試し撮り垢任

 

試し撮り垢任

 

 

今日は娘を迎えがてら中部空港に行って試し撮りです

今日は強風でとても寒い日でした

 

AIR DO

ボーイング737−700(JA08AN)

 

2017_12280103 400.jpg

 

 

2017_12280096 400.jpg

 

スカイマーク

ボーイング737^800(JA73NJ)

 

2017_12280106 400.jpg

 

ジェットスター・ジャパン

エアバスA320−232(JA04JJ)

 

2017_12280091 400.jpg

 

 

2017_12280026 400.jpg

 

スターフライヤー

エアバスA320−214(JA20MC)

 

2017_12280077 400.jpg

 

エアーアジア・ジャパン

エアバスA320−214(JA01DJ)

 

2017_12280008 400.jpg

 

ANA

ボンバルディアDHC-8-402

 

2017_12280104 400.jpg

 

ANA

ボーイング737−700(JA17AN)

 

2017_12280098 400.jpg

 

FINAIR

エアバスA330−300(OH−LTO)

 

2017_12280022 400.jpg

 

 

2017_12280024 400.jpg

 

ウズベキスタン国営航空

エアバスA320(UK32018)

 

2017_12280090 400.jpg

 

今日は2時間程の滞在で天気は晴れたり曇ったりのあいにくの天気でしたが色々と試し撮りが出来て楽しい一時を過ごしました

今年も残り少なくなってきました

来年も楽しい一年になりそうな予感です

 

 

('_')



PLH21&ベル212

 

PLH21&ベル212です

 

 

 

巡視船PLH21”みずほ”です

第四管区海上保安本部(名古屋)所属のヘリコプター搭載型巡視船です

 

20131227_902215 400.jpg

 

総トン数:5,300トン、全長:130m、速力:23kt、出力:18,200馬力、航続距離:8,500海里(15,300km)

装備は35mm単装機銃1基、20mm多銃身機銃1基

昭和61年3月に竣工

製造は三菱重工

 

20131227_902216 400.jpg

 

最大搭載人員は130名

 

20131227_902341 400.jpg

 

ヘリコプター2機搭載です

 

20131227_902217 400.jpg

 

巡視船PL23”あわなみ”

 

20131228_903408.jpg

 

消防巡視艇PC23"あゆづき”

 

20150115_1474014 400.jpg

 

AW139(JA976A)

 

20140116_932351 400.jpg

 

現在の世界情勢を見ていると海上保安庁の重要性を感じます

海の警察は海上保安庁です

電話番号は「118」の様で、くれぐれも陸の警察「119」とおかけ間違いの無い様にです

 

20131227_902467 400.jpg

 

以上の画像は2011年に名古屋港で撮影です

 

ベル212です

昭和48年〜平成元年にかけて38機導入された様で現在はベル412やAW139に交代している様です

 

20121013_2555725 400.jpg

 

 

救助訓練のデモです

手際の良さはさすがに連日実戦で鍛えているだけの事があります

 

20121014_2556204 400.jpg

 

 

20121014_2556205 400.jpg

 

 

20121014_2556201 400.jpg

 

 

20121014_2556172 400.jpg

 

 

20121013_2555827 400.jpg

 

 

20121013_2555877 400.jpg

 

主回転翼ブレード、ハブ、スタビライザーバー、マスト、スワッシュ・ブレードです

スタビライザーバーはベルの特許です

もうこの様なものは見れなくなるのが寂しい限りです

 

20121017_2559903 400.jpg

 

以上の画像は2013年に中部国際空港にて撮影です

 

 

('_')

 

 

 

 



一本化です

 

一本化です

 

 

これからしばらくは「くうふうき」の画像をこちらに移動し移転が終了時点で「くうふうき」は閉鎖の予定で「風天も四男坊」に一本化する予定です

 

20170516_2293563.jpg

 

 

20170516_2293564.jpg

 

 

20170516_2293565.jpg

 

 

グレー.jpg

 

 

20170326_2254493.jpg

 

 

20170326_2254492.jpg

 

 

20170326_2254488.jpg

 

三重県防災ヘリ

 

20170325_2253831.jpg

 

 

20170325_2253830.jpg

 

 

20170325_2253829.jpg

 

 

 

('_')

 

 

 



