シリーズ 切手


シリーズ 切手


切手趣味週間





切手趣味週間と言えば1948年に発行された菱川師宣画の「見返り美人」です

幻の切手です


雨中湯帰り

鳥居清長画
1958年4月20日発行




中学生の頃「ビードロを吹く娘」や「えび蔵」そしてこの「雨中湯帰り」などの大型の切手を何とか手に入れたいと考えていましたが40数年後実現しました


江戸兵衛と重の井

東州斉写楽画
1984年4月20日発行




南波照間


菊池契月画
1986年4月15日発行




民営化された現在も切手趣味週間は受け継がれているようです

切手には多くの想いが込められています

切手収集が趣味の王様と言われる所以です

突然ですが切手はほとんどが四角形です

私は四男です

角が多くなればなる程円に近くなります

丸い切手もあっていいかな?

どうでもいい話でした

今週の私のブログは切手週間でした






(^−^)




シリーズ コイン 地方自治60周年


シリーズ コイン



地方自治60年1000円硬貨


久し振りにシリーズコインの復活です

地方自治60年1000円記念硬貨は素材は純銀で重さは31,1g、直径が40mmの大型コインです

だいたいこの画面の画像が実物大の大きさです

裏面はこのデザインで統一されているようです






地方自治60年記念コインは年間数枚のペースで順次発行される様です

発行枚数は各10万枚です

独立行政法人造幣局が製造しているようです

22年度は以下の6県の記念硬貨が発行されました



佐賀県            青森県

   


愛知県            福井県

    


岐阜県            高知県

    


コインは政府の権限で発行出来るようです

財政難の折大量に発行してタンス預金と交換すると財政難の一助になるかもしれませんね(^−^)

コインブームの時は銀行に何回も並んで購入した記憶がありますが最近は関心も薄れてきました

ちなみに過去に発行された道府県は初回の2008年は北海道、京都府、島根県、2回の2009年は新潟、長野、茨城、奈良の4県で1道、1府、11県の13道府県が2010年までに発行されたことになります

47都道府県すべてが出揃うにはおおむね10年の歳月が必要な様です

最近はもの事に執着出来にくくなったお年頃になりました

長生きの秘訣の一つに執着心が必要な気がします

地方分権が叫ばれている今日この頃です

地域に密着したきめ細かな政治が求められています

国会議員の定数を減らし霞が関の公務員を減らし中央集権から地方分権に改革する時です

これ以外生きる道はありません

大阪都、中京都構想大賛成です

これからは地方自治の時代、連邦制の時代です



(^−^)




シリーズ 切手 中国切手 


 シリーズ 切手


中国切手 




ジャイアントパンダ

1973,1,15発行の中国切手です

発行枚数は各1000万枚

6枚がセットはなかなか貴重な品のようです

墨絵風に描くパンダ

変造品も出回っているようです

この切手はKimさんの父上が御存命中に収集した切手です

1970年代のこの頃がパンダブームでした

そして日本の古き良き時代でした

現在の中国は日本のこの頃ではないでしょうか










中国ではこのほかにもパンダをデザインした切手が多く発行されているようです

中国でもパンダは人気者なのですね

香港やマカオでも独自に切手が発行されています



1950,7,1中華人民共和国開国

国旗と毛主席




中華人民共和国は1949年に成立した新しい国です

しかし切手の数は日本より多いのではなどと感じてしまいます

国土の広さ、人口の多さがなせる技です



中国香港特別行政区成立小型シート





中国マカオ特別行政区成立小型シート




これからは中国の時代ではないでしょうか?

台湾も近い将来は中国の特別行政区となるのでしょうか?

日本もしっかりしないと将来、中国の特別行政区成立小型シートを発行しなくてはならない事態になりかねません

大相撲の世界がこれからの日本の姿を暗示しているような気がします

冗談半分、真面目半分です


(^−^)



シリース 切手


シリーズ 切手





前島密(まえじま・ひそか)



日本の近代郵便制度の創設者で「郵便制度の父」と呼ばれている

郵政民営化をどんな想いで見ている事でしょうか?




