競艇ボートです

 

競艇ボートです

 

 

私は競艇はしませんが競艇のボートが走る姿が好きです

碧南市にある油ヶ淵という湖沼で時々競艇の練習をする為時々見に行ききます

ここには日本船舶振興会の日本モーヤーボート選手会の施設があり現役選手の再教育や新人研修などが時々行われます

 

20080513_354625 400.jpg

 

 

20110624_1888617 400.jpg

 

 

20120530_2399377 400.jpg

 

 

20120530_2399298 400.jpg

 

 

20120601_2401826 400.jpg

 

 

20120601_2401304 400.jpg

 

 

20120530_2399477 400.jpg

 

 

20120530_2399265 400.jpg

 

 

20110624_1888625 400.jpg

 

 

20110624_1888619 400.jpg

 

 

20120531_2400620 400.jpg

 

 

20120531_2400071 400.jpg

 

 

20120530_2399289 400.jpg

 

 

20120531_2400661 400.jpg

 

 

20110624_1888618 400.jpg

 

エンジンです

エンジンの調整如何で勝敗を大きく左右するようです

まさに船舶操縦士と整備士の両方の技術を兼ね備えていないとトップ選手にはなれないようです

 

20081021_426235 400.jpg

 

この画像は競艇選手の卵です

素人目にも上記の画像のプロ選手とはちょっと身のこなしが違う事が分かります

ここまで来てもエルミネートされプロの選手になれない人もいるようです

厳しいプロの世界です

 

20170615_2315760 400.jpg

 

 

20170615_2315759 400.jpg

 

この中にプロの選手が1名混じっています

教官の方に教えて頂きました

言われてみるとなるほどです

 

20170615_2315757 400.jpg

 

 

20170614_1785710.jpg

 

 

20170614_1785716.jpg

 

 

20170614_1785744.jpg

 

この方もプロの方の様です

競艇選手の卵とはどこか違います

 

20170614_1785743.jpg

 

私は競艇の事は分かりませんが写真的には水しぶきを沢山上げた迫力ある場面がお気に入りです

多分素人目に迫力ある場面は玄人に言わせると下手というのかもしれません

何事においても派手に見えるのは素人受けはしても結局のところは下手という事なのでしょうか

一度実際に競技している画像を撮影したいのですが素人カメラマンには色々と制約があって無理の様です

競馬の好きな方は馬の走る姿が好きだという方がおられます

何事も好きでなくては長く続づけられませんね

 

 

 

 

('_')

 

 

 



軽飛行機です

 

軽飛行機です

 

軽飛行機の定義をインターネットで検索してみました

以下引用

自家用,スポーツ用などに使われる小型飛行機。

通常は単発のレシプロ機で,エンジンは 100〜300馬力,総重量 700〜1500kgの2〜6人乗り。

類似の用語として軽航空機があるが,この場合は機体全体が空気より軽い航空機の総称で,機体全体が空気より重い重航空機と対照したもの。

一般的に軽飛行機は重航空機のなかで比較的小型の飛行機をいう

(ブリタニカ国際大百科事典より)

 

日本では過去には軽飛行機の事をセスナと呼んでいた時代がありました

 

セスナT206H(JA40KA)です

この機種は最大離陸重量は1633kgでエンジンは水平6気筒ピストンエンジンで300馬力、そして乗員乗客は6名で軽飛行機の典型的な機種の様です

 

 

2018_01180027 400.jpg

 

セスナ172Gラム(JA3260)

セスナ172シリーズは4万5千機以上生産されている世界でも有史に残る超ベストセラー機の様です

 

20111230_2210473 400.jpg

 

PA-28-140 チェロッキー

N3451Q

 

20110725_1952681 400.jpg

 

低翼機の代表格です

日本では一時期セスナの様な高翼機が好まれていましたが米国では低翼機が主流の様でした

高翼機が良いか低翼機が良いかは意見の分かれるところです

日本では航空写真などを撮影するために下方視界が良い高翼機が好まれていたのかもしれません

 

20110725_1952677 400.jpg

 

PA-28-140チェロッキー

 

 

セスナ206

JA206H

 

20130308_316607 400.jpg

 

複葉機です

WACOクラッシックYHFワコーF5C

JA55BR

高翼と低翼の両方を兼ね備えています

飛行機の創世期は複葉機が主流でしたが最近はほとんど見かけません

 

