SNS映えです

 

SNS映えです

 

 

インスタバエという言葉は何年か前に流行語大賞に選ばれたような気がします

インスタバエとはパソコンやスマートフォン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のインスタグラムに投降した写真や、その被写体などに対して見映えがする、おしゃれに見えるという意味で用いられている表現という意味のようです

インスタバエのほかにも「SNS」と「写真映え」を合わせた造語の「SNS映え」があるようです

最近は訳の分からない言葉が多くていけません

 

 

20140510_1127201 450.jpg

 

 

 

20140314_1030244 450.jpg

 

 

 

20141127_1414517 450.jpg

 

 

 

20141103_1382223 400.jpg

 

 

 

20140706_1215392 450.jpg

 

 

 

20141217_1438736 400.jpg

 

 

この地方では連日厳しい残暑の日が続いています

この残暑も週末には一段落する予報です

暑さ寒さも彼岸までという慣用句があるようですもうしばらくの辛抱です

生かさせていただけるだけで感謝です

 

 

 

感謝

 

 

 



三昧です

 

三昧です

 

 

今日の3枚,三昧,三枚目です

ちなみに三昧とは「あることに熱中すること、したい放題にすること」という意味の様です

最近の私は言いたい放題、したい放題でまさに自己自制出来ない状態です

これも抗がん剤の副作用なのでしょうか?

 

少し厚化粧してみました

 

2019_06290022 400.jpg

 

 

2019_06290002 400.jpg

 

 

2019_06290016 400.jpg

 

時間が昼ごろだったので睡蓮もしぼみかけていました

睡蓮の撮影は午前中の早い時間がよろしいようです

再度挑戦です

今日は写真倶楽部に入っておられる方と一緒に撮影し一期一会の楽しい一時を過ごさせて頂きました

最近は何事も厚化粧が多くていけません

素顔の美しさを再認識したいものです

 

 

 

 

感謝

 

 

 



本光寺の紫陽花です

 

本光寺の紫陽花です

 

 

昨日は奥様と家から30分程にある隣町の本光寺で紫陽花を撮影です

昨日は背景をボカす技法に挑戦してみましたが見事に失敗でした

ボケすぎでした

ボケ老人にはボケは似合いません

 

2019_06110109 400.jpg

 

私には風景写真を撮影するセンスは無いようです

 

2019_06110105 400.jpg

 

 

2019_06110095 400.jpg

 

 

2019_06110125 400.jpg

 

 

2019_06110103 400.jpg

 

 

2019_06110071 400.jpg

 

 

2019_06110149 400.jpg

 

 

2019_06110094 400.jpg

 

昨日のナンバーズ3は”あじ31(さい)”ということで「31」を買ってみましたが見事外れました

当たるも八卦当たらずも八卦です

ちなみに昨日の当選番号は80(やぼ)で配当金は12、300円だった様です

80(野暮)な事はやめて粋に生きたいものです

粋に19(行く)か、今日は19(いく)で決まりです

 

バカだな〜

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 



邪道です

 

邪道です

 

 

昨日は奥様と碧南市にある「碧南しょうぶ園」に行って来ました

ここでは5月18日(土)〜6月16日(日)まで”花しょうぶまつり”が催されています

ちょうど見頃で多くの見物客や写真撮影をする人で賑わっていました

 

 

2019_06050070 400.jpg

 

私も写真撮影に挑戦しましたがローアングルでの撮影は体力的に無理がある為すべて上から目線で撮影です

 

2019_06050045 400.jpg

 

今年の私の開運色です

 

2019_06050061 400.jpg

 

 

2019_06050053 400.jpg

 

 

2019_06050048 400.jpg

 

 

2019_06050052 400.jpg

 

 

2019_06050054 400.jpg

 

 

2019_06050043 400.jpg

 

 

2019_06050041 400.jpg

 

 

2019_06050033 123.jpg

 

 

この様な画像は一部の写真愛好家に言わせると邪道の様です

ちなみに邪道とは「正当でない方法とか,本筋から外れたやり方」の事を言う様です

写真撮影には「風景写真」や「鳥の写真」、「花の写真」、「航空機の写真」、「鉄道の写真」、「型式写真」などそれぞれに様々な暗黙の仕来たりや掟があるようです

私は基本的には自分が良いとおもえばそれでいいのではないかな、と考える偉大なるアマチュワ、邪道な人間です

偉大なるアマチュワ、邪道な人間はプロには出来ない事が出来るところが強みです

 

ま〜私の生き様もほとんどは邪道と言えば邪道です

何が正当で何が本筋か?分からない今日この頃です

 

何はともあれ、あれこれ言われている内が花の様な気がします

 

最近は冗談を言っても笑ってもらえないところが寂しいです

そんな歳になったのです

 

当ブログをお読みになる場合はマジなお話はすべて冗談で、冗談めかして言っているところが真実です

例えば”バカだな〜”とか”未熟です”というフレーズです

まさに究極の邪道なブログです

それでなくては毎日こんなしょうも無いブログは発信できませんね

ま〜そう自虐的になるなよという声も聞こえてきます

とにかくまだ生きています

未だ大丈夫です

この調子で行くとひょっとすると100歳までも生きるかもしれません

明日の事は誰にも分かりません

今を今日一日を一生懸命生きるのみです

冗談です

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 



2〜3分咲きです

 