日本人初飛行の日です

 

日本人初飛行の日です

 

 

今日は日本人初飛行の日の様です

ライト兄弟が動力飛行に始めて成功した7年後です

この飛行機は本文とは関係ありません

 

2017_12010181 400.jpg

 

 

 

1910(明治43)年のこの日、東京・代々木錬兵場(現在の代々木公園)で徳川好敏工兵大尉が日本初飛行に成功した。

飛行時間は4分、最高高度は70m、飛行距離は3000mだった。

実際には5日前の14日に飛行に成功していたが、公式の飛行実施予定日ではなかったため「滑走の余勢で誤って離陸」と報告された。

(今日は何の日〜毎日が記念日〜コピー&ペースト)

 

実際には5日前に成功していたとのことで公式の日本人の初飛行は今日12月19日の様です

このお話と似たようなお話が有った様な気がします

日本人の初めて宇宙行ったお話です

その他にも何とか細胞などというお話もありました

「初云々」とか「元祖」とか「NO1」というのは何事においても疑って見る事が大事の様です

何事においても上には上がある様な気がします

 

今日もカメラの試し撮りです

何事もはじめての事ばかりです

今日も楽しい一日になりそうな予感です

健康で元気に過ごさせて頂ける事に感謝です

 

 

 

 

('_')

 

 



すごいです

 

すごいです

 

 

このカメラはすごいです

まさに編集ソフト搭載カメラです

 

トリミングです

この機能はコンデジにもついている機能で特に驚きません

 

 

 

 

傾き補正です

この機能は私にとってはありがたい機能です

私はどうしても飛行機やヘリコプターを水平に撮る癖があるようで背景が左に傾たり右に傾く事がよくあるのです

この機能でだいぶ助かりそうで助かります

 

補正前です

実際は機首が少し上向き加減なのです

 

 

補正後です

ただしここまでで限界です

これ以上傾いていると補正は困難です

 

 

これはなかなか面白いおもちゃです

ついに私も腕をお金で買ってしまいました、一昔前は腕はお金では買えない財産でした、あとお金で買えないものと言えば命と心と感性位です

最も今の時代は命もお金で延命できる時代です

はたしてこのカメラも何年持つかです

私は使い方が荒いのでこのカメラも3年位持てばま〜いいかです

最も私の命が先か、このカメラが壊れるのが先かはこの歳になると分かりませんね

今日も18mm〜55mmのレンズをつけての試し撮りです

このカメラを使いこなしたら素晴らしい写真が撮れそうです

この初級入門機を早くマスターして中級機、上級機そして最高峰のD5まで昇り詰めることが出来るか?

ただあまり深入りしないで程々にテイキリージーですね

それまで私の命があるか?ニコンという会社があるか?日本国という国があるか?ですね

健康で元気に過ごさせて頂いている事に感謝です

 

 

 

 

('_')

 

 

 

 

 



今年1年です

 

今年1年です

 

 

2017年も残りわずかです

今年初めて撮影した機種です

 

X−2(先進技術実証機)です

昨年の名古屋空港の地上滑走からこの画像を撮影するまでに1年8ヶ月の歳月がかかりました

10月10日に撮影した20日後に最終フライトが行われたようです

もう2度と撮影することが出来ない貴重な画像です

 

 

まさに最初で最後の撮影です

そして今年はX−2で始まりX−2で終了です

 

 

零戦です

アメリカの登録記号での飛行です

日本で飛行するには色々な制約があって大変の様です

まだまだ日本は航空機後進国です

まさかこの目で零戦が飛行している姿が見れるとは想ってもいませんでした

サプライズです

 

 

N553TT

(ノベンバー ファイブ ファイブ スリー タンゴ タンゴ)

無線ではローマ字は「A」はアルファー「B」はブラボー「C」はチャーリーなどと言います

これは全世界共通の無線用語の基本です

ちなみに日本語では「あ」はあさひの「あ」、「い」はいろはの「い」、「う」はうえのの「う」などと言います

数字は「一」は数字の「ひと」,「二」は数字の「に」、「三」は数字の「さん」という様です

これらは通話表というようで無線の試験では必須科目の一つです

航空無線などを聞く場合はまず通話表を暗記することでだいぶ理解できてくるように思います

 

 