昭和から平成へ

昭和64年お年玉切手





昭和64年 から 平成元年へ





この頃日本はバブルが崩壊

年号が昭和から平成に変わっただけではありません

この年を境に日本が大きく変化してきた気がします

このころからリストラという言葉が頻繁に使われ始めました

終身雇用の崩壊の始まりでした


帝国議会議事堂完成記念


1936年11月7日発行

1銭5厘切手

現在の日本で議会制民主主義が完全に機能しているのでしょうか?








教育勅語50年記念

1940年10月25日発行

4銭切手

「忠孝」の文字が書かれています






教育勅語 12の徳目



1,親に孝養をつくそう(孝行)

2,兄弟・姉妹は仲良くしよう(友愛)

3,夫婦はいつも仲むつまじくしよう(夫婦の和)

4,友だちはお互いに信じあって付き合おう(朋友の信)

5,自分の言動をつつしもう(謙遜)

6,広く全ての人に愛の手をさしのべよう(博愛)

7,勉学に励み職業を身につけよう(修業習学)

8,知識を養い才能を伸ばそう(知能啓発)

9,人格の向上につとめよう(徳器成就)

10,広く世の人々や社会のためになる仕事に励もう(公益世務)

11,法律や規則を守り社会の秩序に従おう(遵法)

12,正しい勇気をもって国のため真心を尽くそう(義勇)



教育勅語を(きょういくちょくご)と読める若者は少なくなっただろ〜な?

今では「忠孝」などという言葉は完全な死語ではないでしょうか?

どうでもいい話でした

昭和は遠くに行きにけり老兵は去るのみのこころだ〜

以上の切手はKimさんの父上が趣味で収集したものです




シリーズ 切手


シリーズ 切手


鉄道



鉄道75年記念 弁慶号


北海道最初の機関車

1947年10月14日発行





この切手保存状態が良ければなかなかのものなのですが・・・・・・

「円」の文字が「圓」という字で時代を感じさせます



国鉄からJRへ

1987年4月1日に国鉄の分割、民営化が実施それを記念して2枚の記念切手が発行されました




国産第一号の蒸気機関車

1987年4月1日発行


1987年 新鉄道事業体制発足記念


リニアモーターカー

1987年4月1日発行





東北に住む友人の父上が収集していた切手をプレゼントしていただきました

今後シリーズ切手として父上秘蔵の切手を紹介していきたいと思います

今回は鉄道です

最近は趣味の多様化で切手収集を趣味とする人も切手ブームの時に比べると少なくなってきましたがまだまだ趣味の王様の地位は揺らぎません


記念切手やふるさと切手、年賀切手など色とりどりのデザインの切手が毎年発行されています






1290形蒸気機関車

1982年6月23日発行

1982年 東北新幹線開通記念




200系電車

1982年6月23日発行



1964年 東海道新幹線開通記念





新幹線0系

1964年当時は私は高校生でしたこのころから切手ブームは始まったように記憶しています

私も少ない小使い銭の中から「関門トンネル開通記念」切手や「ブラジル移住50年記念」切手などを集めた事や「ピードロを吹く娘」や「雨中湯帰り」などの大型切手がなかなか手に入れることが出来なかった事を思い出します




