Will The Circle Be Unbrokenです

 

Will The Circle Be Unbrokenです

 

 

日本では「永遠の絆」という題名で歌われている様です

”絆”なかなか良い響きの言葉です

 

 

 

 

感謝 

 

 

 



信州です

 

信州です

 

 

私の故郷は信州は信濃の国です

こんな風景が何となく癒されます

 

 

県歌「信濃の国」です

 

ふるさとは遠きにありて思ふもの

そして悲しくうたふもの

よしや

うらぶれて異土の乞食となるとても

帰るところにあるまじや

 

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 



教訓です

 

教訓です

 

 

加川良「教訓機廚任

 

 

なぎら健壱 教訓兇任

教訓気離▲鵐機璽愁鵐阿任

70年代にはこの様な歌を聴いて笑えるこころの余裕があった良い時代だった様な気がします

何となく何かが変わるのではと錯覚出来た時代だった様な気がします

そして1億総中流と錯覚出来た時代だった様な気がします

すべて錯覚です

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 



ブルーグラスです

 

ブルーグラスです

 

 

日本では馴染みのないジャンルの音楽です

本場のアメリカでもごく一部の限られた層の人達から支持されているジャンルの音楽の様です

日本で例えるなら民謡の様なものでしょうか?

アメリカ人の中でもブルーグラスて芝の名前か?という程度の認知度だった様に記憶しています

私は何故かこのジャンルの音楽と波長が合うのです

 

 

ブルーグラスをインターネットで検索してみました

 

スコットランドなどの移民の伝統音楽が米国南部で発展し、1945年にビル・モンローらによって確立された音楽でフラットマンドリンや五弦バンジョー、フィドル、ウッドベース、ドブロギターなど電気楽器を含まないアコースチックな楽器を使用したものが特徴で、映画「俺たちに明日はない」で流れる「フォギー・マウンテン・ブレイクダウン」が有名の様です

 

ビル・モンロー&ブルーグラスボーイズ

 

 

スーツにテンガロンハット、何とも面白い組み合わせです

日本ではさしずめスーツに麦わら帽子というスタイルで民謡を歌っていると想像するとブルーグラスという音楽が少し理解できるかもしれません

ちなみにテンガロンハットとはカーボーイハットの一種で10ガロンの水が入るという事から付けられたという説があるようですが諸説あるようです

どうでも良いお話でした

 

 

 

 

感謝

 

 

 



生活の柄です

 

生活の柄です

 

 

高田渡さんの生活の柄です

 

タカダワタル的です

 

 

諦めているばっかりではだめじゃないか

 

 

お酒をこよなく愛し晩年は病気をおして最後まで歌い続けておられたようです

お金には無頓着で気に入った仕事しかされなかったようです

そんな生活の柄も良いかな?と思う様になってきました

 

 

 

 

感謝

 

 

 

 



Dueling Banjosです

 

 Duelinng Banjyosです

 

 

Duelingとは決闘という意味の様です

 

 

 

 

 

 

音楽や航空機の操縦、写真などには言葉は必要ない様な気がします

言葉は事実を伝えるには便利ですが真実は伝えにくい様な気がします

お金も問題を先延ばししたり苦しみを和らげたりはしてくれますが根本的な問題解決は出来にくい様な気がします

言葉や文章で表現できる事やお金で買えるもの解決できる事はたいした事はない様な気がしてきました

お金は大切ですが必要以上に無理して稼ぐ必要はない様な気がします

生きていくため、自分がやりたいことをする為に必要なお金以上のお金は無理をして稼ぐ必要ない様な気がします

もっともお金を稼ぐ事が生甲斐の方は別の様な気がします

人間はパンのみにて生くるに非ず

人間は考える足です

足ではなく葦だろという声が聞こえてきます

健康の源は足裏にある様です

 

なんでやねん

 

人生の決闘に負けた負け犬のチキン野郎の戯言です

 

 

 

 

 

感謝

 

 

 



オンリーワンです

 

オンリーワンです

 

 

マイク真木さんはこの一曲がすべてです

そしてこの一曲しか無い事を売りにしているところが素晴しい事です

 

 

さとう宗幸です

この方もこの曲一曲がすべてです

一芸に秀でるもの多芸に秀でるです

 

 

オンリーワン

唯一

一善

一言

最近は最後の一言を考えています

オーマイガットかな?

なんでやねんかな?

やはり”バカだな〜”かな?

