本当の事を云ってください

 

本当のことを云ってください


西岡たかし”これがボクらの道なのか”です
「本当のことを云ってください」素晴しいフレーズです

言う、云う,謂う(いう)とは

[動ワ五(ハ四)]
言葉を口に出す。心に思っていること、考え・判断などを相手に伝達するために、言葉に出したり、文章に表したりする。
口を通して言葉として出す。「やっと片言を―・うようになった」
言葉にして表す。思うことを言葉で表現する。「文句を―・う」「だれもが彼のことをよく―・わない」「これ以上―・うことはない」「出席できない旨を手紙で―・ってきた」
名づける。称する。…と呼ぶ。「一一月三日を文化の日と―・う」
世間の人がそのように称する。一般にそう呼ばれている。「縁起がいいと―・われる大安の日」「彼は無類の好人物と―・われている(Goo辞書よりコピペ)


言う、云う、謂うはどのように使い分けるのでしょうか



1970年今から44年前の曲です
私は当時23歳でした
この年の主な出来事です
大阪万博、日航よど号ハイジャック事件、ボーリング・ブームなどが思い出されます
当時学生の間では「立てばパチンコ、座れば麻雀、歩く姿はボーリング」などという言葉が流行っていました
当時のパチンコは立って手動で玉を補給していた時代です
そして玉が出ないと台を叩くと台の裏側から強面のお兄さんが顔を出し「台を叩くじゃね〜」と脅されたものです
また流行語としては
ウーマン・リブ(女性解放運動)や三無主義(無気力、無関心、無責任この時代の若者を表す言葉)そして”しらける”などという言葉が流行りました
また一部の学生の間では”三無主義の学生”を”日和見主義”と云って批判していました
日和見主義とは
自分に都合のよいほうへつこうと、形勢をうかがう態度をとること。機会主義。オポチュニズム
(Goo辞書よりコピペ)

西岡たかしさんが歌っている”これがボクらの道なのか”という曲は当時はごく一部の日本の進むべき道を真剣に考えていたリベラルな学生の間で支持されていた曲です
リベラルとは

政治的に穏健な革新をめざす立場をとるさま。本来は個人の自由を重んじる思想全般の意だが、主に1980年代の米国レーガン政権以降は、保守主義の立場から、逆に個人の財産権などを軽視して福祉を過度に重視する考えとして、革新派を批判的にいう場合が多い。自由主義的。「―な思想」
因習などにとらわれないさま。「―な校風」

(Goo辞書よりコピペ)

1970年 頃を境に高度経済成長が加速し競争社会が激化し日本も大きく変わってきました
そしてこの曲の意味を真摯に受け止め愚直に生きた人たちの多くは競争社会の歯医者(間違えました)敗者となったのです
愚直とは

[名・形動]正直なばかりで臨機応変の行動をとれないこと。また、そのさま。ばか正直。「―に生きる」
(Goo辞書よりコピペ)

”本当の事を云ってください”

 

高田渡の”あきらめ節”です

添田唖蝉坊(そえだあぜんぼう)の詞に高田渡さんが曲をつけた曲の様です

はじめて聞いたときは唖然としました

ちなみに唖然とは「思いがけない出来事に驚きあきれて声も出ないさまをいう様です


 

諦めてばかりじゃダメじゃないか

 

自分を褒めてやろう

 

 


('_')



 



故郷です

 

故郷です

 

 

故郷とは生まれ育った土地とか、かつて住んだことのある思い出の土地とか、精神的な拠り所などをいう様です

私は生まれは三重県の津市で住民票に記載されているので間違いないようです、しかし津市については何の記憶もありません

私の故郷はと問われればやはり青春時代を過ごした信州です

 

 

故郷が恋しくなるお年頃になりました

”帰るところはやまふところ”なかなか素晴らしいフレーズです

お盆も今日で4日目です

 

そして般若心経です

 

 

 

 

合掌

 

 

 



”クラシック音楽の日”です

 

”クラシック音楽の日”です

 

 

今日は数字の語呂合わせ「ク(9)ラシ(4)ック」で「クラシックの日」の様で日本音楽マネージャー協会が1990年に制定した日の様です

 

喜歌劇「天国と地獄」序曲です

 

 

クラシック音楽とは?

