開運色です

 

開運色です

 

 

今年の私の開運色は黄色ですが、私は基本的に黄色という色は好みません

 

黄色は光や太陽のイメージが浮かび知性を刺激し行動を活性化してくれるようです

 

ちなみに黄色の性格、キャラクターは以下の様です

 

明るい、フレンドリー、マイペース、ユーモアがある、好奇心旺盛、知識欲が強い、無邪気、お調子者、周りの状況を考えない、毒舌家、知ったかぶり、無神経、悪ふざけする、イメージリーダー、自己中心的、浪費が多い、子供っぽい、頭の回転が速い、おしゃべり、寂しがり屋、批評家、冒険好き

 

この様な性格、キャラクターは大なり小なり誰でもがもっているものの様な気がします

 

20120407_2331889_t.jpg

 

 

20150821_1737560 400.jpg

 

 

20150219_1514558 400.jpg

 

 

20131030_798107 400.jpg

 

 

20150627_1676474 400.jpg

 

 

20130405_377653 400.jpg

 

 

20110906_2032130 400.jpg

 

今年の神様のお告げです

 

初めに憂いあれどのちには吉、深く嘆き悲しむことなく身を慎めばやがて道は自ずから開く

心乱れるは災いの基なり

艱難汝(かんなんなんじ)を玉にすです

 

ちなみに「艱難汝を玉にす」とは「人間は苦労、困難を乗り越えることによって立派な人間になる」という意味の様です

 

「願望」は「おそいが後に叶う」

「方角」は「西南良し」です

失物は「低きところにあり」です、過日携帯電を落してしまいましたが数週間後に警察に届けて頂きました

「旅行」は控えて吉の様です

「争事」は考え直せですが、今のところ争い事はないのがありがたいです

「病気」は精神の安定が第一の様です、これが一番の課題です

 

そして今年の「開運色」は黄色です

 

おみくじとか占いは当たるも八卦当たらずも八卦の様です

 

八卦です

 

220px-Acht-trigramme_svg.png

 

 

娘がタイに行った時のお土産です

黄色が私の今年の開運色という事で象のぬいぐるみを買ってきてくれた様です

ありがぞうです

また奥様に変換間違えを指摘されそうです

 

2019_03300038 400.jpg

 

 

今日は新元号が発表される日の様です

過去には慶応、明治、大正、昭和、平成など大学の名前が付けられています

今回は「東邦」とか「明豊」など高校の名前はどうでしょうか?

「東邦」元年、「明豊」元年なかなか良い響きです

今年のセンバツ優勝校は「東邦」か?「明豊」か?

 

バカだな〜

 

 

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 



敗者復活です

 

敗者復活です

 

 

過去に撮影した画像を消去しようと思い再度見直しました

結構いけるかもです

私のパソコンの中には過去に撮影した塩漬けになった画像が数万枚保存されています

その中に意外と良いかもという画像が残っているかもしれないと思うとなかなか消去出来ないのです

 

今年の私の開運色です

私は基本的にあまり黄色い色は好みません

理由の一つは写真写りが非常に悪い色というよりも撮影するの難しい色の為です

 

20140104_912629.jpg

 

 

20140212_977014.jpg

 

 

20140510_1127201.jpg

 

 

20140131_955608.jpg

 

 

20151115_1832375.jpg

 

先日大相撲の春場所が終わり白鵬が優勝した様です

私は白鵬が入門したばかりの名古屋場所で白鵬の姿を目の当たりしています

当時の白鵬はひ弱な身体で、どの部屋からも相手にされない様な力士で、周りの人とあれはものにはならないよ、とか来年はもういないと思うよ、などと陰口をたたいていた事を想い出します

もしあの時、現宮城野親方に拾われなかったら現在の白鵬は存在しなかったのです

 

そして先日引退を表明したイチロー選手も同様です

スカウトに認められなければ、そして仰木監督に出会わなければ現在のイチローはだだの生意気で気障(きざ)な男の様な気がします

もっともイチローの場合は何事も承知のうえで意識して、わざとやっているところがすごいです

一歩間違えると副作用が出そうです

 