私はバカを売りに生きてきました

 

 

 

感謝

 

 

 



Roy Clakです

 

Roy Clakです

 

 

ロイ・クラークさんはカントリーミュウジックのレジェンドと言われた方でギター、バンジョー、フィドルの名手として知られている方の様です

米テレビのバラエティー番組「Hee Haw」でホストを努めていた事で記憶に残っていますが、どこで見たのか、聞いたのかは記憶にありません

ちなみに「Hee Haw」とはロバの鳴き声でバカ笑いという意味の様です

 

 

 

 

Hee Haw 1979

1979年頃は私がアメリカのロスアンゼルスでガーディナーをして生活していた時期で私の人生の絶頂期だった様な気がします

 

 

Hee Haw

 

 

ロイ・クラークさんは昨年2018年11月15日にオクラホマ州の自宅で肺炎による合併症で死去された様で享年85歳だった様ですが、私の心の中では永遠に生き続けている方のお一人です

生きていても死んでいる様な方がおられます

亡くなられてもロイ・クラークさんの様に心の中で生き続けている方もおられます

死んでも何時までも心の中で生き続けている私の両親や長兄の様な人間を目指したい気がします

なんちゃって

らしくないよという声が聞こえてきます

らしくありませんでした

 

今頃気付く様では阿呆やな〜

待機晩成のなもので

それにしても待機する期間が長すぎる様な気もしますが”ま〜いいか”です

 

 

 

 

感謝

 

I'm Roy Clak

 

 Roy Clarke is known as a country music legend who is known as a master of guitar, banjo and fiddle

 I'm still remembering that I tried to host the American television variety program "Hee Haw", but I don't remember where I saw it or I heard it

By the way, "Hee Haw" is like the meaning of an idiot's cry and a foolish laughter

 

 

Hee Haw 1979

I feel like it was the climax of my life around 1979 when I was living gardining in Los Angeles, USA

 

 

 

Hee Haw

 

 

 

Roy Clark seems to have died at the hospital's home in Oklahoma on November 15, 2018 last year because of a complication caused by pneumonia, but he seemed to be 85 years old, but he has been living forever in my heart It is one of

 Some people are alive but dead

 Even if you are dead, some like Lorie Clarke keep living in your heart

I feel like I want to aim for a human being like my parents and eldest brother who are living in my mind forever and forever

 What

 I can hear a voice that is not like

It was not like

 

If you notice it nowadays

In the waiting late

 Even so, I feel like the waiting period is too long, but it's "Good"

 

 

 

 

 Thanks

 

 

 

 

 

 



理想と現実です

 

理想と現実です

 

 

理想です

 

ロスアンゼルスで生活していた時初めて聞いた曲です

飛行機仲間のアメリカ人のガールフレンドがこの曲を聞いて良い曲ね、といった感想を思い出します

歌詞の意味が分かっていたのでしょうか?

音楽って言葉ではないのですね

 

 

現実です

 

 

音楽には講釈は要りませんね

音楽って素晴らしいな〜

 

 

 

感謝

 

Ideal and reality

 

 

 Is ideal

 

 It was the first song I heard when I was living in Los Angeles

I remember the impression that a friend of an American friend of the plane listened to this song and said it was a good song.

 Did you know the meaning of the lyrics?

 Music is not a word

 

 

 

 It is a reality

 

 

 

 Music does not require a lecture

Music is great ~

 

 

 

Thanks

 

 

 

 



カーペンターズの日です

 

カーペンターズの日です

 

 

今日は1969年のこの日カーペンターズがメジャー活動を開始した事を記念してユニバーサルミュージックが制定した「カーペンターズの日」の様です

それにしても毎日”何々の日”とか”何々記念日”などがある様でブログのネタには困りません

 

 

カーペンターズと言えば「トップ・オブ・ザ・ワールド」です

この曲が流行した頃は1970年台で一億総中流と錯覚出来た夢や希望に満ちあふれた古き良き時代だった様に想います

今想うと錯覚でした

昔を懐かしむようになってはお仕舞ですね

平成も今日を含めてあと9日です

はたして「令和」の時代はどんな時代になるのでしょうか?

昭和の1970年台の様な「一億総中流」と錯覚出来る時代になると良い様な気がしますが、現状を見ているとますます格差が広がり貧富の差が大きくなる格差社会になりそうな予感です

まさに昭和は遠くなりにけりです

 

トップ・オブ・ザ・ワールドは「世界の頂点」と訳すようです

セカンド・オブ・ザ・ワールドではだめなのでしょうか?という声が聞こえてきます

ダメなのです

世界の頂点を目指さないとだめなのです

令和の時代は世界とどう付き合っていくかが課題の時代になりそうです

ま〜私にとってはどうでも良い事です

それを言っちゃ〜お仕舞よですね

 

今日は天気予報によると最高気温が27℃位になる様です

まさに初夏の陽気です

今日はどうやって一日を過ごそうかを考えている時が至福の一時です

今日も生かさせて頂き感謝です

本来は何も考えず空気や風の様に一日を過ごすのが一番の幸せの様な気がします

私はまだまだ未熟で人生一生修行です

 

 

 

感謝

 

 



calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」