろす猛き姿に引き換えて 情にあまる 福富の神

 

 

弁才天

多ヶ良浦 弁天寺

名古屋市港区多ヶ良浦町

 

2019_03130012 400.jpg

 

福徳自在

妙なるや法を称うる雲間より 利益を給う白龍の神

 

 

福禄寿

成田山 万福院

名古屋市中区栄

 

2019_03130013 400.jpg

 

迎寿福来

仰ぎ見る その御頭の長きかと 迎壽の徳をあたえまします

 

 

壽老人

八事 興正寺

名古屋市昭和区八事本町

 

2019_03130014 400.jpg

 

不老長寿

玄鹿の命ながきに肖れと杖を引きつつ世を救う神

八事山興正寺は四国八十八ヶ所巡りの結願寺でお参りしたり、その他にも何やかにやで数回はお参りさせて頂いている様な気がします

 

 

布袋尊

大須観音 宝生院

名古屋市中区大須

 

2019_03130015 400.jpg

 

諸緑吉祥

限りなき宝の布袋みてはげめ 笑う門には福来るなり

ちなみに吉祥(きちじょう)とは「よい前兆」とか「めでたい兆し」の事を言う様です

何か良い事が起きる様な予感がします

大須観音には毎年お正月に初詣に行くのですでに”七ヶ度巡り”の大願成就は何回も達成です

 

こんなに色々と手を広げてしまうとなかなか大願成就は出来そうにありません

今迄に大願成就出来たのは知多四国八十八ヶ所巡りの102寺と三河三弘法の3寺そして三河三封じの3寺です

はたして「なごや七福神」の残り42の御朱印と「三河新四国」、「三河三十三観音」を大願成就するのが先か?私の命が尽きるのが先か?まさに命掛けの修行です

 

余談です

寺院の名前に○○院とか○○寺とあるのが疑問でした

寺の名前は本来は山号・院号・寺号があり○○山○○院○○寺というのが本来の姿の様ですが名前が長くて呼びづらいので一部をとって通称名(略称)にした様です

また寺と院では格が違う訳でもないようです

ちなみに寺院の名前の最初に○○山とつくのは昔はほとんどの寺が山の中に建てられていたからの様です

成田山万福院とか八事山興正寺は昔は山の中だったのでしょうか

お寺の正面の門の事を山門というのもここから来ている様です

どうでも良いお話でした

 

昨日は終日寝ていましたが今日はだいぶ体力が回復してきましたがもう一日自宅謹慎するつもりです

それにしても健康の大切さを思い知らされる毎日です

正しく考え、正しく行動すれば病気にはならない様な気がしますが、無理をすると病気になる確率が高く成る様な気がします

 


 

 

 

感謝

 

 

 



”捨てる神あれば拾う神”ありです

 

シリーズ三河新四国、三河三十三観音 西尾市

”捨てる神あれば拾う神あり”です

 

 

このことわざの意味を早速インターネットで検索してみました

 

捨てる神あれば拾う神ありとは

 

見捨てられることがあっても、一方で助けてくれる人もいる。

たとえ不運なことや困ったことがあっても、悲観することはないというたとえ。

 

注釈としては以下の様な意味の様です

 

世の中には様々な人がいて、自分のことを見限って相手にしてくれない人もいれば、その一方で救いの手を差し伸べてくれる人もいる。
日本には八百万の神がいるのだから、不運なことや非難されるようなことがあっても、くよくよしなくてもよいという教え。

(故事ことわざ辞典よりコピペ)

 

昨日携帯電話会社から重要書類在中という手紙が届きましたが、私は基本的にはこの様な手紙は内容も見ずに破棄するのが通例ですが今回はめずらしく読んでみました

内容は「電話機等 拾得のお知らせ」というものでした

二週間ほど前に携帯電話を落し携帯電話を操作できない処置を講じて、その後、機種変更しようか?、解約して携帯電話を持つのをやめようか?を迷っていましたが、優柔不断のチキン野郎の性格が今回は功を奏した形です

 

その様な訳で昨日は最寄りの警察署の会計課で受け取る事が出来ました

ちなみにお礼の方はどうしたらよろしいでしょうか?という質問の回答は拾われた方が拾う神様の様な方で、お気づかいなさらぬ様にとの事の様です

まさに「捨てる神あれば拾う神あり」の世界で有り難い事です

これもひとえに最近始めた霊場巡り、御朱印のご加護の賜物(たまもの)なのでしょうか?