蒸気機関車 8620


鉄道と言えば蒸気機関車です

1974年から1975年にかけてSLシリーズ全5集が発行されました

この記念切手は1975年4月3日にC11とともに発行された第3集です

使用済みの消印が実物の証明です





これから順次「シリーズ切手」としてKim師匠の父上の秘蔵コレクションを紹介していきます

乞うご期待です

次回は「昭和から平成へ」を予定しています



シリーズ コイン 地方自治60年記念コイン



シリーズ コイン


地方自治六十年記念コイン


平成19年が地方自治法が施行されて60周年ということでこれを記念して平成20年から47都道府県ごとのデザインをあしらった記念貨幣が順次発行されている。

地域の活性化の願いを込めての記念硬貨の発行のようです。

記念硬貨の裏面




平成二十年度は北海道、京都府、島根県





平成二十一年度前半は長野県、新潟県





平成二十一年度後半は茨城県、奈良県





1000円の記念硬貨の発行枚数は10万枚で造幣局が貨幣セットとして6000円から7400円で販売されたようです

ハガキでの申し込みし抽選になるようでなかなか手に入らない代物のようです

尚500円100円の記念硬貨は銀行などの窓口で交換できるようです

ちなみに22年度前半は福井県、岐阜県、高知県のようです

47都道府県をすべて集めるのは至難の業でしょう




シリーズ コイン<5円硬貨><1円硬貨>

 シリーズ コイン 

<5円硬貨>



「五円硬貨」(ごえん)が「ご縁」に通じるとして縁起が良いと硬貨として賽銭などとして好まれている。



五円硬貨には、農業、工業、水産業、林業を表すデザインが盛り込まれている、稲穂は農業、丸い穴のぎざぎざは歯車を表現されており工業を、歯車の下には水を表現しており水産業を表している、また裏面には双葉が描かれており林業を表している。

素材は黄銅で銅が60〜70%、亜鉛が40〜30%で重さは3,75g
直径22mmで1959年(昭和34年)に発行開始された、製造原価は額面の5円より高いようだ。

現在日本で発行されている硬貨でアラビヤ数字での額面表記のない唯一の硬貨として珍しい存在だ。

また穴あき硬貨は海外では珍しく五円硬貨をお土産にあげると喜ばれることがある。

五円硬貨の使い道は限られている、自動販売機は10円以上の硬貨しか使用できない、今の時代「五円」で思いつくのは消費税、スーパーのレジ袋そしてお賽銭位かな、これで消費税が上がってしまったら5円の存在価値はつり銭と賽銭としての価値しかなくなってしまう。

これから国際化が進むとアラビヤ数字の表記が求められてくるかもしれないが「五円硬貨」は唯一日本らしい硬貨として生き残ってほしいものだ。

ご縁がありますように合掌

シリーズコイン 

<1円硬貨>



1円硬貨を1枚を製造するコストは額面価格1円より多くかかるようだ、素材はアルミ二ウム100%で重さは1gでアルミ二ウムの原価だけで0,7円掛かるようでそれに製造コストを足すと1円以上になってしまうようだ。

1円玉も消費税3%が導入された時は流通量が激増したが消費税が5%に増税された1997年以降は激減してしまったようだ。

5円硬貨と1円硬貨の共通点は額面価格よりも製造原価のほうが高いのと、消費税の税率によって栄枯盛衰がある点だ、5円硬貨も近々消費税が増税されるため1円硬貨同様に空きビンや机の引き出しの中での生活が予想される。

シリーズ コイン Α500円硬貨
シリーズ コイン А100円硬貨 
シルーズ コイン ─ 50円硬貨
シリーズ コイン   10円硬貨
シリーズ コイン  アイゼンハワーダラー
シリーズ コイン ´◆カラーコイン



シリーズ コイン  <10円硬貨>

 シリーズ コイン 

<10円硬貨>




10円硬貨の表には世界文化遺産に認定された京都府宇治市にある「平等院鳳凰堂」が描かれている。



裏側には一年中青々している常磐木の葉がデザインされている。

日本のコインの裏表は法律では決められていないが「平等院鳳凰堂」が描かれている方が表とされているようだ、私は長い間数字の書かれている方が表とばかり想っていた。

10円というと電話の通話料金の市内通話が3分間10円だった、また10円切手で封書が送れたことを思い出す、現在では携帯電話が普及して公衆電話はほとんど見かけなくなり、郵便の封書も80円になってしまい10円玉の存在感が薄くなってしまった。