改めて問われると「?(はてな)」です

インターネットで検索すると「西洋の芸術音楽の総称」の事を言う様です

西洋以外の国では古典音楽を「民族音楽」という様です

日本では「邦楽、洋楽」と言っているようです

「クラシック音楽」に対して通常普段よく耳にする近代の音楽は「ポピュラー音楽」という様です

一昔前の日本では”クラシック音楽を聴いているよ”というと変な目で見られたような記憶があります

特に私の様な”義理と人情を計りにかけりゃ義理が重たい・・・”という様な事を言っているタイプの人間がクラシック云々を言うと「らしくない」様で”「演歌」の方がお似合いよ”の様です

 

私の現役の頃のお気に入りはグリンカの歌劇「ルスランとリュドミュラ」序曲です

現役の頃車で通勤途中の車内でカーステレを聞いてテンションを上げて通勤した事を想い出します

 

クラシック音楽について難しいお話は分かりませんが今でも時々FM放送から流れてくるクラシック音楽を聞くたびに何となく心が癒される様な気がします

私にとってのクラシック音楽は”暮らし”が”疾駆”になる様な気がします

ちなみに”疾駆(シック)とは「車や馬を速く走らせること」の様です

そうか〜現役の頃スピード違反が多かったのは”疾駆”のせいだったのか〜

冗談です

この場面は笑って頂くところです

今日もこの様な馬鹿な事を言いながら楽しい一日になりそうな予感です

しかし今の私の暮らしは四苦八苦でまさに「天国と地獄」です

まだまだ未熟です

人生一生修行です

 

 

 

 

('_')

 

 



墓参りです

 

墓参りです

 

 

今日は奥様の家のお墓と私の両親の墓参りの梯子です

まだお盆には少し早いのでどちらの墓地も墓参りの人はまばらでした

 

 

 

お墓に行っても両親はそこには居ない事は承知しています

しかし我が家の奥様は墓参りに行こうとよく私を誘います

私は墓に行っても両親はそこにはいないよと諭すのですが・・・・・・

最近”お墓を守る”という事の意味を理解できない方がおられます

お墓とは?

文章や言葉では表現することが出来ないものなのです

しいて言うなら”心の拠り所”とか”アイデンティティ”とでもいうのでしょうか

言葉や文章にすると”な〜んだそんな事か”です

そんなことなのです

 

 

 

 

合掌

 

 

 



ふらっとです

 

ふらっとです

 

 

ふらっと

”フラット&スクラッグスの演奏する曲です

このバンドは私のお気に入りのバンドの一つです

 

Flint Hill Special

 

 

最近は昔聞いた曲がその当時の思い出とオーバーラップして懐かしく想い出されます

昔は良かったな〜

私も年をとりました

今思うと楽しい思い出しか浮かんできません

周りの迷惑も考えず自分のやりたいことをして生きてきて良い事半分そうでない事半分と想えるお年頃になりました

自分の人生はどうだったのか?