20100927_663082 400.jpg

 

ピッツS-2B

JA11KT

A類でアクロバット飛行専用機です

 

20161204_2171531 400.jpg

 

エクストラEA300/S

JA11DB

こちらもA類のドイツ製のアクロバット専用機の様です

 

20170720_1805023.jpg

 

ソカタTB10ドバゴ(仏)

JA10GT

日本では珍しいフランス製の軽飛行機です

 

20151024_1809542 400.jpg

 

ソカタTB10 ドバゴ

JA4100

 

20150824_1741428 400.jpg

 

ソカタTB21

JA4022

 

 

シーラスSR20 

JA102H

 

20150829_1746640 400.jpg

 

シーラスSR22

JA01YK

シーラスSR22は航空大学校の訓練機に採用された機種の様で2013年から3年連続小型機販売機数世界第一位を獲得した新世代のベストセラー機の様です

日本では小型機はセスナと言われた時代も今は昔のお話になりそうです

 

 

PA-28-151

JA3742

 

20150824_1741435 400.jpg

 

ビーチA36TCボナンザ

JA3999

 

20151026_1811063 400.jpg

 

ビーチA36ボナンザ

JA4158

 

20150824_1741453 400.jpg

 

富士エアロスバル FA-200です

 

20151024_1809505 400.jpg

 

セスナ172P

JA3986

 

20150824_1741426 400.jpg

 

パイパーPA-46-310P マリブ

JA4030

 

20151024_1809541 400.jpg

 

軽飛行機の定義から少しはみ出している様な機種です

調布飛行場での墜落事故が記憶に新しいです

事故原因はいまだに公表されていない様です

航空機事故の多くは離陸時と着陸時に集中している様です

また事故原因のほとんどはヒューマンエラーによる様です

航空機の進歩の速さに人間がついていけないのでしょうか?

 

20160218_1530670.jpg

 

セスナ172P

JA172P

 

20150823_1740438 400.jpg

 

ムーニ―20

JA4070

 

20160327_1954726 400.jpg

 

日本で軽飛行機と言えばセスナでした

ホンダ航空

セスナ172P(JA34MA)

 

 

セスナ172P(JA72HU)

 

 

セスナT206H(JA626J)

 

 

こんな場面にも遭遇しました

右側が私です

 

20110729_1959210_t 400.jpg

 

一昔前はヘリコプーの練習をするところが無くまた訓練費が高かった事と操縦技術が難しかったという理由で、まず軽飛行機で基本操縦を習得してからヘリコプターの操縦練習をしていましたが、最近はロビンソンヘリの出現でヘリの操縦士の多くは飛行機の操縦訓練をしなくても直接ヘリの操縦訓練ができるようです

 

 

 

 

 

('_')

 

 

 

 

 



スナップ写真です

 

スナップ写真です

 

 

スナップ写真はその場所に行った人にしかその良さが分かりません

スナップ写真に限らず趣味の世界はほとんどが自己満足の世界の様な気がします

自分が満足すればそれで十分ですね

 

2012年に奥様と娘がイタリア旅行をした時のスナップ写真です

 

20120912_2521906 400.jpg

 

 

20120912_2521909 400.jpg

 

 

20120912_2522329 400.jpg

 

2015年に奥様と奥様の義姉とがスペイン旅行をした時の写真です

奥様はスペインがお気に入りの様です

 

20151012_1795162 400.jpg

 

 

20151012_1795159 400.jpg

 

ムーチョグランデです

 

20151012_1795158 400.jpg

 

娘が仕事でヨルダンに行った時の写真です

中東の国は日本には馴染みが薄い様な気がします

 

20161011_1658308.jpg

 

 

20161011_1658316.jpg

 

 

20161011_1658314.jpg

 

私が40年程前にアメリカで生活していた時に撮影した写真です

当時はフイルム写真でした

 

20111221_2199305 400.jpg

 

アメリカの原住民の居住区の様です

 

20111214_2190285 400.jpg

 

スケールの大きさに驚きました

まさにカルチャーショックです

 

20111214_2190284 400.jpg

 

私はやはり緑の多い日本のこの様な風景がお気に入りです

愛知県の奥三河地方の風景です

 