F−35A戦闘機です

こちらはX−2とは逆に1回目で撮影することが出来ました

三菱で組み立てられた1号機と2号機を撮影する事が出来て幸先の良い出だしです

来年はF−35Aの撮影で1年が始まりF−35Aで終わる一年になりそうな予感です

出来る事なら3号機以降すべて撮影したいものです

 

 

国産1号機の79−8705です

尾翼に書かれているレジ(航空機の登録記号)を撮り続づけ記録する事をライフワークにされている方がおられます

趣味の世界も色々です

 

 

政府専用のヘリコプターです

エアバス・ヘリコプターズEC−225LP”スーパーピューマ”

飛行機ので政府専用機は現在はボーイング747ですが次期政府専用機はボーイング777になるようです

航空自衛隊の航空機で唯一撮影できないのが政府専用機のボーイング747です

 

 

川崎BK117D−2(H−145)です

JA02BK

CHSがこの機種を購入したという事で来年は名古屋空港で頻繁に見ることが出来そうで楽しみです

 

 

2017年も後少しです

 

 

2017年も後20日で着地です

 

 

今年は「X−2」をはじめ「零戦」や「F−35A戦闘機」など、はじめて撮影する機種が多く実り多い一年だった反面航空機事故も多発した賑やかな一年でした

来年の事を言うと鬼に笑われそうですが来年は穏やかな一年になる事を願いたいものです

 

そして2018年に向けて離陸です

来年はあんたが主役です

 

 

飛行機は機首を上げて離陸しますがヘリの場合は基本的には機首を下げて離陸します

 

 

一年の最後という事でお尻に拘ってみました

 

 

('_')

 

 

 

 

 



2017年ヘリの事故です

 

2017年ヘリの事故です

 

 

今年は航空機事故とりわけヘリコプターの墜落事故、横転事故が多発した年の様な気がします

ちなみに昨年2016年は2月に「米軍横田基地のUH−1が調布飛行場に緊急着陸」、3月には「美浜町で飛行中にヘリが運搬資材落下」、8月には「神奈川県ドクターヘリ着陸失敗」、同じく8月に「海保ヘリ、車輪出さずに着陸損傷」(以上ヘリワールド2016,2017より引用)の4件の死傷者の出ないインシデントのみで、いかに今年は死亡事故が多い年だったかが分かります

 

防災ヘリ墜落 3人死亡

3月5日 長野

 

 

朝日新聞3月6日付の朝刊トップ記事です

ヘリコプター事故で一面のトップ記事は異例です

事故の重大さを感じます

 

 

事故原因はまだ調査中の様ですが隊員のヘルメットに装備されたビデオカメラが事故の詳細を記録しているという事なので近いうちに事故原因が公表されるかもしれません

ヘリコプター事故で一度に9名もの犠牲者が出る事故は珍しいケースの様です

 

海自ヘリ墜落か 3人不明

青森沖

 

 

 

この事故はフライトレコーダーや機内の音声データそして救助された乗員の証言から方位指示器の誤差を復旧する作業中にバランスを崩して墜落で人為的ミスが原因との調査結果を公表した様です

事故から数か月で事故原因が公表されることは航空機事故では異例の事の様です

 

空自救難ヘリ墜落

 

航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)所属のUH60J救難ヘリコプターが10月17日に同市沖合約20キロの遠州灘に墜落し、機長ら乗員4人が行方不明になった事故で、空自は4日、墜落現場付近の水深約700メートルの海底で、新たに乗員とみられる1人を発見して収容した。遺体の身元の特定などを進めている。

また、3日に収容され、死亡が確認されたのは機上整備員の2等空曹(40)と明らかにした。
 

 

この事故も乗っていた人が全員死亡・行方不明という事と機体が水没している為事故原因を特定するには時間がかかりそうです

 

ヘリ墜落 機体不具合か

群馬

 

 

この機種のヘリでの事故では2015年3月6日に三重県の山中で起きた新日本ヘリコプターの墜落事故が記憶に新しいです

 

 

事故調査委員会の調査官によるとこの事故は今迄にはないケースの様で事故原因を特定することは非常に困難の様です

 