もちろん白鵬にしてもイチローにしても個人の才能とか努力があっての事ですが、出会いというか?、運というか?も成功の条件の一つの様な気もします

もっとも白鵬にしてもイチローにしても、成功者と採られるか?それがどうしたのと採れるか?は微妙な様な気がしますが、ある意味、評価に値する出来事の様な気がしますが一歩間違えると抵抗勢力の反発を受ける可能性がある様な気がします

 

白鵬にしてもイチローにしても現役後の第二の人生をどう生きるのかが興味があります

国会議員さんは選挙に落ちればただの人です

高級官僚も、社長さんも、大学教授も、戦闘機パイロットもリタイヤすればただのおじさん

スポーツ選手も現役を引退すればただの人です

 

20081203_444111.jpg

 

私の様にチャンスが沢山あってもそれに気付かない、気付いてもそのチャンスをものに出来ない人間もいるのです

ま〜私に限らず世の中のほとんどの人は自分の素晴らしさやビックチャンスに気がつかずに生きている様な気がします

もったいないお話です

 

現役の頃営業研修、教育という名の洗脳教育を何度も受けた記憶があります

 

ちなみに洗脳とは

特異な環境下で一貫した徹底的な教育を行い,従来もっていた思想,信念などを洗い流して新しい思想,信念を植えつけること。

〈思想改造〉を意味する中国語に由来。

程度の差,手法の巧拙はあれ,あらゆる教育が洗脳である

(インターネットより引用)

 

チャンスとは

あなたが行き詰ったと感じ、もう一歩も進めないと思ったとき、そして人生のすべての目標を見失ったと感じた時、それは実に素晴らしいチャンスです。

それはすべてをもう一度やりなおし、人生の新しいページをめくる素晴らしいチャンスなのです

(マイリーン・キャディの言葉です)

 

何が勝利か?何が成功か?は誰にも分からない事の様な気がします

自分が良いと思ったことが一番の様な気がします

そして自分以外の一人でも良いから自分の生き様に共感して頂ける人がいれば最高の人生だったと思える気がします

 

世の中の出来事には必ず副作用が伴います

そして作用反作用の法則ではないですが良い事の裏には必ず副作用が伴うものだという事を肝に銘じたいものです

 

人生に敗者復活戦というものがあったら私の場合「今がその時」の様な気がします

今が人生の敗者復活の最後のチャンスの様な気がします

 

敗者復活のお話が変な方向に向いてしまいオチが出てきません

 

こんな時のオチは

 

毎回”なんでやねん”

 

です

 

20140401_1060286.jpg

 

今日は天気も良い様なので午前中は昨日もテレビのニュースで枝垂れ桜が見頃という事なので奥様と見に行こうなと想っています

そして午後は「東邦」対「富岡西」をテレビ観戦し、PM8時に就寝という段取りで今日一日を過ごそうと思っています

本来なら晩酌をしてという文言(もんごん)が入ると最高なのですが残念ながら私は下戸(げこ)です

 

今日の走行距離は約50kmから100km以内を想定しています

 

初めに結果の報告書を作成し進行とともに空欄を埋めていけこれを企画という

(行動力基本動作10ヶ条より)

 

明日のブログのネタは枝垂れ桜と高校野球の様な予感がしますが私の場合そうならないところがミソクソです

まさに当ブログは味噌と糞が一緒くたの訳の分からないブログでこの様な兆候はボケの前兆という見立てもある様です

 

ま〜元気で生きているよ〜という安否情報の発信と思って「聞き流す」、ではなく文章の場合はなんというのだろ〜

早速インターネットで検索してみよ〜と

 

文章の場合は「斜め読み」という様です

 

最近は便利な世の中になりました、なんでも瞬時に答えが出てしまいます

その反面怖さもあります

何事においての副作用が伴う様です

少々諄いようです

 

また人生の大先輩にお前のブログは自虐的で諄く(くどく)て長すぎると言われそうです

こんなしょうも無いブログを読んで頂くのも功徳(くどく)だと思ってます

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 



春の花です

 

春の花です

 

 

昨日はお彼岸という事で名古屋の奥様の実家のお墓参りに行って来ました

日泰寺の本堂と五重の塔です

 

20180812_2059105.jpg

 