20151028_1813620 400.jpg

 

信州に旅をした時に撮影です

山国育ちの私にはこの様な風景が落ち着きます

 

20120702_2436895 400.jpg

 

棚田です

 

20120702_2436894 400.jpg

 

この様な環境で一生涯生活されている方がうらやましいです

この旅で出会った年配のおばあさんに”素晴らしい環境で生活できて良いですね”と話しかけた折”冬はさ寒いよ〜、私はここでの生活しか知らないけど”と言っておられた言葉が印象的です

便利な都会の生活を経験した人間にはとても住めるところではない厳しい環境の様です

中途半端に色々な事を知るよりは何も知らない方がある意味幸せかもしれません

ここでお逢いしたおばあさんの穏やかなお顔の表情を見てそう感じました

人の幸せは「千差万別」、「十人十色」でまさに「知らぬが仏」の世界です

 

知之為知之、 不知為不知。 是知也

 

これを知るをこれを知るとなし

知らざるを知らざるとなす

これ知るなり

 

自分の知っていることは何か、知らない事は何か、その区別をはっきりさせることが、「知る」という事なのである

(「論語」一日一言より)

 

この言葉は私の名前(知也)の由来の様です

此の世で知っていることはほんのわずかです

一番知らないのは自分自身の様な気がします

他人の事はよく見え分かりますがいざ自分の事になると全く分かりません

最近自分自身と向き合う時間が多くなってきました

 

 

 

('_')

 

 

 

 



名古屋飛行場 2018,01,18

 

名古屋飛行場

2018,01,18

 

 

昨日の名古屋飛行場は特に珍しい航空機が飛ぶわけでもないのに何故か多くの航空機ファンが詰めかけていました

 

2018_01180132 400.jpg

 

F-2Bです

#111のぞろ目です

東日本大震災で被災した機体の改修機の様です

ヘルメットが白ではありません自衛隊のパイロットが操縦している様です

 

2018_01180244 400.jpg

 

 

2018_01180262 400.jpg

 

 

2018_01180257 400.jpg

 

F-15戦闘機です

白いヘルメットをかぶっているのは三菱のテストパイロットの様ですが元は自衛隊のパイロットだったのです

 

2018_01180092 400.jpg

 

 

2018_01180179 400.jpg

 

 

2018_01180180 400.jpg

 

F-4です

 

2018_01180126 400.jpg

 

 

2018_01180313 400.jpg

 

 

2018_01180320 400.jpg

 

U-125です

 

2018_01180324 400.jpg

 

KC-767です

 

2018_01180199 400.jpg

 

C-130です

今日は何回もタッチアンドゴーの訓練をしていました

 

2018_01180280 400.jpg

 

 

2018_01180278 400.jpg

 

T-4です

浜松基地の所属機の様です

タッチアンドゴーです

 

2018_01180232 400.jpg

 

FDAです

10号機 シルバーです

3月に導入される機体の色が楽しみです

私は白に赤のFDAロゴのデザインがお気に入りですが過去すべて予想、願望が外れています

今回も多分予想、願望は叶わない事でしょう

 

2018_01180155 400.jpg

 

 

2018_01180158 400.jpg

 

東海テレビ

ユーロコプターAS365N2(JA21DH)

更新の時は機体のデザインを写真写りの良いスマートなデザインにしてほしい気がします

 

2018_01180223 400.jpg

 

大分県防災ヘリ

川崎BK117C-2

 

2018_01180061 400.jpg

 

セントラル ヘリコプター サービス

川崎BK117C-1(JA9979)

現在はC-2が主流でC-1は貴重な存在です

 

2018_01180194 400.jpg

 

機体右側の白い物体は何でしょうか?

何かの計測機器なのでしょうか?