2〜3分咲きです

 

 

昨日は奥様と形原温泉にある”あじさいの里”に行って来ました

2〜3分咲きという事で画像はこれ一枚のみです

画像の方は数十枚撮影した1分です

紫陽花の手入れをされていた方にお聞きしたところ見頃は来週の中頃から週末の頃ではないかとのことです

花の見頃はほんの一瞬です

 

2019_06030015 400.jpg

 

紫陽花というと、私が住んでいるところから20〜30分圏内に、この形原温泉あじさいの里の他にも、あじさい寺として有名な本光寺や、三ヶ根山スカイラインの紫陽花が有名です

 

あじさいと言えば梅雨です

この地方の梅雨入りは昨日のテレビでの天気予報では7日頃ではと予想していました

当たるも八卦当たらずも八卦です

 

今週は抗がん剤の薬を飲むのはお休みの週です

よく動いてよく食べて体力をつける週です

現在の体力は手術する前の2〜3分といったところでしょうか

何事も過去と比較してはいけませんね

今の状況で精一杯生きるのみです

 

今日も天気が良さそうで体調の方も良いのでどこかに行こうか迷っていますが今日は動かないという選択肢を選んでみようかな?

まさに風林火山の「山のようにどっしりと構えて動かない」です

ちなみに風林火山の風は「風のように素早く動くさま」林は「林のように静かに構えるさま」そして火は「火の様な激しい勢いで侵略するさま」をいう様です

現役の頃は常にフルパワーで火のような激しい勢いで仕事をしていましたが成果の方は燃え尽き症候群の連続でした

林のように静かに構えたり、山のようにどっしりと構えて動かないという事も必要ではないかと最近思う様になってきました

老人には2〜3分咲位の生き方がよろしいようです

究極の生き方は何もしない事ですがそれでは死んでいるのと同じですね

 

満男「人間は何のために生きているのかな」

寅次郎「何て言うかな、ほら、

あ〜生まれてきて良かった、なんて思う事何べんかあるだろう、

その為に人間は生きてんじゃね〜のか」

(第39作 寅次郎物語より)

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 



開花です

 

開花です

 

 

昨日は蕾だった孔雀サボテンが開花しました

昨日は蕾君に”サボってんじゃないよ”という思いをこめてナンバーズ3は「3(さぼ)10(てん)」の語呂合わせで「310」を買ってみましたが見事に外れてしまいました

サボっていたわけではなかったのですね

 

2019_06010024 400.jpg

 

これから奥様と森林浴を兼ねて奥三河の山のマウンテントップに行ってみようかなと想っています

外に出ると七人の敵がいるではないですがムカつく事、イラつくことが多いですがその反面、新しい発見や人との出会いや感動があり楽しいです

本当は家でじっと引き篭もっている方が良い様な気もするのですが何となく生きている様な気がしない気がしてしまいます

適度なストレスと緊張感そして見返りを求めない事が長生きの秘訣、老人の生き様の様な気がしますが、まだ何かの見返りを求めている未熟者です

 

 

 

 

感謝

 

 

 



孔雀サボテンです

 

孔雀サボテンです

 

 

今日の1枚は我が家で咲いた孔雀サボテンです

 

2019_05310003 400.jpg

 

ここ数年花を咲かせなかったので、もうだめかなと思っていましたが咲いてくれました

 

過去のブログを読み返してみると2010年5月20日以来の様です

2008年に初めて花が咲き2009年、2010年と3年連続花が咲いたようですがその後はあまり手入れがされていなかったよう花が咲いたという記憶はありません

孔雀サボテンは花を咲かせるのは難しいようでこまめに手入れが必要の様です

 

これから何か良い事が起きそうな予感です

これから晩御飯とナンバーズ3を購入しに行きます

サボテンの語呂合わせで「310」にしようかな

 

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 



”奇をてらう”です

 

”奇をてらう”です

 

 

昨日は隣町のバラ園に行って来ました

奥様を誘ったのですが”一人で遊びな”と断られてしまいました

余程霊場巡りの事を根に持っている様です

そんな訳で一人での撮影です

 

奇をてらってみました

色々とご意見がおありでしょうがご勘弁の程です

 

まずは今年の私の開運色の黄色で黄をてらってみました

また変換間違えをしているという声が聞こえてきます

違います奇をてらっているのです

 

2019_05170062 400.jpg

 

ちなみに”奇をてらう”とは「わざと普通と違っていることをして人の注意を引こうとする」という意味の様です

優秀な兄姉をもった末っ子の四男坊の宿命です

 

2019_05170045 400.jpg

 

 

2019_05160009 400.jpg

 

 

2019_05170019 400.jpg

 

 

2019_05170004 400.jpg

 

 

2019_05170058 400.jpg

 

 

2019_05170024 400.jpg

 

 

2019_05170063 400.jpg

 