途中に名古屋市農業センターに寄ってみました

残念ながらしだれ梅の見頃は終わってました

今年は例年に比べると花の開花は全体的に1週間から10日早いようです

お墓参りの後は名古屋空港にFDAの13号機を撮影に行ってみました残念ながらまだ来ていないようでした

この日の走行距離は123,1kmでした

 

四手辛夷(シデコブシ)です

 

奥様のリクエストで撮影です

始めて見る花です

花の色は白以外にもピンクとか赤がある様です

 

2019_03220026 400.jpg

 

「シデコブシ」はモクレン科に所属しており日本固有種で愛知県、岐阜県、三重県の東海三県のみに分布する「生きている化石」と言れる貴重な植物で環境省の準絶滅危惧種に登録されている様です

 

2019_03220025 400.jpg

 

四手辛夷(シテコブシ)の花言葉は「友情」とか「友愛」とか「歓迎」の様です

ちなみに「四手」とはしめ縄につける紙の事の様です

 

2019_03220017 400.jpg

 

「四手」です

ちなみに「辛夷」とはモクレン科の落葉高木の総称の様です

 

20180101_1907230.jpg

 

チューリップです

春を代表する花です

チューリップと言えは砺波です

今年も4月上旬〜5月上旬にかけてチューリップフェアーが催される様です

 

2019_03220040 400.jpg

 

モクレンです

「辛夷」です

高石ともやとナターシャセブンの「私の子供たちへ」という曲の中に「辛夷(こぶし)の花が咲いていた」というフレーズがあったような記憶があります

今迄「辛夷の花」ってどんな花かな?とずっと思っていました

 

2019_03220008 400.jpg

 

白色のモクレンです

なかなかインスタ映えする画像には馴染まない花の様な気がします

 

2019_03220014 400.jpg

 

以下の花の名前は解りません

私は曲名とか花の名前とか鳥の名前、人の名前を覚えるのが苦手です

優秀な営業マンの鉄則は、まず人の名前を覚える事、そして名前を連呼するというのが基本中の基本の様です

仕事に限らず人間関係を良好に保つ成功の秘訣はまず名前を覚えることの様です

 

2019_03220041 400.jpg

 

 

2019_03220050 400.jpg

 

 

2019_03220067 400.jpg

 

今日から平成最後のセンバツ高校野球が始まります

愛知代表の東邦高校は平成元年(1989年)に優勝している様です

そして今年は平成最後の年です

平成元年に優勝し平成最後も優勝を期待したいものです

 

これから12日間は高校野球三昧になりそうです

 

 

 

 

感謝

 

 



カタクリの花です

 

カタクリの花です

 

 

豊田市郊外の足助町の飯盛山に群生するカタクリの花が今が見頃です

 

large-5c5681c78032b 300.jpg

 

 

2019_03200098 4001.jpg

 

 

足助町観光協会の作成したカタクリの群生地の案内板です

カタクリの花の寿命は二週間ほどの様です

本当に美しい時はほんの一瞬の様な気がします

球根はカタクリとして食用出来るようです

片栗粉はこの植物の鱗茎(球根)から抽出したデンプンの粉で、現在はそのほとんどにジャガイモやサツマイモから抽出したものが用いられている様です

東海地方では岐阜県高山市清見町大原地区で約4000平方メートルの敷地一面にカタクリが群生しているところがある様です

ここの見頃は4月下旬から5月上旬の様です

 

2019_03200107 400.jpg

 

飯盛山の山肌に咲くカタクリの花です

太陽の陽があたる加減で微妙に花の開き加減が異なっています

 

2019_03200026 400.jpg

 

カタクリの花の花言葉は「初恋」とか「寂しさに耐える」という様です

「初恋」はこの様に下を向いて咲く花の様子から、「恥じらいにより自分の気持ちをうまく伝えられない」、せつない初恋の気持ちを連想したものからの様です

また「寂しさに耐える」という花言葉もこの様にうつむいて咲く姿からが由来の様です

 

2019_03200060 400.jpg

 

蕾と完全に反り返った花のツーショットです

この日は蕾と満開の花が半々でまさに5分咲の絶妙のタイミングの日でした

ここ数年通って初めて見頃の日に出会う事が出来た様な気がします

 