 

2018_01180192 400.jpg

 

大阪府警のベ206−L4(JA6956)

ベル206というと古いというイメージですがこの機体は2012年に新規登録という事で意外と新しい機体の様です

 

2018_01180007 400.jpg

 

新日本ヘリコプター

AS332−L1(JA6720)

 

2018_01180048 400.jpg

 

新日本ヘリコプター

ベル206L-3(JA9846)

1989年に新規登録された機体で29年経過しています

 

2018_01180207 400.jpg

 

共立航空撮影

セスナT206H(JA40KA)

 

2018_01180027 400.jpg

 

DAS

MU-300(JA30DA)

 

2018_01180121 400.jpg

 

 

2018_01180201 400.jpg

 

この日は戦闘機から小型機まで数十種類の航空機を撮影することが出来ました

この他にも中日新聞の川崎BK117 C-2やメ〜テレのベル430、NHKのAS365、中日本航空のドクターヘリ、愛知県警のベル412や陸自のUH-1などを撮影する事が出来初撮りは大成功でした

ドアップ、怒涛のアップでアップ アップです

今年も楽しい1年になりそうな予感です

 

 

 

('_')

 

 

 



初撮りです

 

初撮りです

 

 

今日は名古屋空港で2018年の航空機の初撮りです

 

まずは新日本ヘリコプターのピューマです

 

アエロスパシアルAS332-L1(JA6720)

 

2018_01180039 400.jpg

 

 

2018_01180009 400.jpg

 

ピューマのメインローターブレードの位置が初めてこの位置で撮影できました

連写の成果です

私はメインローターブレードの停止位置に拘ります

特にピューマに関しては拘ります

 

2018_01180051 400.jpg

 

 

2018_01180019 400.jpg

 

次は大分県防災ヘリです

川崎BK117C-2(JA104W) ”とよかぜ”

 

2018_01180062 400.jpg

 

給水用のホースが下げての着陸です

初めて見る光景です

 

2018_01180059 400.jpg

 

 

2018_01180063 400.jpg

 

 

2018_01180069 400.jpg

 

その2に続づきます

 

 

('_')

 

 

 



白い雀です

 

白い雀です

 

 

雀は余りのも身近な鳥ですが近くでじっくりと見た事はあまりありません

 

20140309_1021349 400.jpg

 

20014年にいつもの公園に白いスズメがやってきて話題になりました

この雀自分ではこの様な姿だと理解しているのでしょうか?

人間もそうですが自分の目で自分の姿を見た事が無いので多分、分からないのではないでしょうか?

人間の場合は鏡とか写真などが有るので、ある程度は自分の姿を知る事ができますがスズメはどうなのでしょうか

どこの世界でも、他人の事は良く見えますが自分の事となると全く分かりません

 

20140604_1167901 400.jpg

 

白いスズメとのバトルです

白いスズメ:私の姿が白いと言ってバカにするんじゃないよ〜

普通の雀:べ、べつに馬鹿になどは〜・・・・・

 

20140606_1171554 400.jpg

 

この様な画像にコメントを入れるとそのように見えてくるのがおかしいです

 

20140606_1171555 400.jpg

 

 

20140606_1171768 400.jpg

 

白いスズメと普通のスズメの会話です

白いスズメ:ね〜ちょっと聞きたいんだけど私って変?

普通の雀:ちょっと皆とは違う様に見えなくもないよな〜

 

20140605_1168851 400.jpg

 

 

20140610_1176302 400.jpg

 

同じ色の雀同士も縄張り争いです

別に白いスズメだけがいじめられているわけでもなさそうです

 

20150318_1549114 400.jpg

 

 

20140610_1176301 400.jpg

 

 

20140618_1188705.jpg

 

以上の画像はコンデジで撮影です

コンデジの最大の弱点はシャッターラグですがその弱点がかえって面白い画像になりました

以上の画像はすべて1枚撮りです

 

ニューナイスズメ

 

20150511_1620147 400.jpg

 

ニューナイスズメとスズメです

並べて見ると違いがよくわかります

 

20150511_1620138 400.jpg

 

この他にも「舌切り雀」や「雀の学校」などというスズメはいません

この白いスズメは今はどうしているのでしょうか

個性が強すぎるのも考え物です

 

 

 

 

 

('_')

 

 

 

 

 



開運色です

 

開運色です

 

 

今年の私の開運色は「桃色」です

硬派の私にピンクは”らしくない”という声が聞こえてきます

私もそう思います

「くうふうき」に掲載した画像を転載です

 

20150712_1694053 400.jpg

 

 

20150514_1623894 400.jpg

 

 

20150106_1462816 400.jpg

 

 

20150514_1623896 400.jpg

 

 

20150607_1653762 400.jpg

 

 

20150517_1627468 400.jpg

 

 

20150112_1469044 400.jpg

 