 

2019_05170022 400.jpg

 

 

2019_05170034 400.jpg

 

それにしても最近のカメラの性能はすごいものです

お任せモードで撮影すればほぼイメージどうりの画像が撮影できてしまいます

 

半世紀前の銀塩の白黒の時代は露出やシャッタースピードはすべて手動で順光で撮影するのが基本で、真面な写真は36枚撮りのフイルムで1枚あるか無いかの時代で、高度な技術と知識と経験が求められた時代で、腕が良いとか悪いという価値観があった様な時代だった様な気がします

 

当時この様な画像が撮影出来たら多分プロとして食べていけた事でしょう

最近のアマチュワカメラマンのほとんどの方は半世紀前なら、ほとんどの方はプロとして通用したのではないかと思います

特に鳥の撮影をされる方など、自然を相手に、小さな動く被写体を撮影する分野の方には言える様な気がします

 

昭和の時代の職人気質の時代が良かったな〜

昔を懐かしむようになったらお仕舞です

 

最近の世の中は画一化されて”奇をてらう”人間を排除しようという風潮がある様な気がしてなりません

昭和の時代はまずは基本をマスターした上で”奇をてらう”でしたが最近は基本を無視して”奇をてらう”傾向がある様な気がします

まずは基本、土台が出来てから”アドリブ”、”奇をてらう”ではないでしょうか?

それをしないと自分で自分の首を絞めるブーメラン効果が起きてしまいそうです

 

何事も程々,分をわきまえて行動する事がよろしいようです

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 

 

 



”バラが咲いた”です

 

”バラが咲いた”です

 

 

昨日は久しぶりに奥様と隣町の公園にバラを撮影に行って来ました

昨年は早すぎで今年は遅すぎでした

なかなか見頃の時期に出会えません

花の命は一瞬です

 

今年の私の開運色の黄色のバラです

 

2019_05160009 400.jpg

 

 

2019_05160037 400.jpg

 

 

2019_05160002 400.jpg

 

 

2019_05160040 400.jpg

 

 

2019_05160011 400.jpg

 

 

2019_05160047 400.jpg

 

 

2019_05160020 400.jpg

 

 

2019_05160032 400.jpg

 

バラの花は花の色や本数で色々な意味がある様です

難しいお話は省略です

 

昨日も色々な方から声をかけて頂きました有り難い事です

今日も一日どう過ごそうかを考える時が至福の一時です

今日も楽しい一日になりそうな予感です

 

 

感謝

 

 

 



開運色です

 

開運色です

 

 

今年の私の開運色は黄色ですが、私は基本的に黄色という色は好みません

 

黄色は光や太陽のイメージが浮かび知性を刺激し行動を活性化してくれるようです

 

ちなみに黄色の性格、キャラクターは以下の様です

 

明るい、フレンドリー、マイペース、ユーモアがある、好奇心旺盛、知識欲が強い、無邪気、お調子者、周りの状況を考えない、毒舌家、知ったかぶり、無神経、悪ふざけする、イメージリーダー、自己中心的、浪費が多い、子供っぽい、頭の回転が速い、おしゃべり、寂しがり屋、批評家、冒険好き

 

この様な性格、キャラクターは大なり小なり誰でもがもっているものの様な気がします

 

20120407_2331889_t.jpg

 

 

20150821_1737560 400.jpg

 

 

20150219_1514558 400.jpg

 

 

20131030_798107 400.jpg

 

 

20150627_1676474 400.jpg

 

 

20130405_377653 400.jpg

 

 

20110906_2032130 400.jpg

 

今年の神様のお告げです

 

初めに憂いあれどのちには吉、深く嘆き悲しむことなく身を慎めばやがて道は自ずから開く

心乱れるは災いの基なり

艱難汝(かんなんなんじ)を玉にすです

 

ちなみに「艱難汝を玉にす」とは「人間は苦労、困難を乗り越えることによって立派な人間になる」という意味の様です

 

「願望」は「おそいが後に叶う」

「方角」は「西南良し」です

失物は「低きところにあり」です、過日携帯電を落してしまいましたが数週間後に警察に届けて頂きました

「旅行」は控えて吉の様です

「争事」は考え直せですが、今のところ争い事はないのがありがたいです

「病気」は精神の安定が第一の様です、これが一番の課題です

 

そして今年の「開運色」は黄色です

 

おみくじとか占いは当たるも八卦当たらずも八卦の様です

 

八卦です

 

220px-Acht-trigramme_svg.png

 

 

娘がタイに行った時のお土産です

黄色が私の今年の開運色という事で象のぬいぐるみを買ってきてくれた様です

ありがぞうです

また奥様に変換間違えを指摘されそうです

 

2019_03300038 400.jpg

 

 

今日は新元号が発表される日の様です

過去には慶応、明治、大正、昭和、平成など大学の名前が付けられています

今回は「東邦」とか「明豊」など高校の名前はどうでしょうか?

「東邦」元年、「明豊」元年なかなか良い響きです

今年のセンバツ優勝校は「東邦」か?「明豊」か?

 

バカだな〜

 

 

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」