2019_03200056 400.jpg

 

蕾が開き始めました

カタクリの花は気温との関係が大きいようで個体差もあるようですが、概ね17度前後で開花が始めるようです

 

2019_03200083 400.jpg

 

蕾が開花し始めてから数分後の姿です

 

2019_03200064 400.jpg

 

蕾が開き始めて10分から15分経過した姿です

この日は最高気温が20℃位まで上がり4月上旬の陽気で蕾がみるみる内に開花していました

こんなシーンはなかなか見れない事の様な気がしてとても感動しました

 

2019_03200096 400.jpg

 

完全に反り返る一歩前です

私は個人的にはこの位が一番美しいと気ではないかと勝手に決めています

ま〜価値観は人それぞれです

 

2019_03200052 4001.jpg

 

この様な完全に反り返った状態になるには気温がおよそ20℃以上になった時の様ですが、まだそのメカニズムについては解明はされていないようです

何事においても個人差、個体差がある様な気がします

特に自然環境においてはその傾向が顕著な様な気がします

 

2019_03200101 400.jpg

 

開花してすぐの花はとても美しいです

シミ一つついていません

これらの花も雨にあたると黒いしみが葉一面に点々とついてしまう様です

私も過去何回かはこれらの咲いたばかりの花を探すのに苦労していました

今回はほとんどがここ数日のうちに咲いたばかりの一番なりばかりの花だった様な気がします

はたして今日の雨でどうなるか気になるところです

 

過去に撮影した画像です

花びらに茶色の斑点がちらほら見えます

 

20180328_1964071.jpg

 

白色のカタクリの花です

カタクリの花で白い色は非常に珍しい様です

 

20170404_1745325.jpg

 

 

延命地蔵とろくじぞうです

 

「延命」という文字についカメラのシャッターを押してしまいました

 

2019_03200110 400.jpg

 

私は基本的には延命治療は否定的な考え方でしたが最近は少し考え方が変わってきました

ある先生の言葉によると、がんに限らずほとんどの病気に「完治」などという事はない、ほとんどが「寛解」で一時的に病気が暴れ出すのを抑えているだけだという考え方です

私の場合ステージ犬遼期がんですが最近では「寛解の可能性」は必ずしもゼロではないようです

延命治療と考えるか?単なる治療で奇跡が起きるかもしれないと考えるか?

病は気からです

最近の医学の進歩は目覚ましい様で、昨日の常識は今日の非常識、朝言った事は夕方には改める、まさに朝令暮改の世界の様です

余程自分がしっうかりした考えで行動しないと精神的にまいってしまいそうです

 

私の今の仕事は「一日でも長く元気に生きる」ことだと思っています

現役の頃研修の最後に必ず決意表明をさせられた記憶があります

”思っています”というといつも上司からいつまでも想っていろと激が飛んだ思い出があります

「一日でも長く元気で生きます」ですね

 

バカだね〜

 

まだこんなしょうもないいブログを毎日発信したり、言いたい放題、やりたい放題、そしてしょうもない冗談が言えている内はまだまだ大丈夫の様な気がします

下手な考え休むに似たり、人間万事塞翁が猪、二礼二拍手一礼 合掌 アーメン ラーメン ワンタンメンです

 

 なんでやねん 

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 



春の陽気です

 

春の陽気です

 

 

昨日は病院は午後からという事で午前中は奥様とデンパークに行って来ました

昨日の最高気温は18度Cだった様でまさに春の陽気です

今日も予報では16度C位になる様です

最近は年のせいでしょうか気温になかなか対応が出来ません

 

 

2019_02250114 400.jpg

 

 

2019_02250087 400.jpg

 

 

2019_02250056 400.jpg

 

 

2019_02250089 400.jpg

 

 

2019_02250080 400.jpg

 

 

2019_02250107 400.jpg

 

カナリナ・カナリエンシス

カナリー諸島原産のキキョウ科のつる植物の様です

釣鐘状になるオレンジ色の花が特徴の様です

 

2019_02250096 400.jpg

 