 

そんな訳で警察署に携帯を頂きに行った後、西尾市吉良町にある三河三十三観音霊場のお寺7寺に御礼参りさせて頂きました

 

お参りしたお寺は第二十八番札所「華蔵寺」、第二十七番札所「金蓮寺」、第二十六番札所「海蔵寺」、第二十五番札所「西福寺」、第二十四番「宝珠院」、第二十三番札所「正法寺」、第二十二番札所「運光院」の7寺ですが、「正法寺」は寺の方がお留守で御朱印はいただけませんでした

また「運光院」は山道を登らなければいけない様で今回は諦めました

 

今回御朱印が頂けたのは7寺中5寺で歩留りは71%で”ま〜いいか”です

 

この日は少々調子に乗り過ぎたようでとても疲れてしまいました

今日からしばらくは家で静かにしていようと思っています

 

三河三十三観音霊場 

第二十七番札所 金蓮寺

 

2019_03130005 300.jpg

 

国宝 金蓮寺阿弥陀堂です

この建物は鎌倉時代の貴重な遺構の様で全国的にも貴重な国宝建築の様です

 

2019_03120018 400.jpg

 

愛知県指定文化財 阿弥陀三尊像

 

2019_03120033 400.jpg

(御住職様の許可を得て撮影です)

 

沈丁花(ジンチョウゲ)です

沈丁花は香が良い事で有名な三大香木の一つの様です

ちなみに三大香木とは春は沈丁花(ジンチョウゲ)、夏は梔子(クチナシ)、秋は金木犀(キンモクセイ)の事をいう様です

花言葉は栄光とか勝利という様です

 

2019_03120020 400.jpg

 

三河地方には数百数千の神がおられる様です

まさに「捨てる神あれば拾う神あり」です

 

今日も天気予報によると天気の方は良いようですが終日休養日にしようと想っています

体力の低下を思い知らされる今日この頃です

 

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 



一番と四番札所です

 

シリーズ三河新四国、三河三十三霊場  知立市

一番と四番札所です

 

 

昨日は午後から私の診察の日でしたが午前中に病院の近くにある一番札所と四番札所の2つのお寺に行って来ました

AM11時頃頃まで小雨が降っていましたが一番札所の総持寺についた時には雨も止んでいました

 

三河新四国一番札所の御朱印です

まずは1番から回るのが筋(すじ)の様な気がします

ちなみに筋とは「物事の道理とかすじみち」という意味の他に「素質」とか「小説、演劇などの大まかな内容」とか「その事に関係のある方面」よくテレビのニュースなどでは確かな筋の情報によると、とか消息筋などという言葉が使われます

この他にもちょっと怖い集団に所属している方などの事を「その筋の人」とか色々な意味がある様です

私は現役の頃よく「筋」という言葉を落としどころに使っていた様な記憶があります

最近は”それが筋というものでしょ”と言っても"ハ〜”です

昭和は遠くなりにけりです

 

2019_03110037 300.jpg

 

知立 不動院 総持寺の本堂です

数年ほど前にこの本堂でフォークソングのライブが催されたときにお邪魔して以来二度目の訪問です

お寺で音楽、日本では斬新な発想です

最近はお寺離れが叫ばれている様です

お寺ではお経とか神聖な場所という既成概念を改める時期かもしれません

 

2019_03110038 400.jpg

 

三河新四国再興五十五周年記念総開帳の看板です

3月1日より6月10日まで行われる様です

 

2019_03110022 400.jpg

 

お地蔵様です

癒されるお顔です

 

2019_03110015 400.jpg

 

四番札所は”かきつばた”で有名な八橋山 無量寿寺です

こちらの方は”かきつばた”を見に行ったときに紹介させて頂く事にします

今年の”かきつばた”は土を入れ替え、植え直した様で期待できそうとのことです

 

2019_03120003 300.jpg

 

霊場めぐりもお参りや御朱印を頂くだけでなく、色々な建物やお地蔵さんや掲示板のお言葉や花などを撮影する楽しみがあってなかなか楽しいです

これからしばらくはお寺巡りが続きそうです

 

生まれる時は順番で終わる時は順不同とは何とも理不尽な事です

死ぬ順番も順番どおりが「筋」というものだと思うのですが寿命ばかりはどうする事も出来ない様です

我が家では長男が数年前に他界し今度は四男の私の番の様な気がします

何とも理不尽なお話です

 

それにしても我が家の奥様はステージ犬遼期がんで余命宣告を受け葬式の段取りまでも考えいた時期からもう4年も経過しても元気に生きています

はたしてこれはどういう事でしょうか?