 

20141011_1349932 400.jpg

 

 

20151008_1791041 400.jpg

 

 

20151004_1787357 400.jpg

 

 

20140706_1215392 400.jpg

 

 

20150427_1602042 400.jpg

 

 

20150329_1562429 400.jpg

 

 

20150415_1583796 400.jpg

 

「防災とボランティアの日」です

 

1995年1月17日午前5時46分、淡路島北端を震源とする兵庫県南部地震が発生した。

阪神・淡路大震災では、政府や行政の対応の遅れが批判された一方で、学生を中心としたボランティア活動が活発化し、「日本のボランティア元年」と言われた。

これをきっかけに、ボランティア活動への認識を深め、災害への備えの充実強化を図る目的で、1995年12月の閣議で制定が決定され、翌1996年から実施された。

(今日は何の日〜毎日が記念日よりコピペ)

 

阪神・淡路大震災から23年が経過しました

阪神・淡路大震災が起きた平成7年という年は私にとっても交通事故で入院したり、会社を退社したりで忘れる事ができない大きな人生の節目の年でした

またこのあたりから私の人生も日本という国も大きく変化して来た様な気がします

そして私の今年の開運色のピンク色とは縁遠い「阪神・淡路大震災」以上の大きな変化が起きそうな予感です

何も起こらない事を只願うばかりです

ま〜私は失うものは命だけなので何が起きても驚かないのが唯一の強みです

そして明日は私の71年目の誕生日です

こんなに長く生かさせて頂けるとは思いませんでした

只々感謝です

今私にできる事は人様の手を煩わせず健康で元気に生きる事だけです

これが私が出来る社会に対する唯一のボランティア活動です

ちなみにボランティアとは「志願者」とか「有志者」という意味の言葉で誰もが、自分でできる事を自分の意志で周囲と協力しながら無償で行う活動の事をいう様です

最近私の周囲でもボランティア活動をされている方を良く見かけますが「違うだろ〜」という方々も良く見かけます

ボランティアとは「無償の愛」、「自己満足」の世界の様な気がします

ボランティア活動も一歩間違えると大きなお世話です

 

”心に愛が無ければどんなに美しい言葉も相手の胸に響かない”

聖パウロの言葉より

 

 

私はカトリック教徒ではありません

無神教徒です

強いて言うなら”風天の寅さん教徒”です

 

 

 

 

('_')

 

 

 

 

 



鳥と魚です

 

鳥と魚です

 

 

昨日は午前中は何時の公園で鳥に遊んでもらいました

午後からは奥様と今年の元旦にリニューアルオープンした蒲郡市にある竹島水族館に行ってきました

 

午前中はいつもの公園の鳥の撮影です

 

ダイサギとコサギのツーショットです

ありそうでなかなか見る事の出来ないショットではないかと勝手に想っています

 

2018_01150004 400.jpg

 

飛翔です

 

2018_01110003 400.jpg

 

メジロとセンリョーか?マンリョーか?ナンテンか?です

答えが分かった方は何点か?

なんちゃって

ここは笑って頂く場面です

 

2018_01150030 400.jpg

 

竹島水族館です

テレビで何度も紹介されたせいでしょうか平日にも関わらず多くの方々が訪れていました

外部は外壁の塗装などがされて改装した事は分かりますが内部はほとんど以前訪れた時と変わっていない様に感じました

 

竹島水族館にしかいない珍しい魚の様です

名前は忘れてしまいました

 

2018_01150110 400.jpg

 

 

2018_01150054 400.jpg

 

若い女性が水玉模様が可愛いと言ってスマホで一生懸命撮影していました

私も一緒になって撮影してみました

スマホで撮影していた女性の方が上手く撮影出来ていました

女性の感性の良さには敵いません

 

2018_01150132 400.jpg

 

水の色は青色か白が一般的です

緑色は新鮮です

 

2018_01150096 400.jpg

 

 

2018_01150137 400.jpg

 

 

2018_01150136 400.jpg

 

 

2018_01150080 400.jpg

 