昨日の夕方から「ティーエスワン」の服用がスタートです

副作用の方はGC療法の様にひどくはないようですが個人差が有るので何とも言えないようです

あまり色々な事を考えず、今が普通と考えて、過去と比較しない、先の事は分からない、まさに奇跡を信じて「今を生きる」です

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 



盆梅展です

 

盆梅展です

 

 

昨日は奥様と大府市にある大倉公園内にある日本陶器(株)(現ノリタケカンパニーリミテド)の創業者だった大倉和親さんが別荘としていた施設で行われている第28回大府盆梅展に行ってきました

展示されている盆栽は約70点の様です

ちなみにこの催しは明日の日曜日の午後の3時まで行われている様です

 

私が一番のお気に入りの盆栽です

好みは人それぞれです

 

2019_02150053 400.jpg

 

今回の盆梅展で一番人気のあった盆栽です

最初に見た時はそれほどでもなかったのですが皆さまが良いと言ったっりすると、だんだんとその良さがにじみ出て来る様な作品です

まさに行列の出来る店と同じような心理、錯覚におちいってしまいます

写真ではこの盆栽の良さが表現できないのが残念です

何事も本当に美しいもの、素晴らしいものは写真ではなく自分の目の網膜に焼き付け、心の中に保存するのがよろしいようです

そして自分が良いと想ったものが一番の様な気がします

人の評価程あてにならないものはない様な気がします

 

2019_02150041 400.jpg

 

実物の方が感動的で美しいかった様な気がします

 

2019_02150058 400.jpg

 

盆栽は水やり3年と言われる様で朝晩の水やりが大変の様で長期間家を空ける事は出来ないところが辛いところの様です

生き物を育てるという事は大変の様です

そして趣味の世界は好きでなければ出来ない、まさに「無償の愛」の様です

 

2019_02150023 400.jpg

 

黄梅です

私の今年の開運色は黄色です

展示されている梅の花の色はほとんどが白か赤かピンクですが唯一の黄色です

私はどこに行っても少数派です

 

2019_02150050 400.jpg

 

フキノトウです

子供の頃、雪解けの頃に雪の間からフキノトウが顔を出している光景を思い出しています

 

2019_02150046 400.jpg

 

最近は盆栽は外国人に人気の様で破格の値段で買いに来るようです

最近もテレビのニュースで盆栽の盗難事件が相次いでいるという報道がありました

価値の高いものばかりが盗まれているという事で、盆栽の価値の分かるプロの犯行ではとの報道でした

盆栽を育てて楽しむ人、大金をはたいて所有して楽しむ人、金儲けをする人、盆栽を盗む人、人生色々です

私の様に価値の分からない人間にとっては単なる枯れ木に花、ブログのネタにすぎません

 

”それを言っちゃ〜お仕舞よ”ですね

 

盆栽について色々語って頂いた案内の方々に感謝です

趣味の世界に生きる人たちの共通する”何か”言葉や文章、画像では表現できない感情を共有出来た楽しい一時でした

皆さん良いお顔をされていました

 

お互いにバカだな〜

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 

 

 



牡丹です

 

牡丹です

 

 

昨日は奥様と名古屋市東区にある徳川園に寒椿を観賞に行ってきました

ボタンのかけ間違いをしてしまいました

寒椿ではなくボタンでした

 

2019_02010102 400.jpg

 

牡丹です

牡丹や椿や山茶花の花はとてもよく似ています

見分け方は葉の特徴で見分けるようです

 

2019_02010027 12.jpg

 

「牡丹の葉特徴」は全体に小さく笹の葉に似ている様で葉には艶がなく葉自体には厚みがなく薄いようです

「椿の葉の特徴」は全体に葉は大きく表面には艶があり、葉自体も少し厚みがあるようです

そして「山茶花の葉の特徴」は葉の表面には艶がなくギザギザしており、葉の付け根には産毛の様な毛が集まっている様です

 

2019_02010009 400.jpg

 

北風から花を守っているのでしょうか?

