サンライズ&サンセットです


サンライズ&サンセットです

 

 

 

サンライズです

 

 

今日は試し撮りを兼ねて初日の出を撮影に行ってきました

 

山の稜線から太陽が顔を出しました

今日の安城市の日の出はAM6時59分ですが山の稜線がある為太陽がかをを出したのはAM7時10分頃でした

 

2018_01010050 400.jpg

 

 

2018_01010050 400.jpg

 

 

太陽が昇るにつれ空の色がどんどん変わっていきとても綺麗でした

カメラでは空の美しさが上手く表現できず残念です

 

2018_01010061 400.jpg

 

今日はレンズは70mm〜300mmでフルオートと絞り優先モードで撮影しましたが絞り優先モードは失敗でした

まだまだ試し撮りが必要な様です

 

2018_01010081 400.jpg

 

 

2018_01010089 400.jpg

 

 

サンセットです

 

20180308_1950024.jpg

 

 

20180308_1950023.jpg
 

 

20180307_1949781.jpg
 

 

20081127_441479 400.jpg


 

20081201_443213 400.jpg

 

 

20110814_1994226_t 400.jpg

 

 

20110714_1932845_400.jpg

 

 

20180226_1943455.jpg

 

 

 

 

 

 

合掌

 

 

 

 



雨にも負けず


雨にも負けず

皆に木偶の坊とよばれ 
褒められ「雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫な身体をもち 
慾はなく 決して瞋らず いつも静かに笑っている 
一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ 
あらゆることを自分を勘定に入れずに 
良く見聞きしそして忘れず 野原の松の林の蔭の 小さな萱葺小屋にいて 
東に病気の子供あれば 行って看病してやり 
西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負ひ 
南に死にそうな人あれば 行って恐がらなくてもいいといい 
北に喧嘩や訴訟があれば つまらないからやめろと言い 
日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き 
もせず 
苦にもされず 
そうゆうものに 私はなりたい。」


宮沢賢治の「雨にも負けず」という詩だ、このような詩が好きだという価値観を持った人に過去に何人か出会ってきたことがある.

厳しい競争社会では、このような生き方をしている人は「褒められもせず 苦にもされず」「木偶の坊とよばれ」割の合わない人生を送っている.

世の中の人がすべてこのような考えの人たちになったら世の中は成り立たない、しかしこのような価値観を持った生き方をする人たちの生き方をほんのちょっと「苦にし、褒めてあげる」そんな社会になるといいな〜


 あまくないかい・・・・







 



宇宙エレベーター


宇宙エレベーター




(平成20年11月24日 朝日新聞朝刊 26面科学より転載)



「宇宙エレベーター」技術の進歩で夢物語りではないようです。

「宇宙エレベーター」は赤道上空に静止衛星を打ち上げそこからケーブルを垂らしこのケーブルを伝って宇宙と地球を行き帰する乗り物のようです、

この昇降機は時速が約200km、開業当時の新幹線「こだま」と同じ位の速度で静止衛星まで約7日間かけて到着できるようです。

現在宇宙に行く手段はロケット打ち上げて膨大な費用と燃料を消費して宇宙に行っている、ちなみに国産のH2ロケットで2,5トンの荷物を打ち上げるには250トンの燃料が消費されるようだが「宇宙エレベーター」はロケットを打ち上げて宇宙に行く費用の100分の1のコストで済むようです。

「宇宙エレベーター」を建設するには15年の歳月と1兆円の建設費が必要とのことだ国民一人当たり10000円弱の負担で実現できそうです、

この話が話半分としても2兆円あれば実現が可能な話です。

「宇宙エレベーター」が完成すれば宇宙はより身近な世界になってくる、50年前には海外旅行が夢物語りだったが、50年後には宇宙旅行は現在の海外旅行のように気軽に行けるようになるかもしれない。

われわれ戦後生まれの世代は何もない時代から「南極観測」、「富士山レーダー建設」、「黒四ダム建設」、「東京タワー建設」、「青函トンネル建設」「YS−11」などなど

大型のプロジェクトが次々と行われ「夢と希望」にあふれ、努力すれば報われる良き時代を生きてきたが、最近は何か違うような気がする様に感じます。

最近はインターネットの普及や高学歴で情報過多の頭デッカチのソツの無いお利口さんが多くなり馬鹿な事を考えたりする人間が少なくなってきた様に感じるのはたぶん私だけだと思います、

「知らぬが仏」「とにかくやってみなはれ」のこころだ〜

日本宇宙エレベーター協会ホームページ



面白い看板?


面白い看板?





こういうのも看板と言うのかな?

愛知県の酒造会社の看板のようで、幻の清酒の看板のようです。

「空」と言う文字が私のお気にいりなのでデジカメで撮ってみました。

「色不異空 空不異色 色即是空 空即是色」 

般若心経の中にも「空」と言う文字が何度となく出てくる意味は解らないがなんとなく「空」と言う文字は私の好きな文字です。





「空」について考えるのこころだ〜



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」