現在10円で買えるものはと言われても、ほとんど想い浮かばない強いて言うならスーパーのレジ袋が2枚買える位かな、どちらかというと100円ショップとか100円均一など100円のほうが現在はなじみがある。

貨幣の原価を調べてみると500円硬貨は30円、100円硬貨は25円、50円硬貨は20円と額面より大幅に安く出来ている、逆に額面の小さい5円硬貨の原価は7円、1円硬貨に至っては額面の3倍の3円もかかってしまう様だ、しかし唯一額面と原価が一致しているのは10円硬貨だけのようだ。

10円硬貨一つとってもなかなか奥が深い、インターネットで検索してみると「10円コーヒー」とか「10円まんじゅう」など面白い話が続々出てくる。






シリーズ コイン  <大型コイン>


シリーズ コイン 


<大型コイン>



この大型コインの直径が何と10,4cmで重さが1kgもあるようだ、このほかにも直径14cmというものや、重さ3kgというコインもあるようだ。

記念コインのため市場ではほとんど流通はしていないようだが何とも夢のある話だ,日本も大判、小判の復刻版を発行すると面白いと思う、額面100万円位の大判で、大きさは縦15cm横10cm位の楕円形の形が良いのでは、使用目的は箪笥預金用とする。

現在日銀の試算によると箪笥預金で約30兆円位のお金が眠っているのではといわれている。

そんな箪笥預金を無利子国債を発行して箪笥預金で購入してなどという案も浮上しているようだ。

無利子国債などといわずに大型の大判を発行して箪笥預金用として交換すれば市場にお金が流れ景気も回復するのでは?

、紙幣だと火災などで燃えてしまう危険性があるが大判のような硬貨だとそんな心配もないし、保管場所もタンスに限らず地中に埋めるなど保管場所も増え、景気が回復する効果もあり一石二鳥のアイデアだと思う・・・・・

こんなバカげた無責任なことを考えるのは貧乏人の発想のこころだ〜



シリーズ コイン ─。毅葦濆轍


シリーズ コイン ─

50円硬貨



五十円硬貨は日本政府発行の補助硬貨で通称「50円玉」と呼ばれている,白銅と銅が75%、ニッケルが25%、重さは4g、直径が21mmで1955年(昭和30年)初代クラウンが販売された年に発行された。

表面は「日本国」「菊の図案」「50円」が裏面は「50」と「年号」がデザインされている、初代は無孔で素材はニッケル100%だった、二代目は1959年(昭和34年)に発行が開始され素材はニッケル100%は変わらないが有孔になった。

そして1964年(昭和42年)から現在使われている三代目の「50円硬貨」になったようだ、この三代目硬貨はスイスの
「20サニーム」と重さと直径が同じで日本の自動販売機で悪用された事があったようだ、同じような例として韓国の「500ウオン」が「500円硬貨」と直径が同じで重さは表面を削って調節して悪用された事件もあった事を思い出した。

当時の「500ウオン」と「500円」では10倍の差があったため手間暇かけても採算があったようだ、にせ札の話はよく耳にするが、偽造コインの話はあまり耳にしないが日本のように自動販売機が普及している国ではこれからますます国際化が進んでくると増えてくるかもしれない。

どうでもいい話だが日本の「50円硬貨」よりもスイスの「20サニーム」のほうが価値がありそうに見えるのは私の眼の錯覚かな?

孔あきコインは世界でもめすらしく中国などではお土産に5円硬貨や50円硬貨を持って帰るようだ、孔あきコインで珍しいのは「かまぼこ型の穴」が開いたコインで列車がトンネルから出てくる図柄で「かまぼこ型の穴」がトンネルをイメージされているものです。

コインを見ているとさまざまなお国柄が見えてきてなかなか面白いのこころだ〜



calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」