 

2019_02010024 400.jpg

 

椿の花言葉は「控えめな優しさ」とか「謙虚」という様です

ちなみに牡丹は「風格」とか「恥じらい」で山茶花は「困難に打ち勝つ」とか「ひたむき」という様です

私にはどれもありません

特に「困難に打ち勝つ」とか「ひたむきさ」などはみじんもありません

風格とか恥じらいなどみじんもありません

「みじん」とは「にんじん」とは違う様です

微塵(みじん)は”細かなちり”と書く様で、「量や程度がごくわずかであること」をいう様です

 

この画像ボケている様に見えるかもしれませんが違います、わざとやっているのです

ボケとソフトは紙一重です

 

2019_02010069 400.jpg

 

葉以外にも香りに特徴があるようです

私にあるのは老人臭のみです

臭いも他人の臭いは気になりますが、自分の臭いは気にならないところが問題です

他人の振り見て我が身を・・・・ですね

 

プロがやると新技法でアマチュワがやるとボケていると言われます

偉大なるアマチュワそしてボケ老人は何をやっても、言っても許されるところがありがたいです

早い話が真面に相手にされていないのですね

 

2019_02010067 400.jpg

 

そして花の散り方も特徴があり椿は花全体から落ち、山茶花は花びらが1枚1枚落ちるようです

今日のお話のオチは花びらの落ち方でした

 

今日のオチはなかなか良いではないか

老人は自画自賛するしかありません

 

 

 

感謝

 

 

 

 

 

 



梅見月です

 

梅見月です

 

月日が過ぎるのは早いものでもう2月です

 

特に1月は行く、2月は逃げる、3月は去るという慣用句もある通り特に月日の経つのが早く感じられます

 

2月と言えば何と言っても「梅見月」という事で梅です

 

20180301_1945334.jpg

 

この地方で梅の名所と言えば知多市にある佐布里池の梅が有名です

 

ここでは毎年「梅まつり」が催されます

 

今年も「佐布里池梅林佐布里緑と花のふれあい公園」で2月9日(土)〜3月10日(日)まで催されるようで、今年で28回目になるようです

 

ここのところ毎年奥様と見に行きますが、昨年は早すぎ、一昨年は遅すぎた様で、今年こそは見頃を見計らって行こうと想います

 

まさに「三度目の正直」を狙いたいものです

 

花の命は短くて見頃はほんの一瞬です

 

umematuri28.jpg

 

この他にも岡崎市の「岩津天満宮」や名古屋市緑区にある「大高緑地公園」や名古屋市天白区にある「名古屋農業センターのしだれ梅」などがこの地方の梅の名所の様で毎年「梅まつり」が催されるようです

 

ちなみに「岩津天満宮」の梅まつりは2月の上旬から、

 

そして「大高緑地公園の梅まつり」は来月の2日〜10日まで

 

そして「名古屋農業センターのしだれ梅まつり」は2月23日(土)〜3月17日(日)まで催されるようです

 

また大府市の大倉公園では毎年「大府盆梅展」が催される様で、今年も2月10日(日)〜2月17日(日)の8日間行われる様です

 

まさに2月は梅見月です

 

そして2月からの当ブログは「短く簡単明瞭」に、そして「読みやすさ」を心掛けたいと想っていますが「いつまでも想っていろ」という声が聞こえてきます

 

不言実行です

 

 

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 



実像と虚像です

 

実像と虚像です

 

 

「実像」は真の姿で「虚像」は造られたウソの姿をいうようです

ちなみに写真とは「ありのままを写す」ことを言う様です

 

デンパークに咲く秋の花です

これらの画像はすべてお化粧を施した虚像です

フイルムの時代ではカメラの中でシャッタースピードや露出を調整してこれらの画像の処理をしたもので、真面な画像を撮影するのにも一苦労したものです

最近はカメラの性能も向上し、さらにパソコンの修正ソフトの出現でお化粧も簡単に出来る様になってきました

傾きの修正や露出補正などはお手の物で、邪魔のものは消したり、無いものをつけ加えたりもできるようで、まさに”それをしちゃ〜お終いよ”の世界です

 

2018_09260094 400.jpg

 

サルスベリの花です

 

2018_09260081 400.jpg

 

 

2018_09260038 400.jpg

 

 

2018_09260017 400.jpg

 

 

2018_09260092 400.jpg

 

 

2018_09260019 400.jpg

 