まさにアンビリーバブルで奇跡としか言いようがありません

 

私も現在ステージ犬遼期がんですが、父親が他界した79歳までは無理としても、せめて母親が亡くなった74歳まで後2年は生かさせて頂きたいと思っていますがこれも寿命、運命で死神様しか知らない事の様です

 

チキン野郎の私はまだ死に対する覚悟が未熟の様です

 

あじゃやらかもくれん なんでやねん てけれっつのぱ〜

これは死神様を撃退する呪文の様です

 

生きていると思えば腹が立つ

 

生かされていると思えばありがたい

 

合掌

 

まだこの様なしょうも無い冗談をブログで言えている内はしばらくは大丈夫の様な気がします

今日はどう一日を過ごそうかな?

こんな事を考えていると気がまぎれます

バカだね〜

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 



三河新四国霊場の総開帳です

 

シリーズ 三河新四国、三河三十三観音 豊川市

三河新四国霊場の総開帳です

 

 

三河新四国霊場会では札所再興五十五周年記念今年の三月一日より六月十五日まで「三河新四国霊場の総開帳が行われている様です

 

開帳とは

ふだんは閉じてある厨子(ずし)の扉を、特定日に限って開き、中の秘仏を一般の人に拝ませること

開龕 (かいがん) ,啓龕 (けいがん) ,開扉 (かいひ) 

 隠すべきものを人目にさらすこと

 賭博 (とばく) の座を開くこと

(Goo辞書よりコピペ)

 

賭博の開帳と仏様の開帳はまさに紙一重の世界です

 

今年の年末までに三河新四国の霊場を回るとこの御朱印がいただけるようです

ちなみのこの御朱印のデザインは各寺でまちまちの様です

 

2019_03100010 300.jpg

 

三河新四国総開帳のポスターです

 

2019_03090056 400.jpg

 

三河新四国霊場の開創霊場である知立市にある弘法山 遍照寺の御朱印です

この地方では弘法さんと言って親しまれているお寺です

 

2019_03100001 300.jpg

 

別格霊場です

豊川稲荷の妙厳寺は三河新四国霊場の別格の様です

この御朱印は三河三封じ寺巡りで豊川にあるぼけ封じのお寺に行った時の帰りに頂いてきました

このお寺は格が違う様です

ちなみに英語で格とはLennon(レノン)という様です

ジョン・レノンなどという名の人がいた様な記憶があります

また別格はSpecialという様です

アメリカ人とりわけWSP(ホワイト・アングロサクソン・プロテスタント)は格を重んじる人種の様な気がします

特にベトナム戦争を戦ってきたヘリコプターのインストラクターには格の違いをいやというほど知らされた記憶があります

 

2019_03110001 3001.jpg

 

ガン封じ寺の無量寺は六十一番札所の様です

この御朱印は三河三封じ寺巡りの時頂いたものです

 

2019_03100008 300.jpg

 

このお寺は三河新四国霊場会の事務局のあるお寺の様です

 

2019_03080007 400.jpg

 

開創霊場の知立弘法山 遍照寺を皮切りに碧南市の八十八番札所・法城寺まで回ると約300kmの様です

この札所をバスで巡拝する企画がある様で一泊二日ですべてのお寺を回る事が出来るようです

これを何回も分けて回るとすべてを回るには数千キロの走行距離が必要な気がします

私の様な御朱印を頂くのが目的のミーハーな人間には一泊二日のバスで回る企画の方があっているかもしれません

 

”こんな事”と言っては語弊がありますが、こんな事をしても何も変わらない事は十分承知のうえでの行動です

家で何もしないで、どうにもならない事をくよくよ考えているより精神衛生上”ま〜いいか”です

 

今日は午後から病院で経過観察の日です

午前中に血液検査を済ませた後、近場の三河新四国霊場巡りをしてこうよと思っています

天気予報によると午前中は雨が残るようです
まずは知立市にある一番札所の「総持寺」そしてカキツバタで有名な知立八橋にある「無量寿寺」に行ってみようかな?です

 

今迄に「三河三十三ヶ所」の方は6寺、「三河新四国霊場」の方は7寺、そして「三河三弘法」の3寺、「三河三封じ寺」の3寺,「知多四国八十八か所」の102寺、「なごや七福神」の7寺の延べ128寺を巡り御朱印の数は延べ140以上に達しています

 

まさにそれがどうしたの?の世界です

 

こんな事をするよりも「スーパーボランティアさんの様な生き方が出来ないの」という声が聞こえてきます

私には出来ません

出来ないのではなく「する気が無い」という方が適切な表現の様な気がします

今は自分が生きる事で精一杯です

 

生甲斐、生き様、価値観は人それぞれです

自分が良いと思った事が一番の様な気がします

 

 

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 



calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」