今年はこの他にも3月には「神戸空港でヘリが横転」したり「ロビンソンR44の横転」、8月には「「”しらせ”艦載ヘリCH−101の横転」、「東富士演習場で夜間訓練中にAH−1Sが不時着」、そして10月には「沖縄で米軍の大型輸送ヘリコプターCH−53Eが緊急着陸して墜落炎上事故」などアクシデント、インシデントが多発した1年でした

 

航空機の安全率は車などと比べると比較にならない程安全な乗り物なのですが、ひとたび事故が起きると社会的影響力は比べ物にならないほど大きいのです

最近は機械的なトラブルによる事故よりもヒューマンエラーによる事故が多い様です

航空機の進歩に人間が追い付いていけないというのが現状かもしれません

 

最近の航空機事故の8割はヒューマンエラーによる事故の様です

海自ヘリの墜落事故はまさに典型的なヒューマンエラーと断言され公表されています

航空機事故は事故原因がなかなか特定できにくく対応が難しい様です

自然が相手や人間のする出来事は絶対大丈夫、絶対安全という事はあり得ませんね

此の世の出来事で唯一絶対に起きる出来事は人は何時かは絶対に死ぬという事だけですね

死の危険と隣り合わせの仕事をする方々のご家族のご心配は察するに余りあります

操縦士をはじめ特に同乗した整備士さんや救助隊員のご家族の無念は言葉や文章では表現できない無念ではないかと思います

心よりご冥福をお祈り申し上げます

 

 

 

合掌

 

 

 



あいち航空ミュージアム犬任

 

あいち航空ミュージアム犬任

 

 

「あいち航空ミュージアム」の屋上展望デッキから撮影した画像です

 

 

視点を変えて見ると新鮮です

 

 

同じ画像でもトリミングの仕方でだいぶイメージが変わります

 

 

”あいち航空ミュージアム”が建設されたこの場所は航空機を撮影する私を含めて多くの航空機ファンの方々の人気の撮影ポイントの一つだったのです

そしてこの建物が出来たおかげで他の2〜3の撮影ポイントも影響が出て多くの航空機ファンの顰蹙を買っているのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上をもちまして「あいち航空ミュージアム」ネガティブキャンペーンは終了です

皮肉、嫌味を込めて、これからの「あいち航空ミュージアム」のますますの発展と繁栄を心から願っていません

当初のMRJの開発を応援し航空機産業の育成に寄与しようという趣旨で始めたこの計画の大義もウソになり、MRJ人気の足を引っ張る形になった様な気がします

アメリカの様にアマチュワの自由な発想にも耳を傾ける姿勢が求められるような気がします

まだまだ日本の航空界は上から目線が横行している様な気がします

まずは車感覚になる事です

ちなみに民間が運営するトヨタ博物館の入場料は1000円です

そして老人割引や身障者割引など多くの減免処置が採用されています

この様な比較はどうかと思いますが税金を使ってこれ位の施設なら数百円の入場料設定が妥当かと思います

そして見て頂くという姿勢を見せる事、そして感じさせる事が必要な気がします

小さな子供にまで馬鹿にされる企画はすぐに改めるべきです

兎に角この画像の様な上から目線の企画には反発を感じます

税金の無駄使いの様な気がします

年金暮らしの老人が偉そうな事を言うなという声が聞こえてきます

気に入らなけれは行かなければ済む事でした

まだまだ未熟です

人生一生修行です

 

 

 

 

('_')

 

 

 



あいち航空ミュージアム靴任

 

あいち航空ミュージアム靴任

 

 

”あいち航空ミュージアム”の入り口に飾られていた祝い花です

この地方の一部の地域では祝い花は家に持ち帰る事ができる風習があるようです

店の開店祝いの飾り花は早いときなどは1時間位で無くなってしまう時もある様です

名古屋などでは祝い花は早く無くなった方が縁起が良いとされている様です

この風習にも暗黙のルールがある様なのですが最近はルールを拡大解釈して持っていく人達がいるようです

風俗、習慣も時と共にだんだんと都合よく解釈して当初の趣旨とはかけ離れて変化するのは世の常です

 

 

MH−2000ヘリコプターのエンジン部分です

私はメカに弱い為、無性にこの様なものに憧れます

 

 

ローターヘッドです

この様なものを考えた人は素晴らしいと想います

人の頭もお金と同様にどこにどう使うかで長い間にはだいぶ変わってきます

どうでも良い事に頭とお金を使うかどうかの差の様です

 