 

2018_09260022 400.jpg

 

最近の出来事を観察していると実像と虚像の区別がつけにくい時代の様な気がします

昭和のアナログの時代では「プロとアマ」、「本物と偽物」、「実像と虚像」、「白と黒」、「与党と野党」、「気質とヤクザ」などの差や違いがシンプルで比較的分かり易い時代だった様な気がします

最近のデジタル社会では「本物より偽物」、「実像より虚像」の方が良く見えると錯覚する様な時代の様な気がします

最も「本物」の捉え方や考え方、価値観が違っていればこのお話は成立しません

 

最終的にお金が万国共通の価値観の基準の様な気がします

”お金では買えないものがある、お金では解決できない事もある”と信じたい気がする今日この頃です

まだまだ未熟ですね

シンプル・イズ・ベストと言っていた、白と黒がはっきりしていた昭和のアナログの時代が懐かしいな〜

それを言っちゃ〜お仕舞よ

常に死を覚悟して生きてきたバカは最後までバカを通すのがヤクザな人生を歩んできた男の「落とし前」ですね

どうせヤクザな人生だったらもっと”ズル賢こく”生きてくれば良かったのにな〜

貴乃花親方を見ているともっと”ズル賢こく”生きれば良いのにな〜と想ってしまいます

最もそれが出来る人と出来ない人が世の中にはいるのですね

不器用で世渡りべたでバカなお人ですが、そこが貴乃花の個性で人気の秘訣です
体制を守る側、改革する側、共に生きるために必死ですが利害関係に無い人間にとってはどうでも良い事、お話です

最近は利害関係のない人間にとてはどうでも良い事で大騒ぎしすぎの様な気がします

「実像と虚像」のお話がまた変な方向に向いてきました

何が言いたかったかと申し上げますと生かさせて頂けていることに感謝という事です

今日も楽しい一日になりそうな予感です

 

今日のリハビリを兼ねた朝の散歩は雨という事で中止です

犬を飼われている方は雨でも犬の散歩に付き合わないといけないようです

自分が生きるのに精一杯の私には犬を飼うなどと言う事はとても出来ない事です

ましてや世の為人の為のボランティア活動などはとてもできません

 

それにしても読む人もいない、一銭にもならない当ブログを毎日更新している自分を褒めてあげたいです

まさに究極のバカですね

当ブログは私の鏡で遺書でもあります

死ぬ間際まで当ブログを発信し続ける事が私の理想ですが正直言って最近少しストレスになってきました

いつ死んでも悔いはないと言いながら71年間生きてきてしまいました

明日死ぬかもしれないと言っているとまた10年、20年生きないといけなくなってしまいます

なかなか無の境地になれません

まだまだ未熟で修行が必要の様です

 

 

 

 

合掌

 

 

 

 

 



秋バージョンです

 

秋バージョンです

 

 

昨日は奥様と久しぶりにデンパークに行ってきました

夏バージョンから秋バージョンに変える作業が行われていました

 

 

2018_09120009 400.jpg

 

 

地湧金連(チュウキレン)です

 

地面から湧き出る様に咲く金色の蓮という意味の様ですが蓮ではなくバナナに近い仲間の様です

 

2018_09120040 400.jpg

 

 

2018_09120058 400.jpg

 

 

コチョウランです

 

花言葉は「幸福が飛んでくる」とか「純粋な愛」という様です

 

2018_09120068 400.jpg

 

ピンクのコチョウランの花言葉は「愛しています」という様です

 

2018_09120063 400.jpg

 

白のコチョウランの花言葉は「清純」という様です

 

2018_09120076 400.jpg

 

「らしくね〜よ」という様な声が聞こえてきます

「愛しています」とか「清純」確かに私には似合いません

 

2018_09120044 400.jpg

 

 

2018_09120074 400.jpg

 

 

2018_09120054 400.jpg

 

 

2018_09120086 400.jpg

 

 

2018_09120090 400.jpg

 

最近やっと花を撮影しようという心のゆとりが出てきました

美しいものを見て素直に美しいと感じる事ができる様になった自分に感謝です

 

 

 

 

 

 

 

合掌

 

 

 

 



calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」