その答えは近い将来出そうです

あ〜面白い人生だったと笑って終われる様にしたいものです

まだまだ頭では理解はしているのですが実践することは出来ません

あの時心を鬼にして”ああしておけば”とか”こうしておけば”の後悔、懺悔の毎日です

優しさと強さは紙ひとえです

良い事悪い事も同様です

何事にも副作用が伴います

何もしない事、見ざる、聞かざる、言わざるが一番なんですがこれすなわち死ですね

私はまだまだ死なせていただけないようです

まだまだ修行が必要です

 

人生一生修行です

 

 

 

('_')

 

 

 



ピアノの日です

 

ピアノの日です

 

 

今日は「ピアノの日」です

今日は何の日〜毎日が記念日〜によると「1823年のこの日、シーボルトが初めて日本にピアノを持ち込んだ日」の様です

 

 

 

 

ベートーベンのピアノ協奏曲 第5番「皇帝」の第3楽章の冒頭部分の聴き比べです

 

 

同じ曲でも演奏する人や指揮者や録音の仕方や聞く側の精神状態などでだいぶ違って聞こえます

解釈や好みは人それぞれです

違いの分かる人間を目指したいものです

 

ピアノと言えば我が家には姉が娘にとピアノを頂きましたが20数年使っていません

姉は使わなければ処分しても良いよと言ってくれますがなかなか処分できません

我々の世代はピアノは高価なものでピアノが持てるという事は特別な意味を持った存在だったのです

現在ではそのような価値観は薄れてしまったような気がします

今ではお金さえ出せばだれでも手に入れることが出来る世の中です

 

そして”ピアノ売ってちょだい〜”というTVコマーシャルが人気です

 

タケモトピアノのCMです

 

 

タケモトピアノさん我が家のピアノ高く買ってちょうだい〜

冗談ですよ〜

 

 

 

('_')

 

 

 

 



ドレミの日です

 

ドレミの日です

 

 

今日は「ドレミの日」の様です

 

1024年のこの日、イタリアの僧侶ギドー・ダレッツオがドレミの音階を定めた。

この日に開かれる「洗礼者ヨハネの祭」の日の為に、ギドーが合唱隊に「聖ヨハネ賛歌」を指導し、その曲の各小節の最初の音がドレミの音階ができる元になった

(今日は何の日〜毎日が記念日〜より)

 

ザ・サークルが演奏するドレミの歌です

 

 

「よんどフェス」とは第四土曜日に行われるフェスティバルの事の様です

四を「よん」と読むか「し」と読むかでだいぶ意味が変わってきます

最近「し」という字に拘っています

私は四男坊です

「四男」も読み方によると「死なん」と読めます

私はまだまだ死にません

「し」という字も色々です

死、四、師、史、氏、子、詞、市、視、詩、志、士、紙、糸・・・・・・・・・

「し」という字をすべて列挙するのは至難の業です

どなたかに指南して頂きたいものです

 

今日はドレミの日です

笑点風にいくと

今日はドレミの日です

そこでド、レ、ミという字を頭につけて何か文章を作ってください

 

例えば

 

ドはドーナツのド

レはレモンのレ

ミはみんなのミ

 

の様にです

風天の四男坊さんが早かったどうぞ〜

 

「ド」は”どうでも良い事を”

「レ」は”レクチャーして”

「ミ」は”皆に顰蹙(ひんしゅく)を買っています”

 

お後がよろしいようです

 

 

 

('_')

 

 

 



ゴスペル風「般若心経」です

 

ゴスペル風「般若心経」です

 

 

この様なアレンジの「般若心経」をまっていました

面白い発想だと想います

 

 

 

('_')

 

 

 

 

 



般若心経です

 

般若心経です

 

 

これは面白いと想います

 

 

般若心経もクラッシックバージョンとかジャズバージョンとかブルーグラスバージョンなど色々なバージョンの音楽で演奏すると面白い気がします

 

 

 

 

('_')

 

 

 



般若心経です

 

般若心経です

 

 

これはまさにお経というより音楽です

般若心経を3回唱えています

3回目の太鼓の音色とリズムが何とも良い響きです

般若心経をこの様にして聞くと抵抗なく覚えられそうな気がします

まずは意味などを考えず無心になって聞くことが暗記するコツの様です

日本人が外国語をなかなか覚えられないのは外国語を日本語に置き換えようとするからの様です

何事も無になる事が秘訣の様です

 

 

('_')

 

 

 



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」