 

それにしてもこの様なものを造る人の技術力には頭が下がり尊敬してしまいます

同じ人間でも色々です

私の様な”ま〜いいか”という様ないい加減な考えの人間にはとてもできない匠の技です

この様のものを考える人も素晴らしいですがそれを造る人も素晴らしいものです

そしてそれを飛ばす人も素晴しと想いかす

もの造りの世界は嘘が通用しない厳しい世界でしたが最近はデーターの改ざんなどが報じら何かにつけタガが緩んできている様に感じます

”あんたは昭和か”と言われそうです

日本の古き良き伝統の職人気質の復活が望まれます

 

 

テールローターです

メインローターのトルクを打ち消すためと、方向蛇の役割をはたしているようです

ヘリを落とすには刃物は要りませんここを壊せばすぐに落ちてきます

この操作は両足で操作するようです

 

 

この二つの計器はエンジンとメインローターに関係する計器の様です

 

ENGINE TORQUEと書かれてあります

多分RとLの針を同調させて緑色の範囲内で運用するのでしょう

この計器は私は初めて見る計器です

 

 

ROTOR

ローターの回転計の様です

こちらも3本の針を同調させて緑の範囲に収めるのでしょう

最近はコンピューター制御で同調させピッチレバーを操作するだけで済む様ですが、ベル47の場合は手動でオートバイのアクセルの様なスロットルレバーとコレクティブルピッチレバーを微妙に操作して操縦していた様に記憶しています

ヘリコプターは両手、両足、両手の指を微妙に操作してバランスを保って飛行するとても繊細な乗り物だった様に記憶しています

最近はコンピューター制御でだいぶ性能が向上し操縦士の負担も軽減されてきている様です

その反面ヒューマンエラーによる事故が多発してきている様です

 

 

この施設も数年先には閑古鳥が鳴きそうな予感がします

最大のネックは入館料です

この程度の公共施設では無料もしくは最大でもワンコインというところが妥当な線ではないでしょうか

もしくは年間パスポートの導入とか屋上の展望デッキのみの利用を可能にするなどの検討を希望する次第です

この施設も一度見れば”ま〜いいか”です

御上も机の上でものを考えずに現場の声を聴いて、頭とお金の使い方を考えてほしいものです

小さな子供にまでそっぽを向かれる様ではいかがなものでしょうか

行政もまさに作用反作用の法則の様に常にトルクがを打ち消す努力が必要な気がします

良い事をすれば必ず悪い事も起きるのはヘリに限らず世の常ですね

どうでも良い事でした

不満があれば行かなければ済む事ですね

何もしない事が一番です

なかなか空の境地にはなれません

まだまだ未熟です

人生一生修行です

 

 

 

 

('_')

 

 

 



あいち航空ミュージアム兇任

 

あいち航空ミュージアム兇任

 

 

あいち航空ミュウージアムの現在の実機の展示は三菱重工が製造したYS−11をはじめ零戦、MU−300 ,MU−2,MH−2000×2の6機です

当初の予定ではMRJの試験機が展示される予定だったようですが諸般の事情で現在のところ展示されておらず物足りなさを感じます

 

あいち航空ミュージアムのもどころは名機100選です

戦前から戦後の日本の空を飛んだほとんどの機体がプラモデルで展示されています

地元の愛好家グループが制作した様です

このコーナーは一見に値すると想います

 

 

零戦です

 

F−1戦闘機です

 

MU−2

 

MU−300

 

川崎ベル47 KH−4

 

そして”あいち航空ミュージアム”の目玉はなんといっても屋上の展望デッキです

滑走路の隅から隅まで見渡すことが出来る絶好の撮影スポットです

 

 

R34エンド方面です

 

 

R16方面です

 

 

今迄とは違ったアングルでの撮影できとても良い撮影スポットですが入場料1000円を払ってまで来る気にはなりません

このスポット限定の入場料の減免処置を検討して頂きたいとお代官様にお頼み申し上げます

 

 

ミュージアムの中で耳にした子供の感想です

”面白くない もう帰ろうよ”

小さい子供の直観力、感性は鋭いのです

私も同感です

同感というより鈍感ですね

 

 

 

 

 

('_')

 

 

 

 

 



calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」