改装前に比べると館内が明るくなった様な感じがしましたが、その分写真撮影にはライトが水槽のガラスに反射して上手く撮影出来なくなってしまいました

写真撮影をする人に配慮するより実際に目で見る人を優先するのは当然の事で致し方ありませんね

カメラの試し撮りも一段落です

やはり道具です

フルオートでAFでシャッターを押せば構図は兎も角としてまずは露出やピントなどによる失敗作はありません

まさにスマホ感覚で撮影できます

ある方が言っておられました

この初級入門機(ニコンD3400)は数年前の中級機に匹敵する性能で中級機が売れなくなるのは当たり前だと言っておられた事が実感できます

デジイチのニコンD100 、D80 と数十年前の銀塩カメラと比べたのと同じぐらいかそれ以上の違いの様な感じがします

最初から高性能のカメラをお持ちのエリートの方には分からない感覚だと想います

序の口からスタートするか?、幕下付け出しでスタートするか?キャリアでスタートするか?ノンキャリアでスタートするかの違いです

出来る事なら下積み生活をしなくて、そつなく楽して生きたいものです

何が良いのかその答えはもうじき出そうです

 

 

 

 

 

 

('_')

 

 

 

 



サンコーチョーです

 

サンコーチョーです

 

 

繁殖期にはオスは長い尾で雌の関心を引くようです

撮影するのが非常に難しい鳥の様です

 

20150528_1641773 400.jpg

 

 

20150528_1641775 400.jpg

 

 

20150528_1641774 400.jpg

 

 

20150526_1638640 400.jpg

 

 

20150528_1641777 400.jpg

 

 

20150526_1638637 400.jpg

 

 

20150516_1626434 400.jpg

 

 

20150526_1638638 400.jpg

 

 

20150526_1638639 400.jpg

 

 

20150524_1635870 400.jpg

 

以上の画像は2015年5月に愛知県の幸田町の山中で撮影です

営巣中の画像の扱には気を使わないと一部の鳥愛好家との間でトラブルの元になるようです

一部のエンスーの鳥愛好家の方の言われているご意見もまさにド正論です

素人目からすればこんな人目に付くところに巣を造るサンコーチョー方が悪いという意見もまたド正論だと想います

世の中の多くのトラブルはどちらも正論を述べているお話の様です

「北の御坊ちゃま君」や「お米を主食としない国なのに米国というお国の大統領」や「裸の王様集団」の様に誰が見てもおかしいというお話は分かり易くで良いですね

世の中の多くの出来事は「作用反作用の法則」、「薬の副作用」同様に良い事には必ずトルクが発生し、副作用が伴うのです

小学生でも理解できるお話です

私にはなかなかその事に気づきませんでした

最近やっとある出来事を契機にこのことの本当の意味に気づきました

頭では理解できてもなかなか本当の事は分からないのが人間の弱さです

そして簡単な事で、分かっていてもなかなか出来ない事の難しさを感じる今日この頃です

分かっちゃいるけど・・・・です

少々気付きのが遅いようです

ま〜”気づかないよりましか”ですね

カバは死ぬまでカバを通さなくてはいけません

逆立ちしたら・・・・・・

こんな冗談が言える今の環境に感謝です

”ありがとう”と”ごめんなさい”を何も言わずに相手に分かってもれえ伝える事ができる様になれば「人間の完成」の様です

私はまだまだできません

まだまだ未熟です

人生一生修行です

 

 

 

 

('_')

 

 

 



帆船です

 

帆船です

 

 

練習船「海王丸」、「日本丸」です

2007年に名古屋港開港100周年記念で日本丸と海王丸の2隻が同時に名古屋港ガーデンふ頭に来航です

この時が帆船を始めて見た時です

 

 

 

20071110_229162 400.jpg

 

 

20131109_818213 400.jpg

 

 

20131109_818033 400.jpg

 

平成19年10月20日〜24日まで衣浦向中央ふ頭西地区にも来航しました

この時は停泊場所が家から近くだったので何度も見に行った記憶があります

 

20141109_1389396 400.jpg

 

 

20071020_213247 400.jpg

 

 

20131109_818032 400.jpg

 

 

20131031_799640 400.jpg

 

 

 

 

20071021_214184 400.jpg

 

 

20071022_215123.jpg

 

 

20071020_213246 400.jpg

 

 

20071021_214159.jpg

 

私は山国育ちの為あまり船には馴染みがく特に帆船は初めてまじかで見て感動した記憶があります

 

 

 

('_')

 

 

 

 



calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」